海外移住者(非居住者)が個人番号(マイナンバー)をもっていないことの影響①銀行、外国送金編

公開日: : アジア移住、生活の知恵

AD

たとえ、海外で生活していても、日本で発生する所得については納税の義務があります。

そこで、旧正月の休暇を利用して、日本に一時帰国をし、確定申告をしてきました。

久しぶりの日本に帰って驚いたのがやたらと個人番号(マイナンバー)が目についたことでした。

確定申告の会場でも、そして銀行でも。。

2015年分の確定申告では必要がありませんでしたが、来年申告するときは、個人番号(マイナンバー)が必要になります。

しかし、海外に移住していて、日本に住民票を残していない人(非居住者)は、個人番号(マイナンバー)を持っていないことになります。

個人番号(マイナンバー)は日本に住民票があることが前提で発行されるものですから。。

私も日本に住民票がない非居住者なのですがこのような人は多いのではないでしょうか。

日本に住民票がないと

・住民税を払わなくてよい
・国民健康保険料を払わなくてよい
・国民年金保険料を払わなくてよい(払うこともできる)
・NHK受信料を払わなくてよい

というように支出を大きく減らすことができます。

税務署に聞いたところ、確定申告のときは、おそらくマイナンバーなしで申告することになるのではないか。ということでした。

確定申告だけでなく、銀行でもマイナンバーが必要になることがあります。個人番号(マイナンバー)を所管する総務省はいろいろなところに働きかけて、マイナンバーを利用してもらおうとしているということですから、今後はマイナンバーがないと著しく不利益になりかねません。

個人番号を持っていない私にとって気になるのは、マイナンバーがないと、どのようなデメリットがあるのかということです。

そこでちょっと調べてみることにしました。

銀行とマイナンバー

全国銀行協会のウェブサイトによると、マイナンバーが必要となる取引は次の取引です。

・投資信託や公共債などの証券取引全般
・マル優・マル特
・財形貯蓄
・外国送金(支払い・受け取り)
・金銭信託

このうち、大きく影響しそうなのは、証券取引全般と外国送金の支払いや受け取りでしょうか。

海外に住んでいても、資産運用の一環として投資信託を利用している人は注意が必要でしょうね。

もうひとつ気になるのが外国送金の受け取りです。海外で給料を受け取り、日本の銀行口座に送金することもあるでしょう。しかし、個人番号(マイナンバー)を持っていなかったらどうしたらいいのでしょうか。

AD

新生銀行のウェブサイトによると、2015年12月末までの同銀行のパワーフレックスという口座をもっていれば、海外から送金されたお金をマイナンバーなしで受け取り可能ですが、

それ以降の場合、マイナンバーを持っていて銀行に届け出ないと、海外から送金されたお金は口座に入金されないということです。

新生銀行の場合を紹介しましたが、他の銀行も同様でしょう。

これは海外に住んでいる人の中でも結構困る人が出てくるのではないでしょうか。

例えば、海外で働いた給与を日本に送金しても、マイナンバーを届け出ないと受け取りが不可能になります。

そして、私もそうですが、日本に住民票を持っておらず、必然的にマイナンバーを持っていない人も多いでしょう。その場合、日本に送金するとしたら、どうしたらいいのでしょうか。

私が思いつくのは、

(1)ハンドキャリーで日本に持ち込む。ただし、私が住んでいるベトナムの場合、持ち出せる現金は5千ドルまでになります。これ以上の現金は持ち出しようがありません。

(2)マイナンバーを持っている家族の銀行口座に送金して、一時的に預かってもらう。しかし、これもうっかりすると、贈与税などが絡みますね。

(3)金など換金性のよい資産を買い、それを身に着けて日本に持ち込み、日本で換金して預金する。外貨持ち出しの上限金額を超えた場合はこうでもするほかありません。

こうしてみると、東南アジアで現地採用などで働いていて住民票が日本にない方は、やはり、HSBC香港に銀行口座はもっておくべきでしょうね。

海外で働いて、現地通貨で給与をもらっても、日本に送金できないのであれば意味がありません。日本に1年、2年と帰国しないでいると、持ち出し上限額を超える貯金ができてしまうという人もいることでしょう。

この場合、日本に現金を持ち込むのではなく、HSBC香港の銀行口座に預金として一時的においておくのです。

日本に行くよりは香港のほうが東南アジア諸国から近いので航空券費用も節約できますし、香港ドルだけでなく、米ドル、ユーロ、人民元その他多くの通貨で預金ができますので、外貨両替手数料も節約できます。

もちろん、日本でも外国でもATMからお金は引き出せます。(香港ドルの預金額相当)

しかし、HSBC香港の口座をもつときのネックは、一定の英語力が必要になることです。詳しくは下の記事をご覧ください。
英語ができない人にはHSBC香港がおすすめできない理由

AD

関連記事

ebook

ベトナムで日本の雑誌やマンガを読みたいときおススメの電子書籍書店2つ

シンガポールやタイなど日本人の多い国には紀伊国屋書店があるのですが、ホーチミン、ハノイとも日本語

記事を読む

7518554984_10b5d8afd2_z

ベトナムで、すべきこと、してはいけないこと

私もベトナムのホーチミンで暮らして早いもので1年。旅行や短期滞在も含めると1年半くらいでしょうか。

記事を読む

DSCN0288

ベトナムで医療保険に加入してみた

ベトナムで生活するうえで、病気になることはさることながら、怖いのはなんといっても交通事故です。バイク

記事を読む

2839706898_b8002fe2e9_z

しがない中年男は、老後は海外で生活しなければならない

私は現在ベトナムのホーチミンで暮らしているのですが、老後も海外で生活せざるを得ないと考えています。

記事を読む

2994723741_845a719426_o

海外から日本の銀行のコールセンターに電話し、国際電話料金の節約について考えた

海外生活の強い味方。インターネットバンキング。海外でもよく利用しているという方は多いでしょう。

記事を読む

7156586740_87ee89d3c5_z

オーストラリア人移住者のシンガポールに関する7つの不満

シンガポールに移住する外国人の満足度は高いのですが、中には不満を持つ外国人もいるようです。 東

記事を読む

7215388096_466cc566ff_z

ベトナムに赴任が決まったら、クルマをどうするか

  ベトナムで半年ほど暮らしましたが、日本人も含めて外国人で車を運転しているという人

記事を読む

5889023892_3906cc39dc_z

海外移住者がタイでの生活に慣れるコツやタイのタブー

タイには多くの日本人が住んでおり、日本食レストランがたくさんあり、地下鉄にのったら日本企業の広告が多

記事を読む

6032095479_78a73a1394_z

不労所得があっても、東南アジアでの外こもり、海外ノマドに向いていない人

日本ではひところ、ノマドという言葉が有名になりました。ノマドとはもともとの意味は遊牧民という意味です

記事を読む

4492372453_afaa5bc054_z

老後の海外移住生活を考えるときは保険見直しのタイミング

消費税が8%にあがり、さらに10%への税率アップが確実な日本。 円安もあって、食料品の値段もあ

記事を読む

PAGE TOP ↑