英語ができない人にはHSBC香港がおすすめできない理由

公開日: : お金に関すること

AD

私はHSBC香港の銀行口座をもっています。

海外で生活しているときに、いざというときにお金をおろせる口座として、また、預金先として重宝しています。

世界中のATMでお金がおろせますし、日本ではセブン銀行でお金をおろすことができます。

マイナンバーの導入など、政府が個人資産の把握に躍起になる中、、こうした海外の銀行に口座をもつことに関心がある方もいるでしょう。

また、HSBC香港の提供する金融投資商品に興味をもつ人もいるかもしれません。

実際、数年前に日本人の間でHSBC香港の口座をもつことが流行りました。英語ができない人には、口座開設サポートサービスまであります。

しかし、個人的には英語ができない人には、HSBC香港での口座をもつことはお勧めしません。

英語での文書がたまに送ってきますし、結構電話でのやり取りもあります。ヒアリングと会話がある程度できない人にはハードルが高いでしょう。

特に、顔の見えない相手に話すことになる電話での英会話は、通常の英会話よりも難しいです。まして、相手は中国語なまりの英語を話す人です。

きれいな英語を話す人たちではありません。

私自身のトラブル体験を書くと、

最近、HSBC香港の銀行口座からお金が下ろせなくなるということがありました。

ネットバンキングや、ATMからの残高照会はできるのにも関わらずです。

すると、気づいていなかったのですが、私の住所に下のようなレターが届いていました。
Jpeg

そして、住所と電話番号、月々の収入などの報告様式が同封されていました。

書面の内容は、上の情報を提供しないと、口座からお金がおろせないようになり、そして報告しないままに一定の期間が経過すると口座が解約になるという恐ろしい内容でした。

あわてて、報告用紙に求められた情報を記入して送り返すと、10日ほどで電話がかかってきました。

その電話では本人確認のためでしょう。誕生日、メールアドレスを聞かれ、

AD

それから、月に何回お金をおろすか。一回あたりいくら最大引き出すかを聞かれました。

こうしたことが行われるのは、世界的に本人確認の強化が強まっているからです。世界のATMでお金がおろせるというのは、マネーロンダリングや脱税、犯罪のための資金として簡単に送金できるということでもありますからね。

このように、口座をあけた直後よりも最近はHSBC香港との接触が増えているような印象を受けています。書面でのやりとり、そして電話です。

口座開設のような対面取引も英語でできないような人には、このように頻繁に発生するやりとりがこなせるとは思えません。

HSBC香港で電話取引ができるくらいの英会話力は身に着けたいものです。このようなことをひとつとっても、グローバル社会が進展する中での英語力の重要性がわかります。

それではHSBC香港で取引できるくらいの英語力を身に着けるにはどうしたらいいのでしょうか。

顔の見えない電話よりはむずかしくない、スカイプ英会話がいいと思います。中でもDMM英会話がいいでしょう。体験レッスンが2回まで無料です。

値段が安いということもありますが、講師陣が多くの国の人で、国籍を見て指名できるというのがいいです。

英語はアメリカやイギリスで話されているよりも、それ以外の国の人に話されています。そしてそれぞれに癖があるのです。

こうした癖のある英語に慣れるという意味でも実践的なヒアリングが練習できるでしょう。

下の記事も参考になればと思います。
海外移住に必要な英会話が身につくDMM英会話をおススメする理由

HSBC香港だけでなく海外の銀行口座をもつことに興味がある方もいると思いますが、まずはある程度の英語力を身に着けてからではないと、取引のときにパニックになったり、不便を感じることになると思いますので、あせらずにまずは英会話力を身につけましょう。

AD

関連記事

Jpeg

ベトナムの、地元保険会社の医療保険の保険金を請求してみた

ベトナムで生活するうえで、怖いのは交通事故、そして病気したときの入院費用も非常に高くなるので、医療保

記事を読む

mynumber

海外移住者(非居住者)にマイナンバーが与える影響、年金・保険編

マイナンバーが導入されました。 かなり大きな影響を与える制度変更ですが、特に、日本を出て住民票

記事を読む

5188325930_9b977a1c33_z

サムスン、Apple Payに対抗してスマホ決済手段、サムスンペイを発表

iPhone6を使っているわけでもないですし、ましてや私の暮らしているベトナムではApple Pay

記事を読む

2527255596_db23df940f_z

日本人と韓国人のデートに関するデータ比較。デート費用とか回数とか。

韓国人は一回のデートに、いくらお金をつかうのでしょうか。 また、そもそも、1週間に何回デートし

記事を読む

1951507675_8cb334a32c_o

円安が心配なら米ドル買いではなく香港ドル買いをおすすめする理由

米ドル高円安が進んでいますね。いずれにせよ今年中にアメリカは利上げし、日銀はしばらく金融緩和を続ける

記事を読む

Jpeg

海外移住先の国ベトナムで医療保険に加入。保険金請求の仕方

私が海外移住して生活しているベトナムのホーチミンは、バイクの交通量が非常に多く、1か月に2,3度ほど

記事を読む

MALAYSIA-ECONOMY-POLITICS-BUDGET

マレーシアの新しい税金(GST)導入で、値段が上がるもの、下がるもの

4月からマレーシアでは新しい税金、Goods and Service Tax(GST)が導入されます

記事を読む

88029599_363f79e997_z

韓国でATMの詐欺事件。クレジットカードのスキミング。安全にお金を持っていく方法

韓国のソウルに旅行に行くので、いろいろと情報を集めています。 海外旅行中はなるべく現金を持ち歩

記事を読む

6816365958_c111d8439b_z

オーストラリアの不動産、住居費や家賃が高い6つの理由

オーストラリアでは近年、なぜこんなに不動産、住居費が高いのかということについて、多くの議論が行わ

記事を読む

7703107114_6cf5bf8793_z

G20で最も物価が高い国、オーストラリア

下の記事で、オーストラリアの物価水準や食費の値段が高い理由についてご紹介してきました。 オーストラ

記事を読む

PAGE TOP ↑