タイのLCC、ノックエアーのトラブル

AD

タイのLCCというと、エアアジアが有名ですが、その他にもタイにはLCCが多く飛んでいます。

タイエアアジアに次ぐ2番手のエアラインとして、ノックエアーがあり、バンコクのドンムアン空港をハブ空港とし、タイ各国をつないでいます。

私はまだ利用したことはないのですが、タイでエアアジアに乗ったときに、ドンムアン空港で見かけたので、一度乗りたいとは思っていました。

エアアジアの赤に対して、ノックエアーはコーポレートカラーが黄色。東南アジアのエアラインは派手ですね。

ところが、このノックエアー、LCCにつきもののトラブルも起こっています。
Pilot-short Nok Air axes 60 daily flights

タイの航空当局は、ノックエアーに対して、しばらく60のフライトをキャンセルするように指示しました。その理由はパイロットの不足です。

ノックエアーも当局の指示はやむを得ない措置だとコメントしています。ノックエアーでは長い間パイロットを確保できていなかったということです。

この強制キャンセルに対して、まだ支払いが終わっていない予約客についてはキャンセルされ、すでに支払いが終わっている利用客については、別の便での振替で対応するとのことです。また、他の航空会社の飛行機もあっせんするとのことです。

AD

このため、タイの航空会社は航空当局に4月から6月までのフライトスケジュールを提出するように求められました。

タイの航空当局は、すべての航空会社が、パイロットが適切なコンディションで業務につけているかどうかを確認するとしています。

LCCは確かに安いのですが、一説には80%の定員充足率がないと赤字になるといわれています。充足率を高めて、便数を増やさないと利益の出るビジネスではありません。

そうなると、負担がかかってくるのがパイロットです。あまりにもハードワークですと、パイロットの採用にも支障がきたしますし、体調不良のパイロットが運航する事態は安全確保のためにも避けなければなりません。

タイのエアラインの運行レベルは、航空行政も含めて、国際機関からも低いと評価されています。タイの航空当局の対応はその批判にこたえたものと言えるでしょう。

こういうこともあるので、LCCはなるべく乗りたくないとも思います。特に小さい会社のLCCはそうです。しかし、値段はレガシーに比べると非常に安いのでついつい乗ってしまいますね。

まあ、今年の4月から6月は、タイの飛行機の需給が、このノックエアーのキャンセルによってタイトになります。若干運賃があがったり、混雑するのはやむを得ないかもしれません。

AD

関連記事

540710745_c4981843b0_z

ミャンマー旅行の魅力が半減。バガン遺跡のパゴダに登ることを禁止へ(一部除く)

東南アジア諸国にはいろいろと旅行に行ったのですが、まだ行っていない国で行くのが楽しみな国があります。

記事を読む

localbus

ベトナム語がわからないのにホーチミンのローカルバスに乗ってみた

ホーチミン市で上のようなバスはよく見かけますが、よく利用するという人は少ないのではないでしょ

記事を読む

Jpeg

ホーチミンのイスラム教の聖地モスクに行き、トルコレストランでケバブを食べた

日本人の湯川さんと後藤健二さんがイスラム国の人質となって以来、にわかに注目を集めているイスラム教。

記事を読む

14554521970_2cec9d7d70_z

エアアジア、LCCで行けないマイナー路線の航空券を日本最安サイトのエクスペディアより安く探す方法

ベトナムでは2月の中旬からテトと呼ばれる、中国の旧正月にあたる長期休暇が始まります。1年に1度の唯一

記事を読む

Jpeg

バリ島観光、バリ舞踊とマジックショー

  シンガポール、マレーシア、ジャカルタ、ジョグジャと回ってきた旅行も、最終目的地の

記事を読む

8103505401_544b7dd3fb_z

TPP合意がタイ、ベトナムへ与える影響

太平洋に接する諸国間の貿易協定、TPPが、大筋合意されました。今後、各国の議会で批准されて、正式に発

記事を読む

2104086731_b6d4059c7a_z

海外の旅行サイト(英語)Zuji.auで、航空券を予約して約5000円節約した。

海外旅行に行くとき、エアラインを探すときは、私は日本の旅行サイトエクスペディアと海外(オーストラリア

記事を読む

12183655143_5b0d955bdf_z

韓国、Uberを違法とし、CEOを告発

タクシー予約のスマートフォンアプリを、世界各国で展開するUberは、韓国で違法とされ、CEOが告発さ

記事を読む

3411775886_fcf0af1a42_z

欧米人が考えるタイとベトナムの7つの違い

私は現在はベトナムに暮らしていますが、本当はタイに住みたいと思っています。ベトナムでの生活には不満は

記事を読む

Jpeg

ホーチミン観光案内 クチトンネル

私は臆病者なので、本来は戦場跡とか興味がないのですが、ベトナムを考えるうえでベトナム戦争のことは知っ

記事を読む

PAGE TOP ↑