東南アジアのビジネスの中心になるか?マレーシア、ジョホールバルの投資計画

公開日: : 最終更新日:2016/01/05 アジアの不動産情報, マレーシアの事情

AD

今年の2月にマレーシアのジョホールバルに行ってみました。シンガポールの中心部から地下鉄とバスを乗り継いでいくと、国境通過も含めて1時間程度で行けます。

物価や家賃の高いシンガポールを避けて、車でジョホールバルから通勤しているという人も多いそうですし、安く買い物ができるので、シンガポールから買い出しに行く人も多いと聞きます。

私はマレーシアレゴランドに行ってみたのですが、それ以外は正直いって見どころがあまりなく、なんというか、まだまだ洗練されていないなと感じました。

3か月、ビザランをすればマレーシアには半年ほど滞在できますので、短期滞在している日本人も多いとのことですが、自動車がないと生活は不便そうだとも思いましたね。

そんなジョホールバルですが、先日、プロジェクトが発表され、67億ドルがジョホールバルの再開発に投じられて、国際的なビジネス都市への転換を目指すとのことです。
$6.7b plan to turn area just after former Johor checkpoint into international business district

AD

ジョホールバルは、国際金融都市、東南アジアの経済の中心シンガポールに隣接しているという絶好の場所にあります。そのため、イスカンダル計画といって、重点的に投資されてきた地域です。

よく、シンガポールは香港と比較されますが、香港に隣接している深センのような発展をジョホールバルにも期待できるというところでしょう。

私が受けた感じですと、深センと比較したら、ジョホールバルはまだまだ開発の余地があるように思いますね。マレーシアはジョホールバルを第二のクアラルンプールにしたい意向とのことです。

今回重点的に開発がすすめられるのは、JB セントラル周辺地域とのことです。また、医療機関も整備されるとのこと。あわせて、多くのコンドミニアムが建設され、インターナショナルスクールやホテルの建設も促すとのことです。

私が行った感じでは、まだまだ、ジョホールバルはアジアの小都市という印象でしたが、あと10年もすればすっかり見違えているかもしれませんね。

AD

関連記事

6351568790_df5c64a502_z

FX、豪ドルレートにも影響する。中国経済が不調な5つの理由

近年、ずっと言われてきたことですが、2015年に入っていっそう、中国経済が低調です。2月には景気悪化

記事を読む

6227186855_7f529f6fbb_z

東南アジアの各国でスキミングしているマレーシア人ギャング

東南アジアの各国の銀行のATMで、キャッシュカードやクレジットカードをつかってお金をおろすときは、最

記事を読む

pirates

シンガポール、マレーシア、インドネシアで小型タンカーを狙った海賊が増加傾向

マレー半島の海域は原油の運搬がもっとも行われるルートですが、最近、小さなタンカーを狙った海賊が頻繁に

記事を読む

2335306375_0c442736cc_z

マレーシアへの旅行者、帰りのチケットの所持を義務化へ

マレーシア政府は、マレーシアを訪問するすべての外国人に、帰りの航空券と滞在に必要なお金の所持を義務付

記事を読む

3334338419_efdd8923f4_z

不景気でもオーストラリアが金利を下げるのが難しい理由

2015年に入って、オーストラリアは2回も利下げし、史上最低水準の金利となっていますが、景気見通しは

記事を読む

8023088986_5f1d9b029a_z

バンコクの不動産、コンドミニアム市場は不景気でも底堅い

タイは政変以来、景気が低迷し、特に輸出産業や観光産業は厳しい状況にあるのですが、その中でもバンコクの

記事を読む

inter1

マレーシアのインターナショナルスクール。親子留学入門

英語と国際感覚を小さいときから身につくようにと、日本の富裕層の中にはマレーシアに移住して親子留学する

記事を読む

2632651797_ddac991b62_z

マレーシアで人気のチョコレートドリンク、Milo(ミロ)の偽物が見つかる

ネスレのMilo(ミロ)は、私も子供のころよく飲んでいました。チョコレート味で、牛乳で割って冷やして

記事を読む

3385286238_d837efedc3_z

日本の新幹線がシンガポールーマレーシア間を走る日が来る?

日本では、新幹線に関するニュースといえば、北陸新幹線が開通したことでメディアをにぎわしていますね。

記事を読む

malaysia

マレーシアは入国時のエボラ出血熱の管理が甘い

私の住むベトナムはエボラ出血熱への管理体制を厳しくしておりますが、マレーシアでは入国時のエボラ出血熱

記事を読む

PAGE TOP ↑