中国人はドナルドトランプ氏をどう思っているのか

公開日: : 中国の事情

AD

2016年のアメリカ大統領選挙は、泡まつ候補と見られていた不動産王ドナルドトランプ氏がとうとう共和党の候補としての指名を受ける見通しとなりました。

日本では、その過激な言動や、ドナルドトランプ氏はかつらではないか。という疑惑に注目が集まっていますが、アメリカのライバル国である中国では、トランプ氏についてどのように評価されているのでしょうか。

中国のソーシャルメディアでの、ドナルドトランプ氏の評判です。
What Is Being Said On Chinese Social Media About Donald Trump

中国では、ツイッターではなく、ウェイボーがソーシャルメディアとして利用されていますが、ここでもトランプ氏は有名人で、トランプ氏へのコメントが毎日たくさん投稿されています。

中国人は、アメリカ人の政治家を大言壮語をはく人と思っていますが、トランプ氏についても同様の見方をしている人が多いです。

また女性差別や少数派差別の発言についてもひどいと思っていますが、大半の中国人は、トランプ氏を面白いと思っています。

AD

とはいえ、それは決して人気があるということではなく、中国人の大半は彼のことを尊敬できない人物と見ています。

また、トランプ氏が中国については批判的なコメントをすることが非常に多いことも、中国人の多くは批判的です。

ドナルドトランプ氏とヒラリークリントン氏のどちらが当選するかということについては、ヒラリー氏がなると予測している中国人がやや多いです。

しかし、中国人にとっては、ヒラリー氏とトランプ氏では、トランプ氏が大統領のほうが、中国には望ましいと考えている人が多いです。

というのは、アメリカの経済は、ヒラリー氏よりもトランプ氏のほうが上手に運営するだろうと考えられているからです。

世界2位の経済で、現在はかならずしも好調とはいえない中国経済にとっては、アメリカの経済をよりよくしてくれると予測されているトランプ氏のほうが好ましいのです。

トランプ氏は必ずしも中国に友好的ではないと思うのですが、実利を重んじる中国人らしい評価と言えそうですね。

AD

関連記事

2868404323_4177c95286_z

中国で海外インターンシップをするときに知っておきたい中国のビジネス習慣

日本からも近いこともあり、学生時代に中国で海外インターンシップをするという学生の方もいるのではないで

記事を読む

2859859616_fff13d165c_z

中国の通貨切り下げが世界経済の安定の原因になる理由

中国の通貨、人民元切り下げは過去20年最大の切り下げ幅で、株式市場はじめ金融市場に大混乱を与えました

記事を読む

3318706298_c2c4e0805c_z

中国人女子と初デートするときに知っておきたい6つのこと

アジアの女性は、多かれ少なかれ、中国が由来の価値観を持っています。男性を立てたり、家族を大事にすると

記事を読む

oppo

東南アジアの新興国では、低価格の中国製スマートフォンが人気

ベトナムやインドネシアなど、東南アジアの新興国では急速にスマートフォンが普及しております。中でも中国

記事を読む

441131202_574bd8e26e_o

中国の人民元、通貨切り下げによるリスク

中国が通貨、人民元を切り下げました。世界経済にとって大きなリスク要因となるのでしょうか。 Chin

記事を読む

4967361162_ddd43365ee_z

中国の検索エンジン百度(バイドゥ)製のアプリから個人情報流出懸念

中国の検索エンジン大手、百度(バイドゥ)によってつくられた何千というアプリを利用すると、個人情報が盗

記事を読む

19016734339_f35b7897da_z

中国の為替切り下げ、人民元安は、観光に影響しないのか?爆買いは減るのか❓

2015年8月12日に、中国政府は、不振の経済をテコ入れするために、為替の切り下げ、人民元安という政

記事を読む

9211878421_eeaa8f1a47_o

経済減速しても中国への投資は有望な理由

一昔前は、中国は製造業とその製品の輸出、国内への投資で高い経済成長率を保っていました。 今年の

記事を読む

7014799311_953a620f46_z

中国の金融緩和は効かない?中国は経済崩壊しないのか

中国の景気動向は豪ドルやニュージーランドドル(NZドル)をやっている人には気になりますね。 中

記事を読む

15444778736_b5e6eec11f_o

中国人女子が外国人彼氏に持つ10大不満

日本人男性が外国人の女性と結婚を考える場合、一番多いのは中国人女性との結婚ではないでしょうか。

記事を読む

PAGE TOP ↑