チソン、ファンジョンウムの結婚について語る

公開日: : 最終更新日:2016/02/28 アジアのエンタメ、スポーツ, 韓国の事情

AD

チソンは、今度結婚するファンジョンウムと2回共演しましたが、彼女の結婚についてコメントしています。
Ji Sung Has Something To Say About Hwang Jung Eum’s Wedding

チソンとファンジョンウムは、ドラマ「秘密」と「キルミーヒールミー」で共演しました。

二人はドラマの撮影中に友達となり、また、共演のときは相性のよさを見せました。

過去に、チソンはファンジョンウムをとても大切な人と呼び、共演して楽しいと話ししています。

2月21日に行われたインタビューで、チソンは、ファンジョンウムとの共演について、次のようにコメントしています。
「私とファンジョンウムはお互いの目をみただけで、相手が何を考えているかわかる間柄だ」

共演者だったファンジョンウムの結婚について、言いたいことはあるかと尋ねられ、彼は冗談で、自分の妻イボヨンについて話し始めました。
チソンとイボヨンは2004年のドラマ撮影中につきあいはじめ、2007年には交際していることを発表し、2013年には結婚しています。そして2015年に子供が生まれています。

AD

チソンはゆっくりと恋愛から結婚をすすめましたが、ファンジョンウムは出会いから結婚までとても早かったです。結婚相手のイヨンドンとは出会って数か月でスピード結婚となりました。

チソンは、ファンジョンウムとイヨンドンはすぐ結婚すると思ったとのことです。
「ファンジョンウムとイヨンドンは完ぺきなカップルだ」
「二人にいいニュースがあることを楽しみにしている。私の言っていることはわかるだろう?」

一方、ファンジョンウムもまた、チソンと再び共演したいと述べています。

「私はまたチソンと共演したいが、それには時間がかかるだろう。チソンは結婚しているし、私も結婚してから共演したい。私たちが共演したドラマは本当にいいドラマになった。」

チソンがファンジョンウムの結婚式に出席するのかどうかは明らかにされませんでした。

さて、U-NEXTは、韓流ドラマや映画をテレビやパソコン、タブレット、スマホで見られるビデオオンデマンドサービスで、韓流ドラマのラインナップでは日本最大級です。

今なら1か月も無料でお試し視聴できます。

AD

関連記事

7472687026_e1fb72353b_z

韓国の化粧品、コスメが世界的に人気の理由

韓国のビジネスというとサムスンやLG、最近ですと自動車を思い浮かべますが、世界的に有名な業界がありま

記事を読む

16813574662_9f74b46b39_z

韓国ドラマ「プロデューサー」でのアイユの演技がいまいちという評価

韓国のドラマ「プロデューサー」は韓国で非常に人気を集めているドラマとなっているのですが、ヒロインのア

記事を読む

comitment

韓国人彼女が「コミットメント」(永遠の愛)を彼氏に求める理由

男性は、すべての女性は男性からのコミットメント(永遠の愛、約束)を求めていると考えがちですが、実際は

記事を読む

salary

韓国人の給料事情

日本では、消費税を10%にあげるのか、あげないのかということが話題になっていますね。 民主党政

記事を読む

3761124026_67c222e2af_o

以前より短気に、キレやすくなった韓国人の性格

韓国人の性格は以前より怒りっぽく、短気になり、キレやすくなっていると専門家は指摘しています。そして、

記事を読む

Jpeg

ホーチミンの韓国カフェ、カフェべネに行ってみた

韓国No.1のカフェ、カフェべネがホーチミン市に1号店をだしたので、先日行ってみたのですが、あま

記事を読む

14420750680_1781defeb8_z

アメリカの韓国大使を襲った犯人、キムギジョン容疑者はどんな人か

アメリカの韓国大使、マークリッパ―ト氏が3月5日の朝、10インチの刃物で傷つけられるという事件が韓国

記事を読む

8505410173_12d1f11491_z

韓国、従軍慰安婦問題について、初めて国連の女性人権委員会で問題提起

韓国政府は、初めて国連の女性人権委員会で、従軍慰安婦問題に関する問題提起を行い、日本への圧力を強めて

記事を読む

koreanbreakup

韓国人の彼女と別れる原因になりがちなこと

韓国人の彼女がいると、別れるときは苦痛を感じるような沈黙とともに別れることになることがあります。

記事を読む

pakuhejin

パクへジン、パクシネとつきあっているというニュースを報道した芸能メディアを訴える

韓国の俳優、パクへジンと女優のパクシネが交際しているといううわさがあったのですが、パクへジンはこのう

記事を読む

PAGE TOP ↑