世界の学生の人気の留学先となりつつある中国の大学

公開日: : 中国の事情, 英会話、アジア留学

AD

世界大学ランキングが発表され、だいたいアメリカとイギリスの大学が世界の名門大学となっているのですが、中国の大学も近年、学ぶ場として優れていると、世界的に認知されつつあります。

直近のランキングによると、少なくともひとつの専攻について、世界ランキングのトップ400位に入っている中国の大学は88大学あります。
Chinese universities gaining more international recognition

少なくともひとつの専攻について、上位400に入っている大学は、中国本土の大学は58、香港からは8つ、台湾からは21、そしてマカオからひとつの大学が入っています。

この数はアメリカについで多いです。ちなみにアメリカは164大学が同じ尺度で図った場合ランクインしています。

さらに、上位10位にランクインしている大学も、5専攻あります。

今後も中国の中央政府、地方政府とも大学を振興し、世界中から留学生を集めることを目標にしています。

現在、日本には多くの留学生が特に中国からやってきていますが、日本よりも中国の大学のほうが優れているという評価が定着すれば、来なくなるかもしれませんね。

AD

実際、世界大学ランキングのアジア版(2015)年を見ると、中国本土の北京大学、清華大学が日本の最上位である東大よりも上位にランクインしています。

大学進学の目的は、勉強もそうですが、何といってもそこで学ぶことによる人間関係の構築も大きな目的です。

中国は今や世界第二位の経済大国で、言うまでもなく人口は世界一、鈍化してきているとはいえ、成長率も6%台と高く、しばらくはアジアの経済の中心にいるでしょう。

最近のホンハイによるシャープの買収や、ミデアグループによる東芝の買収を見てもわかるように、経済の勢いという意味では日本と中国は逆転しています。大量にやってくる爆買い中国人の存在を見てもわかりますね。

そういう意味では、日本の大学に進学するよりは、中国の大学に留学するというほうが、今後の職業人生を考えると、プラスに働くのは間違いないのではないでしょうか?

幸い、中国は日本の隣国で地理的にも近く、場所にもよりますが、生活費も日本とそれほど変わらないか、日本より安く済むところが大半でしょう。

もしも、私に高校生や大学生の子供がいたら、かならず、中国への留学をすすめるでしょうね。

AD

関連記事

chinanet

中国が越境ECに新税を導入。ネット輸出、爆買いにも影響か

豊かになった中国人たちは、品質の高いもの、外国のものを好んで買う傾向があります。 自国で生産さ

記事を読む

5200215424_d19653c96f_z

独身の中国人女性と出会いのための場所

海外で生活すると、そのうちその国の人たちと交流して友達が欲しくなるものです。 特に、独身の男性

記事を読む

chinalady

外国人男性が中国人女性に好かれるための、女性のほめ方

中国と欧米諸国はまったく文化が違うことから、アメリカやヨーロッパの男性にとって、中国人女性に好かれる

記事を読む

17140137548_c0f201efb8_z

アップルウォッチが中国で人気がない理由

アップルウォッチが発売されて、まもなく1か月が経過しますが、日本では売れ行き好調なのでしょうか。

記事を読む

4663241754_d20eab4530_o

2015年5月 中国株が6%も大幅下落。原因は?

2015年5月28日、中国の株式市場は前日比6%の下落と、大きく株価が値下がりしました。その原因はな

記事を読む

15792315445_85f8da2c8f_z

ホーチミンの英会話学校のレビュー

9月から11月末まで、3か月ほどホーチミン市の英会話学校に通いました。その感想を書こうと思います。

記事を読む

13488508394_3fc1d0509e_z

中国からの歴史的な資本逃避、キャピタルフライト

中国の経済不振には、習近平国家主席の進める経済改革への抵抗勢力がいることも原因のようです。習近平国家

記事を読む

4153325632_3d359d294c_o

中国に海外移住する前に知っておくべき9個のこと

最近は中国でも人件費があがり、生産拠点としての進出は減少傾向にあるようですが、14億人という巨大市場

記事を読む

2706232825_b24bb6efa1_z

外国人が中国語を学ぶときの8つのコツ

日本人も英語を話す人は多いとはいえませんが、中国人もあまり英語を話しません。ですので中国に行ったら、

記事を読む

3361778581_f67ac4d028_z

中国のハイテク製品の輸出シェアが日本を超えた

日に日に、日本の衰退、斜陽をなげかざるを得ないニュースが流れておりますね。 例えば、こんなニュ

記事を読む

PAGE TOP ↑