正社員も簡単にクビになる時代到来。解雇が金銭でできる法律が成立間近。リストラを避ける方法は海外で働く経験をすること

AD

海外にいるので日本の新聞やテレビは見ていません。ですので、実は日本では結構大騒ぎになっているのかもしれませんが、ネットを見る限り下のニュースはあまりニュースになっていないですね。
カネさえ払えばクビにできる法律が成立間近 焦点は金額基準の策定

これは企業側からすると長年の悲願だったとのことです。仕事ができない、雇用しているだけで赤字という社員は、企業側からするとリストラしたいのですが、日本は解雇要件が非常に厳しく、なかなかできませんでした。

しかし、金銭さえ払えば、正社員の解雇も可能になるように、労働関連法規を改正する審議が進んでいるとのことです。

「ホワイトカラーエグゼンプション」という法案を耳にされた方もいるのではないでしょうか。以前、同じような趣旨の法律改正が検討されたのですが、世論の猛反発があって結局見送られたのですが、再び、検討されているようですね。

企業からすると、正社員として雇用すると、なかなかクビにはできないですし、社会保険関連費用も高い。たとえば厚生年金は、企業側も保険料の半分を負担しなくてはなりません。

ですから、正社員を雇うのは企業にとってもリスクがあります。仕事ができない人、会社に利益をもたらさない人ばかり採用することになると、会社がつぶれてしまいます。

以前のように、日本の経済が強かった時代は、そのような仕事ができない人も、なんらかのポジションを作り、そこで余剰人員を吸収してきました。

しかし、昨今のように低成長時代になると、企業にはその余裕はありません。給料に見合う以上の仕事をしてくれる社員しか抱えておけないのです。

これまでは、解雇要件が厳しかったので、やめさせたい社員にどのように対応してきたかというと、割増退職金を支払うので、希望退職者を募るということをしてきました。

しかし、やめさせたい社員をリストアップし、脅したりすかしたりしてやめさせてきたというのが実際のところでしょう。

これは大企業でもとられてきた手法で、ソニーなどは悪名高きリストラ部屋を作って、仕事をあたえないようにして、心理的なストレスを与えてやめさせるということをしてきたのです。

このことがしばしば社会問題化し、企業も従業員から訴えられるというようなリスクもあったのですが、今後はお金を払えば解雇できるようになるので、そのようなリスクも回避できます。

従業員側からすると、解雇されるリスクが高まり、歓迎できない法律のようですが、必ずしもそうではありません。企業としては柔軟に採用できるようになるので、採用のハードルも下がるでしょう。これまで能力があるのにタイミングの問題で、就職できなかったような人にもチャンスが増えるでしょう。転職も簡単になるでしょう。

しかし、一層実力主義的になるのは間違いありません。他の会社にうつっても活躍できる実力を備えておかなければならないということです。

そのためにはどうしたらいいのでしょうか?

AD

そもそも、日本の構造的な問題として、今後も少子高齢化はすすみ、日本国内のビジネスの機会、すなわち雇用の機会は減少していきます。

日本だけでしか通用しない能力というのは、座る椅子がどんどん減る椅子取りゲームに参加するようなものです。

ですので、もしリストラされたり、クビになっても採用されやすくなる実力をつけたり、雇用の機会を得るためには、やはり、成長著しい海外でのビジネス経験や外国人との人脈があるか。ということでしょう。

経済成長している東南アジアのような新興国では、仕事の機会がも増え、椅子がどんどん増えていきますからね。

ただ、若い人ほど転職しやすいという事情はしばらくは変わらないでしょうから、若い人は海外でのビジネス経験を身に着けられる職場で経験をつむことを考えるべきでしょう。

ですので、海外でのビジネス経験を与えてくれるような会社に転職すべきです。そのためには、人材紹介会社に登録して情報だけでも収集しておくべきでしょう。

20代、30代の方で、海外相手の仕事につきそうにない人は、早めにそのような職務経験がつめそうな仕事を求めましょう。社内の異動で難しそうならば、転職するということも視野にいれるべきです。

海外で働くなんてハードルが高そう。と思う方もいるかもしれませんが、国にもよりますが、少なくとも東南アジア諸国なら全然そんなことはありません。

海外なんていったことがない。という人はまずはベトナムやタイあたりに行ってみてはいかがでしょうか。中国でもいいですね。
日本からもそんなに遠くありませんし、思っていたよりも快適に過ごせることに驚くでしょう。

発展の遅れているラオスとかカンボジアあたりはちょっと大変かもしれませんが、女性ひとりでカンボジアに単身でやってきて活躍しているような人もいます。

語学がネックになりそう。というような理由で尻込みする方もいるかもしれませんが、若ければ、語学不問でも転職しやすいです。

それに海外で仕事をすれば、自然に英語を話す機会が増え、上達も早いです。ですので英語を恐れる必要はありません。まあ、事前に勉強はしておいたほうがいいですが。。

海外での就業機会を求めるなら、やはり海外のネットワークが豊富にあり、求人案件も情報も充実しているリクルートエージェントへの相談がお勧めです。相談だけなら無料ですので、情報収集がてら相談に行ってみてはいかがでしょうか。

大事なことは、自分で無理と決めつけないことです。思わぬ仕事を紹介してもらえるかもしれません。

日本のサービスがどんどん移転している最中ですから、言葉の問題よりも、業務での経験が少しでもあることが重要なのです。

20代、30代のキャリアプランについては下の記事も参考になればと思います。
20代、30代は貧困老人になりたくなければ老後の海外移住をみすえた人生設計、海外勤務のキャリアプランを作ろう

AD

関連記事

ryuugaku

子どもを非正規社員、フリーターにしないための教育。海外で働くことを見据えて

私は結婚もしていませんし、子供もいませんが、10歳くらいの子供がいてもおかしくない年齢です。もし、い

記事を読む

9280654938_3bacbb786d_z

橋下市長が敗北した大阪都構想選挙と貧困女子問題。若者は老人の食い物にされることが確定した日本社会。搾取されるのが嫌なら若いうちからアジアで働こう

この記事は20代から30代程度の人で、正社員ではなく、非正規社員や仕事に恵まれないと感じている人向け

記事を読む

10086937594_849a129bbe_z

東芝の人員削減は明日の我が身か。中高年でリストラされないように、海外人脈、外国人とコネを作ろう

東芝が過去最大の5000億円以上の赤字を出し、約7800人の人員削減を行うと発表しました。 家

記事を読む

15587547388_7a517e5175_z

東芝で大リストラ!大企業でも安泰じゃない。失業リスクの回避には海外で働く可能性を考えておくこと

粉飾決算をしていたことが明らかになった東芝が、リストラするという報道がありました。 東芝リストラ数

記事を読む

424608164_df3f899af4_z

東南アジアで海外ノマド、起業するならITエンジニアが最も近道

企業に就職しても、組織になじめない、人間関係がうっとうしいなど組織で働くことが嫌いという方も多いでし

記事を読む

7591432502_2c3cb90cf4_z

国内の場合と比較した海外インターンシップのメリット

インターンシップというと、国内企業でのインターンシップに参加する方がほとんどでしょうが、就職活動で、

記事を読む

14049860293_92858235db_z

2016年7月からオーストラリアにワーキングホリデー(ワーホリ)税が導入される

オーストラリアは物価は高いですが、給与も高いです。 そのため、旅行をしたり、英語を勉強しながら

記事を読む

Bangkok

無職無能の40おとこがタイで就職活動してみれば

30半ばで仕事をやめ、しばらくふらふらしていたのですが、お金がなくなってきたので、40間近になって再

記事を読む

5015629133_c8fb6ee890_z

海外インターンシップが失敗する8つの原因

アベノミクスのおかげか、最近は新卒の就職活動もここ数年よりはいい状況のようですが、そうはいっても、企

記事を読む

888310183_e938f57caa_z

派遣、フリーター、非正規社員はアジアで働くことを考えてみては❓今後も正社員になるのは難しいですよ

ヤフーニュースを見ていたら、次のニュースが目につきました。 非正規労働者数が初の2千万人突破…女性

記事を読む

PAGE TOP ↑