マレーシアの海外移住者コミュニティが過去30年で変わったこと

公開日: : マレーシアの事情

AD

退職、リタイアし、その後の人生を海外に移住して暮らすという人も増えてきました。

消費税も上がり、何かと物価が高い日本で暮らすよりも、暖かい気候で、物価も日本より安いという理由からです。

中でも人気となっている国がフィリピン、タイ、そしてマレーシアですね。特にマレーシアはMM2Hというリタイアメントビザがあり、一定の条件を満たせば長期滞在できるビザが取得できます。

このMM2Hがあるため、リタイア後の人生を過ごそうとするのは日本人だけではありません。むしろ欧米人が多かったのです。

このようにマレーシアに集まってきた移住者が増えたため、マレーシアの移住者コミュニティも変わったとのことです。

どのように変わったのでしょうか。
Changes in Malaysia’s expat community over the last 30 years

30年前にマレーシアに移住した欧米人は、移住した当時は、欧米企業と日本企業くらいしかなく、その駐在員がマレーシアへの移住者の中心だったと述べています。

その彼が感じている変化は次のようなものです。

1.マレーシアに進出している多国籍企業は、その駐在員へのフリンジベネフィットを減らしている

30年前にマレーシアに進出していたのは、欧米企業と日本企業くらいで、そこで働く駐在員たちは、マレーシアでの生活が本国に比べて不便なことも多いという配慮から、多くのフリンジベネフィットを得てきました。

特別手当や住宅への優遇、そして子供の教育への優遇などです。

しかし、最近は欧米企業そして日本企業も駐在員への優遇を減らしているとのことです。以前は、ファーストクラスでの移動も珍しくありませんでしたが、最近はビジネスクラス、そしてエコノミークラスでの移動が普通になってきたとのことです。

また、海外赴任特別手当てや住宅手当も減らしたり、撤廃している企業も増えてきたとのことです。

これにあわせて、駐在員たちもより安い住居に暮らすようになったと指摘しています。

アジア系の人のマレーシア移住が増えた

マレーシアにはアジア系企業の進出が増加しており、それに伴って、高い教育を受けたアジア系人材の移民が増えています。

長期間暮らす移住者の人数も増えた

成長著しいアジアに仕事を求めて世界中から人がやってきており、マレーシアも例外ではありません。彼らの多くはマレーシアで仕事を探し、いわゆる現地採用として働いている人も増えています。

ワークパーミットも自由化され、外国人による起業も以前より簡単になったこともあり、現地採用だけでなく起業する人も増えていることが特徴です。

そして、リタイアメントビザの制度も充実しているので、リタイア後もマレーシアで生活するという人もまた増加しています。

AD

マレーシアに住む移住者の半数以上がマレーシアで住宅を購入しているとのことです。先進国に比べれば割安な価格で、かつ外国人にも不動産取得が以前より容易になっていることが原因です。

もっとも、マレーシアで不動産を持つうまみは、値段が上がってしまったため以前よりはなくなっているとのことです。

マレーシアは2020年に先進国入りすることを目指していると聞いています。私もマレーシアはリタイア後の移住先の選択肢として検討しているのですが、そのころは生活費もあがっていて、難しくなっているかもしれませんね。

さて、移住はしたものの、直面するのは人間関係です。誰とも会わずにひきこもるという生活は寂しいものがありますし、耐えられないという人もいるでしょう。

とはいえ、日本人社会の狭さにへきえきする人もいるのではないでしょうか。海外の日本人コミュニティは非常に狭いものがあり、敬遠する人も珍しくありません。実は私もそうです。

英語に困らなければ、そんな方には外国人と交流してみることをおすすめします。

外国人の友達やマレーシア人、そしてもちろん在留邦人の友達が欲しいという人には、国際交流パーティーに参加することがいいきっかけになると思います。

私がおススメしているのは、海外移住者用のSNSInternations(http://www.internations.org)です。

facebookのようにネット上の交流はもちろん、月に1度程度、世界300都市以上で交流パーティーが開催されていて、外国人と出会えるきっかけになります。公用語は英語ですので、英語が話せれば、コミュニケーションに困るということはありません。

マレーシアではクアラルンプールやペナン島で行われています。例えば、下のようなパーティーです。

私はベトナムのホーチミンのコミュニティに参加しています。クリスマスパーティーなどもあり、楽しめますよ。
英会話の練習と出会いを求めて、外国人と友達になれる海外SNSのクリスマスパーティーに参加した

日本では東京や大阪、名古屋でパーティーが開かれています。もちろん多くの日本人もメンバーになっていますし、無料で参加できます。

海外移住者向けSNSInternations(http://www.internations.org)の特徴やメリットは下の記事もご覧ください。

外国人との出会いの機会や友達がほしい方に。海外移住者専用SNSのInternationsとは

AD

関連記事

Jpeg

シンガポールからジョホールバルへ、バスで陸路の国境超え

2015年2月中旬から2月末にかけて行ってきたシンガポール、マレーシア、インドネシア旅行の旅行記です

記事を読む

Jpeg

マレーシア・ジョホールバル観光

2015年2月中旬にベトナムからシンガポール、マレーシア、インドネシアに旅行したときの旅行記です。

記事を読む

12006996704_fe169f1476_z

日本政府は、外国人労働者受け入れ拡大を検討しているが、先行事例のマレーシアは受け入れを抑制

日本は少子高齢化がすすみ、若者の数が減り、特に単純労働や肉体労働に従事する人が減ってきています。

記事を読む

15240044118_c7d62465a0_z

湯川・後藤氏を人質にしたイスラム国への玄関として中国人テロ組織に利用されるクアラルンプール空港

日本人の湯川遥菜さんと後藤健二が人質となり、いままで遠い外国での出来事と思いがちだったイスラム国が、

記事を読む

16659140841_daf97c852c_z

第2のジハーディージョン?イスラム国(ISIS)のテロリスト、処刑人となっているマレーシア人

イスラム国(ISIS)の人質となっていた日本人の湯川さん、後藤さんが、イスラム国(ISIS)に殺害さ

記事を読む

4505185422_a524158ca0_z

マレーシアで長期間のビザ期限超過、オーバーステイしたらどうなるか❓

マレーシアは日本人ですと、ビザなしで3か月滞在でき、さらに一度出国して近隣諸国、たとえば、シンガポー

記事を読む

Jpeg

マレーシアはイスラム国(ISIS)の標的となったか?

現在、久しぶりの旅行でマレーシアのジョホールバルにいます。モスクも見ましたし、インド系の人が多いこと

記事を読む

2054297257_5084bb782e_z

東南アジアのビジネスの中心になるか?マレーシア、ジョホールバルの投資計画

今年の2月にマレーシアのジョホールバルに行ってみました。シンガポールの中心部から地下鉄とバスを乗り継

記事を読む

KL

海外移住先国としてマレーシアの人気度

MM2Hという特別ビザがあり、日本人にも海外移住先として注目されているマレーシアですが、移住先国とし

記事を読む

3385286238_d837efedc3_z

日本の新幹線がシンガポールーマレーシア間を走る日が来る?

日本では、新幹線に関するニュースといえば、北陸新幹線が開通したことでメディアをにぎわしていますね。

記事を読む

PAGE TOP ↑