ファンジョンウムが2月に結婚!お相手は、結婚式場は?

公開日: : 最終更新日:2016/01/10 アジアのエンタメ、スポーツ, 韓国の事情

AD

韓国の女優、ファンジョンウムが2月末に結婚するようだ。と複数の韓国の芸能メディアが報じています。
Hwang Jung Eum Makes Wedding Plans

結婚式の日取りは2月25日、あるいは26日と言われており、場所は、ソウル新羅ホテルとのことです。

5つ星のホテルで、明洞にあり、セレブたちがソウルに泊まるときによく使うホテルとして知られています。

ファンジョンウムの所属事務所もこの報道は認めており、次のようにコメントしています。
「ファンジョンウムは2月のおわりごろに結婚する予定である。結婚する二人は、知り合って、生涯をともにすることに決めた。ファンジョンウムは昨年、撮影で忙しかった中を支えてくれた彼氏の誠実さに感動している」

ファンジョンウムの婚約者は、プロゴルファーからビジネスマンに転じた男性で、イヨンドンという人です。彼は2006年にプロゴルファーとしてデビューし、現在は鉄鋼会社と日本のゴルフ会社を経営しています。

AD

この結婚の発表はとても驚かせるものです。というのは、二人の関係が明らかになってからまだ4か月しかたっていないからです。

事務所によると、二人が結婚をすぐに決意した理由は、双方の両親が二人の結婚を熱望したためとのことです。

韓国はつくづく、親の意向が強い社会ですね。

事務所は次のようにコメントしています。
「二人の関係がおおやけに明らかになったので、双方の両親ははやく結婚することを希望し、ファンジョンウムも結婚を喜んで受け入れた。ファンジョンウムは結婚後も女優として活動し、現在、次の映画の撮影に取り組んでいる」

ファンジョンウムは2015年の5月に、キムヨンジュンと破局していますが、すぐに相手が見つかったのですね。キムヨンジュンとはキルミーヒールミーで共演したのですが、ドラマの撮影の終了とともに、恋愛関係も終わっています。

2015年にはドラマアワードも受賞していますし、人気ドラマに出演して、いま最も旬な女優といえるでしょう。

さて、U-NEXTは、韓流ドラマや映画をテレビやパソコン、タブレット、スマホで見られるビデオオンデマンドサービスで、韓流ドラマのラインナップでは日本最大級です。

今なら1か月も無料でお試し視聴できます。

AD

関連記事

4587642381_5e15c5d060_o

キム・テヒとRAINの結婚報道再び。事務所は否定

韓国の女優のキム・テヒと歌手のRAINの交際報道がでてから、結構な時間がたちました。ここまで時間がた

記事を読む

taxhaven

パナマ文書にのった韓国人のお金持ちは❓

パナマ文書が暴露され、世界中のお金持ちたちが、タックスヘイブンに資金を移し、税金を逃れていることがわ

記事を読む

ijefun

イジェフンに関する5つの面白いエピソード

イジェフンは韓国の映画界で活躍してきた俳優ですが、最近はドラマ「シグナル」での演技で、世界中のファン

記事を読む

kimtaehee

キムテヒが愛用している化粧品とは?

キムテヒは、韓国のトークショー番組に出演し、彼女の美容に関する考えと、愛用している化粧品について語り

記事を読む

hallyustar

業界人による、2015年下期の韓国芸能人ランキング。最も評価の高い男性アイドルは?

韓国芸能界の業界関係者による、韓流スターの人気ランキング調査が行われました。 2015年下期で

記事を読む

7659038594_fc24d8971a_z

2015年Youtube Music Awardを受賞したK-POPアーティストは?

Youtubeの中でも、KPOPのミュージシャンは確実に人気を高めています。 レディーガガやビ

記事を読む

18151408319_1c04d78565_z

貧困女子がお金持ちの男性と結婚するシンデレラストーリーの韓国ドラマ7つ

韓国のドラマでは、しばしば、貧乏でかわいそうな境遇にある女性が、お金持ちの男性と恋愛するというシンデ

記事を読む

junsu

法律トラブルはあるものの、KPOPの歌手で最も売れているのはキムジュンス

キムジュンスは出演するコンサートのチケットは必ず完売するという、KPOPを代表する歌手です。

記事を読む

8124021140_3a76a22b5c_z

11/23-27 第三回ハノイ国際映画祭が開催

11月23日から27日にかけて、第3回ハノイ国際映画祭が開催されます。 Hanoi int’l f

記事を読む

koreandrama

なぜ韓国ドラマは世界中で人気なのか❓

韓国のドラマ、韓流ドラマは韓国だけでなく、日本、中国、東南アジアで大変な人気コンテンツとなりました。

記事を読む

PAGE TOP ↑