韓国ドラマ「負けたくない」あらすじ、レビュー、ネタバレ、感想

公開日: : 最終更新日:2017/05/05 韓国ドラマあらすじ&レビュー

AD

韓国ドラマ「負けたくない!」(Can’t Lose, 2011)は、結婚は永遠に続くロマンティックなハネムーンではなく戦場のようだという驚きの事実(離婚弁護士にとっては驚くほどのことでもないと思いますが)に、結婚後に気づく二人の離婚弁護士をテーマにしています。

「負けたくない」

机上でならば、これはロマンティック・コメディの素晴らしいアイデアのように思えたことでしょう。

主演を務めるチェ・ジウ(「冬のソナタ」「怪しい家政婦」)とユン・サンヒョン(「シークレット・ガーデン」「君の声が聞こえる」「お嬢さまをお願い!」)は私の大好きな俳優ですし、このドラマでも素晴らしい仕事をしています。

問題があるとすれば脚本です。

長々と描かれる夫婦げんかに視聴者の多くはうんざりしてしまうのではないでしょうか。

結婚とは何かを問うドラマは素晴らしいアイデアだと思います。

負けたくない ! 〈完全版〉DVD-SET1

脚本が楽しくて前向きなものであれば、良い結婚とは何かを視聴者に伝えることができたでしょう。

実際には、18時間にわたるドラマの大半で結婚はトラブル続き、主役の二人はケンカばかりしていて互いに離婚を考えさえします。

私が読んだ視聴者のコメントから判断するに、このドラマを見始めてすぐに大半の視聴者は絶え間ない口げんかにいらいらさせられています。

主役の二人はケンカをしていない時は官能的なケミストリーにあふれていますが、全体的にはやりすぎな感じがします。

もし現実世界であなたが、結婚が破綻しかけているカップルのそばにいたら、重苦しい空気に耐えられずに逃げ出したくなってしまうかもしれません。

それは仕方のないことです。

このドラマでは、視聴者は18時間もの間、夫婦げんかに付き合わなければなりません。

私がそうしたのは、主演俳優二人のファンで、彼らが時間と労力の多くを費やした番組を途中であきらめたりしたくないと思ったからにほかなりません。

公平を期すならば、ドラマはハッピーエンドを迎えるので、最後まで見続けることができれば満足感と喜びを感じることができるでしょう。

しかし、そこに至るまでは険しい道のりです。

「負けたくない」

主役の二人、イ・ウンジェ(チェ・ジウ)とヨン・ヒャンウ(ユン・サンヒョン)は共に弁護士で、バスケットボールの試合で隣の席に座ったことがきっかけで出会います。

場内のカメラに映し出された二人に「キス!キス!キス!」と叫ぶ観客たちに応じてキスをした二人に恋の火花が散ります。

そして、互いのことを全く知らないままあっという間に恋に落ち、結婚するのです。

あまりにもとんとん拍子に事が運ぶために、その後に起こる様々な問題を本人たちは予想すらしていないことでしょう。

二人は結婚後に、一緒に弁護士事務所を開くことに決め、ウンジェは金になる個人案件を、ヒャンウは低所得者向けのプロボノ案件を担当することになります。

すぐに二人の間でケンカが始まります。

ヒャンウは家計と仕事上の出費を賄うために妻の収入に頼らなければなりません。

また伝統的な結婚観を抱いており、たとえ長時間の仕事の後で疲れ切っていたとしても、ウンジェが妻の役目として家をちりひとつない状態に保つよう求めます。

しかし、最初は文句を言っていた彼も、家庭の平穏を保つためには自分が家事の大半を担当しなければならないと悟ることになります。(なぜ弁護士である二人が家政婦を雇うことができないのかは不明です。そうすれば問題はすぐにでも解決するというのに)。

AD

「負けたくない」

二人の結婚生活には次から次へと問題が生じます。

ウンジェが婚姻届に必要な書類をきちんと提出していなかったために、結婚初夜を迎えた後も二人は法律上厳密には結婚していませんでした。

しかし、彼女は自分の責任を認めずにヒャンウを責めます。

この問題が解決した後も、二人は夫婦にとっておなじみの問題に直面します。

例えば、妻は疲れすぎていて、夫は心配事が多いために、夫婦生活が不足になるという問題です(私がこれまで見た限り、実際に避妊具を使用するシーンが登場する韓国ドラマは、この作品だけだと思います)。

二人が一緒に休暇を取る計画をした時には、ヒャンウは困っている年配の男性依頼人を放っておけずに休暇をすっぽかそうとします。

怒ったウンジェは、一緒に旅行に行ってくれないのならば一緒に暮らすこともできないと言い放ちます。

他にも法律に関係する問題が持ち上がります。

例えば、彼女の母親がヒャンウに、不動産に関する法律上の手続きを無料でしてもらおうとします。

娘の夫ならば無料でしてくれて当然と考える義母にヒャンウはいらだち、フェアではないと感じます。

結婚に生じた小さな亀裂は、徐々に巨大な割れ目となっていきます。

困惑したヒャンウは、夫婦間の問題を記録するために自分の気持ちをレコーダーに録音し始めます。

「負けたくない」

仕事柄、依頼人たちの離婚を目の当たりにしてきた二人は、日々の結婚生活のストレスを終わりにするためには自分たちも同じ法的手段をとるほかないと考えるようになります。

しかし視聴者は、二人が互いに愛し合っていることを知っています。

二人に必要なのは、大人になってプライドを捨て、結婚とは何かを理解することだけです。

結婚とは永遠のハネムーンではなく骨の折れる仕事であり、寛大さや思いやり、忍耐と辛抱、ユーモア、そして何よりもすべてをささげる献身性が求められます。

ドラマの中盤から終盤には、昔の恋人の問題が持ち上がり、夫婦仲にさらなる危険信号がともります。

そして、ヒャンウは独身者用の部屋を借りて出ていきます。

しかし、距離を置くことで次第に二人の心は和らぎ、夜遅くに電話をし合うようになり、ヒャンウがウンジェのために電話越しに歌を歌ったりもします。

二人に幸せな夫婦になってほしいと願う視聴者にとっては歯がゆい展開です。

二人がお似合いのカップルであることは一目瞭然なのに、物事はそう単純には進みません。

最後の2話では、二人は互いを許し、より成熟し安定した夫婦関係を築くようになります(この2話は後から追加されました。主演の二人は、当初は16話分の契約しか結んでいませんでした)。

ここまでくると、私はまたこのドラマを好意的にみることができるようになりました。

番組製作者たちは、ウンジェとヒャンウが永久に破局してしまうのを見たくないというファンの声を考慮したに違いありません。

「負けたくない」

このドラマの試みは大胆だと思います。

韓国ドラマの多くは結婚前のカップルを主人公にしており、カップルが結ばれてしまうと視聴者は興味をなくしてしまう傾向にあるからです。

結婚生活を描くドラマにとって、最初にして最大の見せ場(結婚式)の後も視聴者の興味を引くことができるかは、大きな賭けといえるでしょう。

私はこのドラマを全話見ましたが、続きが気になって仕方がないというほどではありませんでした。

人それぞれですから、もっと気に入る人もいるかもしれません。

特にチェ・ジウとユン・サンヒョンのファンにはおすすめです。

彼らの演技はいつも素晴らしく、問題があるとすれば脚本家です。

最後に、このドラマがPG-13(13歳未満の鑑賞には、保護者の強い同意が必要)であることに留意してください。

どちらかというと大人向けの内容ですので、イケメン男子が登場するドラマを好む若い女性視聴者向けではないかもしれません。

負けたくない ! 〈完全版〉DVD-SET1

AD

関連記事

taiyo2

韓国ドラマ「太陽の末裔」第2話あらすじの一部(ネタバレ)と感想・レビュー

韓国と中国でヒット中のドラマ「太陽の末裔」の第2話のあらすじの一部と感想・レビューです。 第2

記事を読む

marriagecontract

韓国ドラマ「結婚契約」第1話のあらすじ一部(ネタばれ)と感想・レビュー

イソジンが主演の韓国ドラマ「結婚契約」第1話のあらすじの一部と韓国での感想・レビューです。 "M

記事を読む

07

韓国ドラマ「製パン王キムタック」ネタバレ、あらすじ、感想、レビュー

「製パン王キムタック」は、韓国メロドラマ史に残る驚異的な記録を打ち出したドラマですが、実は見るのを後

記事を読む

o0450037611276113415

韓国ドラマ「シティハンター」ネタバレ、あらすじ、レビュー、感想

究極の復讐ドラマ、シティハンター(2011年)の主演は世界で最も人気のある韓国の男性俳優イ・ミンホが

記事を読む

1003

韓国ドラマ「ビッグ 愛は奇跡(ミラクル)」レビュー、評価、あらすじ、ネタバレ

ビッグ 愛は奇跡(ミラクル)(2012)は、有名なホン姉妹による、切ないファンタジーの要素をふんだん

記事を読む

cheesin

韓国ドラマ「チーズインザトラップ」感想、評価、レビュー、ネタバレ

私はチーズインザトラップ(2016)を全体としては楽しみましたが、ドラマの半分を過ぎた所からの話の発

記事を読む

bd1

韓国ドラマ「美しき日々」あらすじ、レビュー、ネタバレ、感想

チェ・ジウとイ・ビョンホンは才能ある魅力的な韓国人俳優です。 彼らが美しき日々(2001)の主

記事を読む

signal1

韓国ドラマ「シグナル」あらすじの一部(ネタバレ)と感想レビュー

韓国ドラマ「シグナル」のあらすじの一部と韓国での感想・レビューです。 "Signal" シ

記事を読む

5d955b845e4e47af433156f6e7c2bd16

韓国ドラマ「チュノ」あらすじ、ネタバレ、感想、レビュー

韓国を舞台にしたほとんどの歴史ドラマは、主に宮殿の陰謀や家族間競争、争いや権力掌握など、何世紀も前に

記事を読む

ai_040326_aii

韓国ドラマ「イブのすべて」あらすじ、レビュー、感想、ネタバレ

1950年以降のアメリカで最も記憶に残る映画のひとつにベティ・デイヴィス主演のメロドラマ「イヴの総て

記事を読む

PAGE TOP ↑