パクシネ、8年で大学を今年卒業

AD

パクシネは中央大学校映画学科の学生でしたが、しばらく休学していましたが、2016年2月、卒業することになるとのことです。

パクシネは現在25歳、8年がかりで卒業することになりました。
Park Shin Hye Graduates University

しかし、彼女は非常に忙しいので卒業式にも出席できそうにないとのことです。

彼女の事務所は次のようにコメントしています。

「パクシネは、結局大学を卒業するが、現在海外での仕事をしているため、卒業式に出席できるかどうかはわからない」

パクシネはあまりにも多忙だったため、授業に出席できなかったのですが、大学の卒業はしたいという意思はもっていました。

彼女は次のようにインタビューでコメントしています。

「私は学校に行きたいし、普通でいたい」

「それは楽しいことだから。私は仕事をしたり、新しい人にあったり、地下鉄に乗ったりしたい。若いときから自由になりたかった」

もし彼女が忙しくなかったら、普通に4年で大学を卒業できたでしょうが、彼女が大学に行きたいと感じていた動機はなんだったのでしょうか?

AD

それは彼女が信頼をおくマネージャーが彼女にそのようにすすめたからです。

「大学に通うことが私くらいの年齢の人間には普通のことだから。私のマネージャーはそのように私に言ってくれた」

「彼は、私が芸能界だけに人生をささげることを望まなかった。私の両親もそうだった」

パクシネはこのようにコメントしました。

彼女が言っていた中央大学校は、他にも芸能人が卒業しています。キムボムやキムソユンは彼女のクラスメートでしたが、先に卒業しています。

大学を卒業したパクシネは、いろいろと仕事を抱えています。

チャングンソクが久しぶりに出演するドラマ「ジャックポット」への出演が控えていますし、「ドクターズ」というドラマへの出演も予定されています。

女優業に専念できるパクシネはこれからも出演作が増えていくことでしょう。

さて、U-NEXTは、韓流ドラマや映画をテレビやパソコン、タブレット、スマホで見られるビデオオンデマンドサービスで、韓流ドラマのラインナップでは日本最大級です。

今なら1か月も無料でお試し視聴できます。

AD

関連記事

yuain

アメリカの有名雑誌フォーブスが選んだ、韓国芸能人の好感度ランキング(2015年)

アメリカの有名な雑誌、フォーブスの韓国版は、韓国の有名人ランキングを2009年以来発表しています。必

記事を読む

fanjon

ファンジョンウムの結婚式に出席する韓流スターは誰?

韓国の女優ファンジョンウムとプロゴルファーのイヨンドンがまもなく結婚しますが、結婚式の招待客リストは

記事を読む

11862482075_5744ff0665_z

“持ってない女”韓国パク・クネ大統領のジンクスは今回も生きていた

韓国のパク・クネ大統領は、国民の低支持率に苦しんでいます。相次ぐ政治スキャンダル、税と社会保険に関す

記事を読む

7127074163_b17fedcc20_z

韓国の業界人が選んだ、韓流スター人気ランキング2015年版(俳優編)

2014年末に、韓国のエンターテインメント業界が、韓国の俳優の人気投票を行い、ベスト10が明らかにな

記事を読む

16521040031_8351ed3659_z

チ・チャンウク、元ミス・コリアのキム・ヨリとの交際を否定

ここ数日間、韓国の芸能界では、俳優のチ・チャンウクと元ミス・コリアのキム・ヨリが交際しているというう

記事を読む

3354314593_1c22d8c1e6_o

イ・ミンホとその彼女ぺ・スジはいくら稼いでいるか

人気韓流スター同士のカップルであるイ・ミンホとぺ・スジ。いったい彼らはどれくらい稼いでいるのでしょう

記事を読む

12272117344_8a0abe8541_z

女性が韓国で生活するとき知っておきたいこと

韓国は日本人女性の旅行先として人気ですが、生活するとどうなるのでしょうか。旅行と移住しての生活はだい

記事を読む

6680674797_2ca4cac0c3_z

北朝鮮が対船舶、新型強力ロケットを開発

北朝鮮が対船舶の新型ロケットの開発に成功したと発表しています。テストが終わりしだい、戦艦に配備してい

記事を読む

16288969215_da736ac952_z

キムソヒョンとEXOのD.O(ディオ)映画「ピュアラブ」で共演

10代の女優、キムソヒョンとEXOのディオが、今度公開される映画「ピュアラブ」で共演します。

記事を読む

4724722994_05e533f062_z

韓国に行く前に知っておくべき10の習慣

韓国はお隣の国で、中国からの文化が伝わったり、儒教の影響が強いということで日本とも共通する文化があり

記事を読む

PAGE TOP ↑