ワーキングプアが激増の韓国。日本人の若者は、就職やビジネスで韓国人の若者と競争することになる

公開日: : 英会話、アジア留学, 韓国の事情

AD

韓国の経済発展の歴史や経済構造は日本とよく似ています。

戦争のあと、財閥のもと、輸出産業中心に経済が発展し、今ではサムスン、LGといった電子産業や、ヒュンダイ、KIAといった自動車も世界的な自動車メーカーになりました。

ソニーやシャープから市場シェアを奪っていったテレビやスマートフォンは言うに及ばず、日本では目立ちませんが、東南アジアではヒュンダイやKIAの自動車はよく走っています。自動車も遅かれ早かれ市場シェアが奪われることになるでしょう。

韓国と日本の経済構造が違うとすれば、日本は1億2千万人という大きな人口を抱えていることから、国内市場が大きかったということがありますが、韓国は日本ほど国内市場が大きくなかったので、早くから国際展開しなければならなかったということでしょうか。

コンテンツという意味では、日本がアニメ、マンガで世界市場に展開しているのに対し、韓国はK-POPやドラマでアジア中心に展開しています。
芸能では韓国のもののほうが、日本よりも浸透しているように思いますね。

さて、日本と韓国の経済構造は似ていると書きましたが、それぞれの国で働くことはどうなのでしょうか。日本は、どんどん賃金が下がっており、ワーキングプアと言われる人も増えましたが、韓国にもワーキングプアが増えているのです。
Working hard and still poor

韓国人も高度成長時代は働けば働くほど豊かになり、そのため皆頑張り、国も発展してきました。

しかし、韓国でも日本と同様に格差社会に突入しており、お金持ちはますますお金持ちに、そうでない人はますます貧困にという社会になっているのです。

また、相続税も富裕層に有利な税制となっています。相続税は経済格差を縮小する役割があるのですが、韓国では機能していないという批判の対象になっています。

経済格差が拡大し、固定化するようですと、若者は結婚して子供を持とうとしなくなります。韓国もまた、日本と同様に少子高齢化が進んでいます。

そうなると、韓国の若者はどう考えるでしょうか。韓国にいてもワーキングプアですから、海外で働こうとする若者が増えるでしょう。

先ほども書きましたが、韓国は日本よりも海外、国際市場を意識して産業が発展してきました。

そのため、世界中に韓国人はいます。マレーシアやフィリピンの英語学校は彼らであふれています。海外で働くことは彼らにとって、日本人よりも身近に感じる人は多いのです。フィリピンには韓国人が作った英語学校がたくさんあります。

フィリピンの英語学校で勉強する韓国人の若者。安く留学できるとして人気があります。

韓国人も国内市場の成長は見込めないと考えている人が多いでしょうから、アジアの新興国で成長市場で働こうとする人が増えるでしょう。

日本も高齢化で、老人相手の介護の雇用は多くなるでしょうが、それ以外の仕事は国内だけでやっていけるという仕事はどんどん減っていくでしょう。

ですので、国内だけで仕事をするつもりだ。という方は、介護のような仕事しかなくなることを覚悟しなくてはなりません。

よく知られているように、介護は3Kで賃金も高くありません。

それがいやな方は、若いうちから海外で働くことを意識して仕事を探しましょう。

日本の企業社会では、転職できる年齢は35歳までです。若ければ若いほどいいです。

国内を相手にした仕事ばかりだという方は、そのキャリアの延長上には仕事がないかもしれませんよ。

AD

それが嫌な方は、海外で働けるチャンスを求めて機会を探すべきです。今やライバルは日本人だけでなく、韓国人も相手なのですから。

海外勤務したいという方が、相談すべきは、いろいろな転職支援会社のうち、求人案件も多く、海外のネットワークが豊富で情報も充実しているリクルートエージェントです。

サイトを見て、拠点一覧を見ていただければと思いますが、RGF中国や東南アジア全域に拠点をもっており、生の情報や求人情報が入っている体制が整っています。

意外な海外勤務のチャンスを教えてくれたり、そうでなくても海外勤務をしたいと伝えれば、情報に基づいた的確なアドバイスをしてくれるでしょう。相談だけなら無料ですから、情報収集もかねて行ってみましょう。

国内だけで仕事をしてきたような職歴の人でも、若い人なら歓迎してもらえます。海外勤務のチャンスは多いのです。

なぜなら、日本の商品やサービスを海外にもっていく仕事が多いのですから、語学力よりも、職務で身についた経験のほうが歓迎されるのです。語学はできたほうがいい。という程度にすぎません。

彼らも商売ですから、転職しやすい若い方に相談に来てもらえる方は大歓迎なのです。逆に35歳以上の人は門前払いされることも珍しくありません。

海外で仕事をする場合、直接海外に行って、現地のエージェントにあたり、現地採用という方法もありますが、あまりおすすめしません。

退職金や厚生年金を考えたら、日本で採用されて、駐在員扱いで転職したほうが待遇的に圧倒的にいいからです。

日本では主任や係長クラスでも、海外拠点なら副社長とか、そういったポジションで採用されることも珍しくないです。

一度海外勤務をしてしまえば、外国でのビジネスについて肌感覚がつきます。そうなれば、海外での転職もしやすくなりますし、海外での生活も慣れて、老後の海外生活というのも抵抗はなくなるでしょう。

繰り返しますが、現在の20代、30代の方は、よほどのお金もちでなければ、社会保障費・税金による貧困老人化まっしぐらです。

年を取ってからはじめて海外で生活するのは大変です。経験、慣れが大きいです。適応力のある若いうちに海外生活を経験しておくことは今後の人生で計り知れない財産となるでしょう。

人生設計、キャリアプランに海外生活を組み入れ、少なくとも日本よりは余裕のある老後を海外で送る準備をしていくことをおすすめします。

リクルートエージェント

AD

関連記事

3591303912_abd74dede6_o

韓国の人気俳優イ・ミンホの新しい彼女ぺ・スジの7つの秘密

花より男子に出演し、日本でも有名な韓国の俳優、イ・ミンホが韓国のアイドルグループMiss Aのスジが

記事を読む

depression

日本と同じように、韓国でも「失われた20年」となるか。

日本はバブル崩壊以降、小泉改革をしても、民主党に政権が代わっても、そしてアベノミクスが実行されても、

記事を読む

sonhegyo

韓国ドラマでソンへギョとお似合いカップルだった共演俳優たち、カンドンウォン、チョインソン、ヒョンビン

韓国や中国、東南アジア諸国で大ヒットとなった「太陽の末裔」。ソンジュンギとソンヘギョによる戦場での愛

記事を読む

4288077414_768cace844_z

大学の質が落ちつつあるオーストラリア。それでも留学する?

物価が高いので、最近は敬遠されているオーストラリアですが、日本人の中には、オーストラリアの広大な自然

記事を読む

yoonshiwoon

2016年、兵役から除隊し、復帰する韓国の芸能人、韓流スターはだれ?

韓国には兵役義務というものがあり、男性は35歳までに2年間、軍に入隊しなくてはなりません。 多

記事を読む

15792315445_85f8da2c8f_z

ホーチミンの英会話学校のレビュー

9月から11月末まで、3か月ほどホーチミン市の英会話学校に通いました。その感想を書こうと思います。

記事を読む

いあんふ

従軍慰安婦問題に関する日本と韓国合意。国内で批判にさらされる韓国政府とパククネ大統領

日本は、第二次大戦中の従軍慰安婦についての責任をみとめ、10億円を基金として支払うことで韓国政府と合

記事を読む

chan

韓国ドラマ「華やかな誘惑」で共演したチュサンウクとチャイエリョンがつきあっていると交際宣言

韓国ドラマ「華やかな誘惑」で共演した、チュサンウクとチャイエリョンが交際していることを認めました。

記事を読む

korea

チェシウォンとチャンミンが兵役義務へ。来年兵役に行くのは87年生まれのイミンホ、イスンギ、チュウォン他と予想

日本人にはわかりにくい感覚ですが、アジア諸国の若い男性にとって、軍に入隊するということが義務である国

記事を読む

975860064_619da37a77_z

2015年の韓国芸能界のスキャンダル、ゴシップ(2015年4月時点)

芸能界にはスキャンダルがつきものですが、これは日本だけでなく、韓国も同様です。2015年はまだ3ヶ月

記事を読む

PAGE TOP ↑