ユスンホの演技が評価されつづける4つの理由

AD

ユスンホは、SBSで放送されるドラマ「リメンバー」で主演を務めることが発表されました。

彼の演技は非常に高い評価を得てきています。

なぜ、ユスンホの演技は評価されつづけるのでしょうか?
Four Reasons We Can’t Get Enough Of Yoo Seung Ho

1.ユスンホはいろいろな役柄をこなせる

ユスンホはあるドラマでは、かわいい系の男子、そして、あるときは正統派の演技を演じるなど、いろいろな役柄を演じることができます。

ドラマ「イマジナリーキャット」では、かわいい感じの男の子、そして、今回のドラマ「リメンバー」では正統派の演技をしており、彼の多才ぶりが明らかです。

2.ユスンホは19歳のときに兵役義務を終えており、これからどんどん活躍できる

イミンホやチチャンウクといった韓国のスターたちは、まもなく兵役義務につかなければならず、そのことを韓国ドラマの批評家はなげいていますが、ユスンホは19歳のときにすでに兵役義務を終えています。

ユスンホのファンになった人は、今後、彼が兵役で韓国の芸能界から姿を消すことを恐れなくていいのです。

キャスティングする側も、彼の兵役義務につくタイミングを気にする必要がないことも起用しやすい理由と言えます。

AD

3.子役から活躍する俳優となった

ユスンホは、子役としてデビューし、9歳のときからドラマに出演しています。彼のデビュー作は「おばあちゃんの家」でした。

この映画はヒット作となり、400万人の観客を集めた映画となっています。

4.「小さなソジソブ」というあだ名の通り、映画やドラマで活躍している

ユスンホは、映画でもドラマでも活躍している演技派の俳優です。

韓国の俳優が兵役義務につくのは30歳ごろが多いと聞いていましたが、19歳という若さで応じる人は珍しいですね。

人気が高いときに、兵役義務につかなくてはならない。ということがしばしばあり、俳優にとってもキャリアが中断されますし、ファンも悲しい思いをすることがあると聞いていますが、そのようなことがないのも、ユスンホが活躍する理由としては大きいように思います。

さて、U-NEXTは、韓流ドラマや映画をテレビやパソコン、タブレット、スマホで見られるビデオオンデマンドサービスで、韓流ドラマのラインナップでは日本最大級です。

今なら31日間、1か月も無料でお試し視聴できます。

AD

関連記事

koreanbeauty

韓国の有名美容ブログを書いているカリスマブロガーとはどんな人?

日本にもプロブロガー、カリスマブロガーと言われる人が増えてきました。 テレビにでてくるわけでも

記事を読む

14983403049_8e0641b7d7_z

パクソジュンについて5つの面白いこと

ドラマ「キルミーヒールミー」に出演したパクソジュンは、最近、脚光を浴びている韓国の俳優の一人です。

記事を読む

3102539834_b9a55533bd_z

ベトナムの消費市場をめぐる日本のイオンと韓国ロッテの対決

ベトナム人はどんどん豊かになっており、しかも人口構成が若いこと消費意欲も旺盛なことから、消費

記事を読む

exo

K-POPグループだけでなく、ドラマや映画出演も期待されるEXO

EXOは、2011年以来、目覚ましい活躍をしてきまし、K-POPグループではトップのアイドルグループ

記事を読む

2477507568_ff17502d97_z

ヨン様(ぺ・ヨンジュン)結婚!お相手のパク・スジンはどんな人?なれそめ。そして、それぞれの元彼、元彼女は?

日本で韓流スターといえば、真っ先に思い出すのがヨン様ことぺ・ヨンジュンではないでしょうか。 日

記事を読む

taiyo

韓国ドラマ「太陽の末裔」がつまらない理由

韓国のドラマ「太陽の末裔」は韓国国内では視聴率が30%を超え、アジア諸国でも大ヒットとなりました。

記事を読む

songjungi

ソンジュンギに彼女はいないの?恋愛のうわさ

ドラマ「太陽の末裔」が韓国、中国で空前の大ヒットとなっており、主演のソンジュンギの人気も再び上昇して

記事を読む

17893372871_40b3ff7f42_z

ハジウォンとイジヌク、ドラマ「君を愛した時間、7000日」で恋人役として共演

韓国のドラマ「君を愛した時間、7000日」は、キャストも決まり、台本読みも順調のようです。 台

記事を読む

tara

KPOP女性グループのデビュー時の裏話、ヒョリン、チョンヒョソン、ソユ、ヒョミン

日本のガールズバンドというと、最近はAKB48ばかりが目立ちますが、ドラマ「あまちゃん」でも描かれて

記事を読む

mosuquito

韓国でもジカ熱患者が見つかる

日本でも患者が見つかったジカ熱。最も流行しているのが南米のブラジルです。ジカ熱にかかると、特に妊婦の

記事を読む

PAGE TOP ↑