マレーシアで長期間のビザ期限超過、オーバーステイしたらどうなるか❓

公開日: : マレーシアの事情

AD

マレーシアは日本人ですと、ビザなしで3か月滞在でき、さらに一度出国して近隣諸国、たとえば、シンガポールやタイにいってもどってきたら(いわゆるビザラン)、再度3か月滞在できますので、実質的にビザがなくても6か月滞在することができます。

特に、シンガポールとマレーシアのジョホールバルはバスで入国審査も含めて1時間程度で行けますから、シンガポールからマレーシアに行っても、あまり外国にいくという感覚はないでしょう。私も今年2月にシンガポールからジョホールバルに行って、そのことを実感しました。

しかし、いくら近いといっても、シンガポールとマレーシアは別の国です。ビザには期限があり、期限内に出国しなくてはなりません。

もしも、期限をこえて、オーバーステイし、滞在しつづけた場合は不法入国ということになりますが、どうなってしまうのでしょうか?
Singaporean, 28, sentenced to 8 months’ jail in Malaysia for overstaying in Johor Baru

AD

ジョホールバルに4年間、ビザの期限終了後もオーバーステイしつづけたという28歳のシンガポール人男性が、8か月の懲役刑を宣告されました。

この男性は、タイ人のガールフレンドと旅行中にパスポートをなくしてしまい、そのままジョホールバルに居ついてしまったということです。

そしてそれが警察に見つかり、逮捕されてしまったのでした。

この他にも、入管でパスポートを提示せずに通過したマレーシア人21名に対して、罰金刑が課されたということも起きています。

よくオーバーステイの話は聞きますが、その場合も罰金さえ払えば、出国できるという理解をしていたのですが、あまり長期間も不法滞在のままだと、懲役刑まで課されることがあるのですね。

海外に滞在するときは、ビザの期限には常に配慮し、期限切れにならないように留意しておきましょう。

AD

関連記事

12643075864_68415d1516_z

タイでの2016年のヘイズ(HAZE)のレベルは1998年以来最悪の水準になると専門家が警告

インドネシアの焼畑農業が原因となっているヘイズ(HAZE)はインドネシアはもちろん、隣国のシンガポー

記事を読む

2125697998_b053ac13e1_z

マレーシアで増える富裕層、超お金持ちとその投資行動

マレーシアでは、富裕層を今後10年間で42%増えるという予測が立てられています。 Rise of

記事を読む

MALAYSIA-ECONOMY-POLITICS-BUDGET

マレーシアの新しい税金(GST)導入で、値段が上がるもの、下がるもの

4月からマレーシアでは新しい税金、Goods and Service Tax(GST)が導入されます

記事を読む

5831470863_ccabfca989_z

2015年3月 マレーシアでデング熱とインフルエンザが流行中

2015年3月現在、マレーシアでインフルエンザとデング熱が流行しているそうです。 Dengue a

記事を読む

4540844036_d8fdd7897e_z

マレーシア、シンガポールからの車に通行税RM20の課金を計画

マレーシアのジョホールバルとシンガポールはコーズウェイという道路でつながっており、さくっと国境を超え

記事を読む

16920011299_5d33dae322_z

マレーシアの海外移住者コミュニティが過去30年で変わったこと

退職、リタイアし、その後の人生を海外に移住して暮らすという人も増えてきました。 消費税も上がり

記事を読む

Original Title: AA_0099sRGB.tif

バリ島やタイは大丈夫?東南アジアのジカ熱の状況

WHOがジカ熱について、非常事態宣言を出しました。 この病気はジカウイルスを持つ蚊にさされるこ

記事を読む

IS

東南アジアのテロリストが結集し、地域版イスラム国(ISIS)が結成される危険性をマレーシア当局が警告

2015年11月15日に起こった、フランス、パリでの同時多発テロは120名以上の犠牲者を出し、本当に

記事を読む

Jpeg

ジョホールバルのレゴランドマレーシアに行ってきた

マレーシア、ジョホールバルの最大の見どころといっていいでしょう、レゴランド・マレーシアに行ってきまし

記事を読む

2335306375_0c442736cc_z

マレーシアへの旅行者、帰りのチケットの所持を義務化へ

マレーシア政府は、マレーシアを訪問するすべての外国人に、帰りの航空券と滞在に必要なお金の所持を義務付

記事を読む

PAGE TOP ↑