東南アジア主要都市のオフィス需要が低迷した2015年

公開日: : アジアの不動産情報

AD

2015年第4四半期の東南アジア各都市のオフィス需要は減退したことが不動産コンサルタント会社の調べで明らかになりました。
Asean cities see decline in office rentals

新興国の多い、東南アジアでの景気の低迷を受けてのものです。

東南アジア諸国の経済成長率は5%台後半から4%台前半に下がり、今後5年間は4.5%から5.3%程度の間で推移するだろうと見られています。

原油をはじめとする商品価格の下落は、特にクアラルンプールとジャカルタのオフィス需要を減退させ、オフィス賃料も下がるだろうと予測されています。

シンガポールの賃料下落は東南アジアではもっとも緩やかでしたが、シンガポールのオフィス需要もすぐには回復しないだろうと予測されています。

AD

その理由は、シンガポールでは今年、そしして来年も供給量の増加が続く一方で、経済成長が低迷するので求人も増えず、オフィス需要が減退するからと見られています。

バンコクのオフィス需要は堅調で、賃料も2.6 %上昇しましたが、バンコク郊外で大規模なオフィスビルの供給が控えており、今後1年以内にオフィス賃料が下がる要因となるだろうと予測されています。

フィリピンのマニラは、オフショアやアウトソーシング業のオフィス需要が好調で、引き続き、東南アジアの諸都市の中ではオフィス需要が堅調な不動産市場と予測されています。

特にマカティ地区の需要は非常に堅調とのことです。まあ、マニラは特定の場所しか治安がよくないので、そういった事情もあるのでしょう。

東南アジア諸都市への先進国の進出は今後も増えるでしょうが、得意とする業種に違いがあり、一口に東南アジアの不動産市場といっても、事情はだいぶ異なるようですね。

AD

関連記事

6816365958_c111d8439b_z

オーストラリアの不動産、住居費や家賃が高い6つの理由

オーストラリアでは近年、なぜこんなに不動産、住居費が高いのかということについて、多くの議論が行わ

記事を読む

hanoiproperty

ベトナム ハノイの不動産市況が急回復

ハノイの不動産、特にオフィスビルの需要が2014年の第二四半期に急回復しました。 Compan

記事を読む

3113389680_54ec71c975_z

ベトナム不動産法改正案、外国人の住宅購入を簡易化することを検討中

ベトナム政府は、現在不動産法、住宅法の改正を検討しており、外国人やベトナム移住者による住宅の購入を、

記事を読む

4540844036_d8fdd7897e_z

マレーシア・イスカンダル計画、雪のテーマパークなど大規模開発計画が発表される

マレーシアのジョホールバルはシンガポールとの国境で、イスカンダル計画の名のもとに大規模な開発が進んで

記事を読む

3334338419_efdd8923f4_z

不景気でもオーストラリアが金利を下げるのが難しい理由

2015年に入って、オーストラリアは2回も利下げし、史上最低水準の金利となっていますが、景気見通しは

記事を読む

3670644995_53f2e431a1_z

2015年5月 中国の不動産は経済崩壊のリスク要因か❓

中国は不動産価格がつりあがってしまいましたが、住宅など作ったはいいが買い手がおらず、供給過剰とな

記事を読む

4094735228_9cb1a78425_o

ベトナムのアパートメントで、最近頻発する大家と住人の間のもめ事

アパートというと日本では安い賃貸住宅という印象ですが、ベトナムでいうアパートメントは、日本でいう

記事を読む

2054297257_5084bb782e_z

東南アジアのビジネスの中心になるか?マレーシア、ジョホールバルの投資計画

今年の2月にマレーシアのジョホールバルに行ってみました。シンガポールの中心部から地下鉄とバスを乗り継

記事を読む

8023088986_5f1d9b029a_z

バンコクの不動産、コンドミニアム市場は不景気でも底堅い

タイは政変以来、景気が低迷し、特に輸出産業や観光産業は厳しい状況にあるのですが、その中でもバンコクの

記事を読む

10204727514_1ac890cbd6_z

ベトナムの不動産市場の市場価値は210億ドル

  野村総合研究所が発表した、アジア諸都市の不動産市場の市場価値によると、ベ

記事を読む

PAGE TOP ↑