ワーキングプアが激増の韓国。日本人の若者は、就職やビジネスで韓国人の若者と競争することになる

公開日: : 英会話、アジア留学, 韓国の事情

AD

韓国の経済発展の歴史や経済構造は日本とよく似ています。

戦争のあと、財閥のもと、輸出産業中心に経済が発展し、今ではサムスン、LGといった電子産業や、ヒュンダイ、KIAといった自動車も世界的な自動車メーカーになりました。

ソニーやシャープから市場シェアを奪っていったテレビやスマートフォンは言うに及ばず、日本では目立ちませんが、東南アジアではヒュンダイやKIAの自動車はよく走っています。自動車も遅かれ早かれ市場シェアが奪われることになるでしょう。

韓国と日本の経済構造が違うとすれば、日本は1億2千万人という大きな人口を抱えていることから、国内市場が大きかったということがありますが、韓国は日本ほど国内市場が大きくなかったので、早くから国際展開しなければならなかったということでしょうか。

コンテンツという意味では、日本がアニメ、マンガで世界市場に展開しているのに対し、韓国はK-POPやドラマでアジア中心に展開しています。
芸能では韓国のもののほうが、日本よりも浸透しているように思いますね。

さて、日本と韓国の経済構造は似ていると書きましたが、それぞれの国で働くことはどうなのでしょうか。日本は、どんどん賃金が下がっており、ワーキングプアと言われる人も増えましたが、韓国にもワーキングプアが増えているのです。
Working hard and still poor

韓国人も高度成長時代は働けば働くほど豊かになり、そのため皆頑張り、国も発展してきました。

しかし、韓国でも日本と同様に格差社会に突入しており、お金持ちはますますお金持ちに、そうでない人はますます貧困にという社会になっているのです。

また、相続税も富裕層に有利な税制となっています。相続税は経済格差を縮小する役割があるのですが、韓国では機能していないという批判の対象になっています。

経済格差が拡大し、固定化するようですと、若者は結婚して子供を持とうとしなくなります。韓国もまた、日本と同様に少子高齢化が進んでいます。

そうなると、韓国の若者はどう考えるでしょうか。韓国にいてもワーキングプアですから、海外で働こうとする若者が増えるでしょう。

先ほども書きましたが、韓国は日本よりも海外、国際市場を意識して産業が発展してきました。

そのため、世界中に韓国人はいます。マレーシアやフィリピンの英語学校は彼らであふれています。海外で働くことは彼らにとって、日本人よりも身近に感じる人は多いのです。フィリピンには韓国人が作った英語学校がたくさんあります。

フィリピンの英語学校で勉強する韓国人の若者。安く留学できるとして人気があります。

韓国人も国内市場の成長は見込めないと考えている人が多いでしょうから、アジアの新興国で成長市場で働こうとする人が増えるでしょう。

日本も高齢化で、老人相手の介護の雇用は多くなるでしょうが、それ以外の仕事は国内だけでやっていけるという仕事はどんどん減っていくでしょう。

ですので、国内だけで仕事をするつもりだ。という方は、介護のような仕事しかなくなることを覚悟しなくてはなりません。

よく知られているように、介護は3Kで賃金も高くありません。

それがいやな方は、若いうちから海外で働くことを意識して仕事を探しましょう。

日本の企業社会では、転職できる年齢は35歳までです。若ければ若いほどいいです。

国内を相手にした仕事ばかりだという方は、そのキャリアの延長上には仕事がないかもしれませんよ。

AD

それが嫌な方は、海外で働けるチャンスを求めて機会を探すべきです。今やライバルは日本人だけでなく、韓国人も相手なのですから。

海外勤務したいという方が、相談すべきは、いろいろな転職支援会社のうち、求人案件も多く、海外のネットワークが豊富で情報も充実しているリクルートエージェントです。

サイトを見て、拠点一覧を見ていただければと思いますが、RGF中国や東南アジア全域に拠点をもっており、生の情報や求人情報が入っている体制が整っています。

意外な海外勤務のチャンスを教えてくれたり、そうでなくても海外勤務をしたいと伝えれば、情報に基づいた的確なアドバイスをしてくれるでしょう。相談だけなら無料ですから、情報収集もかねて行ってみましょう。

国内だけで仕事をしてきたような職歴の人でも、若い人なら歓迎してもらえます。海外勤務のチャンスは多いのです。

なぜなら、日本の商品やサービスを海外にもっていく仕事が多いのですから、語学力よりも、職務で身についた経験のほうが歓迎されるのです。語学はできたほうがいい。という程度にすぎません。

彼らも商売ですから、転職しやすい若い方に相談に来てもらえる方は大歓迎なのです。逆に35歳以上の人は門前払いされることも珍しくありません。

海外で仕事をする場合、直接海外に行って、現地のエージェントにあたり、現地採用という方法もありますが、あまりおすすめしません。

退職金や厚生年金を考えたら、日本で採用されて、駐在員扱いで転職したほうが待遇的に圧倒的にいいからです。

日本では主任や係長クラスでも、海外拠点なら副社長とか、そういったポジションで採用されることも珍しくないです。

一度海外勤務をしてしまえば、外国でのビジネスについて肌感覚がつきます。そうなれば、海外での転職もしやすくなりますし、海外での生活も慣れて、老後の海外生活というのも抵抗はなくなるでしょう。

繰り返しますが、現在の20代、30代の方は、よほどのお金もちでなければ、社会保障費・税金による貧困老人化まっしぐらです。

年を取ってからはじめて海外で生活するのは大変です。経験、慣れが大きいです。適応力のある若いうちに海外生活を経験しておくことは今後の人生で計り知れない財産となるでしょう。

人生設計、キャリアプランに海外生活を組み入れ、少なくとも日本よりは余裕のある老後を海外で送る準備をしていくことをおすすめします。

リクルートエージェント

AD

関連記事

8505410173_12d1f11491_z

韓国、従軍慰安婦問題について、初めて国連の女性人権委員会で問題提起

韓国政府は、初めて国連の女性人権委員会で、従軍慰安婦問題に関する問題提起を行い、日本への圧力を強めて

記事を読む

15523037524_189a8b0007_z

海外で活躍できる国際的人材を目指す大学選び。年収500万円世帯、偏差値55の生徒におすすめの大学は?

まもなく、大学受験シーズンですね。志望校をどこにするか、悩んでいる高校生や浪人生の方もいるのではない

記事を読む

350228625_5c7059748c_z

キムヘソン、交通事故で入院中

2009年から2010年にかけて放映されたドラマ「明日に向かってハイキック」で人気となった、キムヘソ

記事を読む

3590495417_3170691c30_o

イミンホ、誕生日を自ら作詞した歌で祝う

イミンホは年収⒑億ドルを稼ぎ出す韓国の人気俳優です。韓国はもちろん、日本や中国でも人気がありますし、

記事を読む

5811803897_027670c306_z

美容整形手術をしたと告白したKPOPスターたち、グァンヒ、ミンジ、ヒョミン、ヒチョル、ミリョ

韓国は美容整形をひとつの売りとして観光客を集めています。 KPOPスターや韓流ドラマに出てくる

記事を読む

5604270382_9b826dee67_z

韓国でのお金に関するマナー

日本でもそうですが、お金の渡し方やお金の使い方のエチケットは気にする人は多いです。儒教文化の強い韓国

記事を読む

14385502028_9d81d0f210_z

ユイ、ドラマ「上流社会」ではソンジュンを愛しているが、実生活ではZE;Aのファングァンヒと付き合っているのか?

ドラマ「上流社会」は韓国では人気になっており、主演のユイは、ソンジュンとZE:Aのパクヒョンシクが演

記事を読む

3354314593_1c22d8c1e6_o

イ・ミンホとその彼女ぺ・スジはいくら稼いでいるか

人気韓流スター同士のカップルであるイ・ミンホとぺ・スジ。いったい彼らはどれくらい稼いでいるのでしょう

記事を読む

ご

コヒョンジュン、チョインソンとの交際を否定し、謝罪

韓国の女優、コヒョンジュンは、チョインソンとの交際のうわさがたったことについて、それを否定し、そのよ

記事を読む

11862482075_5744ff0665_z

“持ってない女”韓国パク・クネ大統領のジンクスは今回も生きていた

韓国のパク・クネ大統領は、国民の低支持率に苦しんでいます。相次ぐ政治スキャンダル、税と社会保険に関す

記事を読む

PAGE TOP ↑