韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」ネタバレ、あらすじ、感想、レビュー

公開日: : 最終更新日:2017/05/04 韓国ドラマあらすじ&レビュー

AD

なぜコーヒープリンスはこれほどK-ドラマに多くの新しいファンを引き込む役割を果たしているのでしょうか?

「コーヒープリンス1号店」

この17話による2007年からのシリーズは似たものがなく、非の打ちどころがありません。

典型的でもありません。キャラクター主導のプロットと自然主義的なスタイルは、そのほか多くのK-ドラマとは大別されます。

しかし、作品にはゆったりと落ち着いた魅力が非常にたくさんあるため、韓国テレビ番組の海外ファンにとって試金石となっています。

コーヒープリンス1号店 スペシャルプライスDVD-BOX

プロットはばかげているように思えます。

若い女性コ・ウンチャンは仕事を得るため、尊大な上司チェ・ハンギョルと男性として偽の恋に落ちる契約に、彼女の中性的な外見を利用します。

プロットには、シェークスピアのジェンダー・ベンダー・コメディ、ジェーン・オースティンの高慢と偏見、日本の少年愛(「ボーイズラブ」といわれる漫画や、女性読者向けに書かれた同性愛を題材とする物語)がブレンドされています。

その結果、ペーソスにそれることなく、甘く、時には魅力的でありきたりのロマンスとなりました。

「コーヒープリンス1号店」

K-ドラマの新しい視聴者にとって、コーヒープリンスは時折思いがけない驚きとなります。

番組はK-ドラマの法則に従っています:主役はある瞬間ではドタバタ喜劇を演じ、次の瞬間では感動的な心理的重大局面が訪れます。

番組の製品価値は、アメリカのテレビに慣れている視聴者にとっては物足りないかもしれません。

2007年以降、K-ドラマの製品価値は劇的によくなりましたが、コーヒープリンスはそれ以前の時代に属しています。

背後の通りの雑音が聞こえてくるし、いくつかの場面ではあまり上手ではない照明デザインのために暗がりで何かが起こるのを聞くことになります。

「コーヒープリンス1号店」

しかし、番組はK-ドラマのいくつかの典型的な強さを明らかにします。

第一に、それはロマンス(過去20年間に西欧では次第に無視されたてきたジャンル)であることす。

第2に、17時間の長さおよび強い中心的パフォーマンスで、K-ドラマが登場人物によって動かされる物語のためのすばらしい構造であることが示されます。

最後に、この創造的なラブストーリーは番組の、一見不可能な前提にもかかわらず、素晴らしい芸術品のような独自の立場をとっています。私たちの理性は、私たちにそのプロットが働くべきでないと伝えます。

シェークスピアは、類似した服装倒錯の物語を作りましたか?例えばオリヴィアは、オーシーノ公爵に恋をする間、変装して十二夜を過ごしますか?しかし現代のより流動性な性別役割においては、このような物語は見当違いとされるべきです。

番組が作動するという事実は、不可能な前提にもかかわらず、意外な新事実です。前提となる仕事だけでなく、時代錯誤ではなく、21世紀に関連しているようにに感じます。

コーヒー・プリンスの一風変わった変わったプロットラインは、2005年の「私の名前はキ・サムスン」同様に愛され、多くの韓国人以外の人をK-ドラマのファン層に転向させました。

「キム・サムスン」は比較的良くあげられていますが、好感のもてるヒロインと魅力的な相手の男性のおかげで、そのプロットは今日非常になじみ深く感じられています。コーヒー・プリンスは、一方ではユニークであり続けます。

「コーヒープリンス1号店」

ジェンダー・ベンダーは、誰かをあざけることなく、また男性・女性がどのように行動すべきかを仮定しないので、大きな役割を果たします。

そのスクリプトは、男性および女性の登場人物が広範囲にわたる人間の感情および振る舞いを示すことを可能にし、それが「適切なジェンダー」を演じる努力を必要とする場合があると認めています。

ウンチャンの誤った身元(男であるということ)は、当初、計画的詐欺からではなく他人からの誤認によって生じます。

スクリプトで最も面白いもののうちのひとつは、ウンチャンの上司チェ・ハンギョルは彼女を若い男性とすぐにとらえていると同時に、彼の従兄のチェ・ハンソンは彼女をキュートで活発な若い女性として知覚するということです。

「コーヒープリンス1号店」

ハンソンは、ハンギョルが彼女が女性であることを知らないということが信じられないのです。

「君は、あえて彼が君を男だと信じているふりをしているのじゃないと確信しているのか?」と、ハンソンはウンチャンにたずねます。

男の子のような服装に身を包んだ誰かが男に違いないことがハンギョルにとって明白なように、彼女が女性であることはハンソンにとっては明白なのです。仮定を作る危険性は、コーヒー・プリンスは変装についてそれほど大きな意味を持ちません。

コーヒー・プリンスではウンチャンの「変装」を越えた他の方向で仮定を表現します。ハンギョルの家族の女性達は、伝統的な女性的な美徳を体現する彼の優しく思いやりのある母親から、鋼の意思を持ったCEOの祖母にまでわたります。

AD

K-ドラマでは常に、男性の登場人物は最もきれいで、最も女性的な「イケメン(花少年)」顔などの面を含んで表現されます。そしてアメリカのドラマでは男性にも女性にもめったに見られない脆弱性を示し、男性も時々泣きます。

「コーヒープリンス1号店」

コーヒー・プリンスは、ジェンダー・ベンダーの前提が背景に遠のいていくような個性の強い人物を登場させることによって、別のオッドトリックを行います

ユン・ウネはヒロインのコ・ウンチャンとして特に素晴らしいです。仕事からはなれている時の彼女はキュートで女性らしいのですが、ダブダブで男性的な服を着ると、チェ・ハンギョルが彼女をやせっぽちの若いゲイと簡単に信じてしまうのも無理はありません。

そしてシリーズ後半にとてもたくさんの問題を引き起こす、彼女の痛々しい危なっかしさにもかかわらず、彼女は間抜けさと熱意が混じり合い好感が持たれるのです。

次に、チェ・ハンギョルはオースティンの(高慢と偏見の)Mr.ダーシーの韓国人版といえます。

彼はプライドが高く、いつも横柄ですが、物事が思い通りに進まないときに、自分自身を再評価するのに十分な頭脳を持っています。

コン・ユは彼を完璧に演じています。

「コーヒープリンス1号店」

エピソードの冒頭、彼がめかしこんでポーズを決めるところは滑稽ともいえますが、シリーズが進むにつれて本当の感情的な深さを明らかにします。

他の登場人物の中では、音楽プロデューサー、チェ・ハンソン役の俳優イ・ソンギュンが際立ちます。

(最新情報:イ・ソンギュンは、国際的な映画祭に出品される優れた映画「最後まで行く(A Hard Day)」で、2015年の主要な賞、ペクサン・最優秀男優賞を勝ち取りました。)彼はその抗しがたい声と控えめなカリスマ性によって、コン・ユ演じる短気なハンギョルを見事に引き立たせます。

チェ・ジョンアンも、第2の主演女優として記憶に残すべきです。

コミットメントの問題で、彼女は厄介ですが信用はできます。

そしてコーヒー・プリンスは有名な助演者、CEOの祖母役で特にユビキタスなキム・ヨンオクを出演させました。

「コーヒープリンス1号店」

コーヒー・プリンスは完璧ではありません。

気まぐれなユーモアセンスは誰にでもアピールするわけではありません。

生活の断片を映したスタイルとテンポはとりとめがないと感じるかもしれません。

そして自分の友人の一人?誰が、ということではありませんが、注意されるべきで、ジェーン・オースティンのファンでしょうか?

カップルとしてうまくいくには主役たちの口論が多すぎるように思えます。

しかし、気まぐれと、完璧に選ばれた、インディーズヴォーカルとギターによって暑い夏の日の感覚を表現しているバックグラウンドミュージックは、コーヒー・プリンスのトレードマークです。

「コーヒープリンス1号店」

そして穏やかなテンポは、時々、私たちが登場人物の世界に完全に沈み込むのを許す力を果たします。

口論が多いというのは真実です。

登場人物たちは多くの言い争いで、若く、恋をしていることに伴う感情の激しさを鮮明に表しています。

私たちはこの混乱した関係が長期間続くかどうか、果てしなく議論することが出来るのではないかと思います。

しかし、それは信じられる関係です。

特に、韓国社会においては一般的には同性愛を不審に思うところがあるのですが、コーヒープリンスは主人公が彼のセクシュアリティを問うことで論理的な結論に、そのクレイジーな前提を利用しています。

いくつかのエピソードは、東アジアで最も人気のある禁断の同性愛のロマンス(どこにでもいるファン・フィクション作家の間で)のひとつ、ボーイズラブ漫画のように演じられます。

「コーヒープリンス1号店」

ボーイズラブのファンは、この番組がそのような物語を笑いものにすると心配するかもしれません。

しかし、第2幕での登場人物の性的感情の始まりには、卓越したボーイズラブ漫画の優しさと不安(罪悪感)がすべてあります。

ボーイズラブは普通ではないロマンスのサブジャンルで、どんな社会においても尊敬されるものではありません。

そしてそれはコーヒー・プリンスがパロディのヒントなしで、物語の要素を誠実に伝えることをいっそう顕著にします。

そして物語がついに異性間のラブストーリーにシフトする時にも独創的な感覚を失いません。

コーヒー・プリンスを最終的にとても新鮮にしているものは登場人物です。

彼らが恋に落ちるという交渉は、彼らがそうであるように独自で特異です。

番組は、異性間であろうとなかろうと、ロマンスの本質について特定の命題を売り出そうとはしていません。

ここではロマンスは、喜びに満ち、耐えがたく、美しく、悲痛です。そしてそれはウンチャンとハンギョルに特有です。

幸運にも、それが私たちが見たくなる要因なのでしょうか?

コーヒープリンス1号店 スペシャルプライスDVD-BOX

AD

関連記事

signal1

韓国ドラマ「シグナル」あらすじの一部(ネタバレ)と感想レビュー

韓国ドラマ「シグナル」のあらすじの一部と韓国での感想・レビューです。 "Signal" シ

記事を読む

the-girl-who-sees-smells_1560x872_

韓国ドラマ「匂いを見る少女」シン・セギョンのファッション

現在韓国のSBSで放送されているテレビドラマ、”The Girl Who Sees Smells”で

記事を読む

cheesin

韓国ドラマ「チーズインザトラップ」感想、評価、レビュー、ネタバレ

私はチーズインザトラップ(2016)を全体としては楽しみましたが、ドラマの半分を過ぎた所からの話の発

記事を読む

太陽の末裔1

韓国ドラマ「太陽の末裔」第1話のあらすじの一部(ネタバレ)と感想・レビュー

韓国と中国で大ヒットとなっているドラマ「太陽の末裔」の第1話の韓国での感想、レビューです。 "De

記事を読む

07

韓国ドラマ「製パン王キムタック」ネタバレ、あらすじ、感想、レビュー

「製パン王キムタック」は、韓国メロドラマ史に残る驚異的な記録を打ち出したドラマですが、実は見るのを後

記事を読む

25

韓国ドラマ「負けたくない」あらすじ、レビュー、ネタバレ、感想

韓国ドラマ「負けたくない!」(Can’t Lose, 2011)は、結婚は永遠に続くロマンティックな

記事を読む

shinee

韓国ドラマ「初めてだから」ネタバレ、あらすじ、感想、レビュー

ショートドラマ好きの私は、「初めてだから」(2015)というドラマが大のお気に入りです。 ht

記事を読む

95222237_feded113ee_z

韓国ドラマ「帰ってきておじさん(プリーズカムバックミスター)」第1話のあらすじ一部(ネタバレ)

韓国ドラマ「帰ってきておじさん」のあらすじの一部と感想、レビューです。日本では6月から放送予定となっ

記事を読む

4ef15b22

韓国ドラマ「エンジェルアイズ」あらすじ、レビュー、感想、ネタバレ

エンジェルアイズ(2014年)は、韓国のメロドラマで、病みつきになってしまいます。 https

記事を読む

akido_l2

韓国ドラマ「秋の童話」あらすじ、評価、レビュー、ネタバレ

オータム・イン・マイ・ハート~秋の童話~(2000)は、私が初めて観た韓流ドラマのひとつで、このドラ

記事を読む

PAGE TOP ↑