東南アジアの通貨価値は、90年代後半アジア通貨危機以来の水準

公開日: : 最終更新日:2015/10/13 お金に関すること, マレーシアの事情

AD

アメリカの利上げ予想と、中国の通貨、人民元の切り下げにより、東南アジア各国の通貨は叩き売られています。

ひどい状況なのはマレーシアリンギット。ということですが、私の住むベトナムの通貨、ベトナムドンもまた売られていますね。今回の四半期は、東南アジアの通貨への投資家は、17年ぶりに悪いパフォーマンスとのことです。
Asian currencies set for worst quarter in 17 years

東南アジアは1997年と98年にアジア通貨危機といわれる経済危機に見舞われましたが、東南アジアの通貨価値を示す指数は、2015年7-9月の四半期は4.2%下落し、17年前のアジア通貨危機以来の数字となっています。

その中で、もっとも価値の下落が激しいのがマレーシアリンギットで、15%下落しています。マレーシアの主要輸出品である石油価格が下落しているのと、ナジブ首相がスキャンダルに巻き込まれているからです。

外部要因としては、アメリカの中央銀行、FEDのイエレン議長が、改めて今年中に金利を引き上げると表明していますし、中国経済の不振も依然として大きいです。

市場関係者は、当面、東南アジア通貨が上昇する様子は見えず、ボラティリティも高まると予測しているようです。

AD

中国の経済不振と通貨切り下げは、他のアジア諸国にとって、輸出が減少することになります。中国だけでなく、台湾やインドも金利の引き下げに踏み切りました。

この四半期で、インドネシアルピアは9.1%、タイバーツは7.1%、台湾ドルは6%下落しています。

中国からは巨額の資本が流出していますが、中国だけでなく、他のアジア諸国からも資本が流出しています。

今回、アジア地域をおそっている通貨の下落は、90年代後半のアジア通貨危機時よりも経済体質は強固になっているにもかかわらず起こっています。90年代後半よりも、アジア各国では外貨準備が多く、レートはフレキシブルに調整され、そしてドル建ての債務も少なくなっています。

アジア開発銀行も、2015年の経済予測で、東南アジア地域の成長率を当初の6.3%から5.8%に引き下げました。

中国経済の不振とアメリカへの資本流出は当面続くでしょうが、逆に言うと、現在は東南アジア地域を安く旅行できるチャンスだということにもなりますね。

日本円も以前に比べれば円安になっていますので、あまりお得感はないかもしれませんが、アメリカやユーロ圏に行くよりは、旅行しやすいことは間違いないでしょう。

AD

関連記事

Jpeg

ジョホールバルのレゴランドマレーシアに行ってきた

マレーシア、ジョホールバルの最大の見どころといっていいでしょう、レゴランド・マレーシアに行ってきまし

記事を読む

salary

韓国人の給料事情

日本では、消費税を10%にあげるのか、あげないのかということが話題になっていますね。 民主党政

記事を読む

Jpeg

HSBC香港で口座開設など事務手続きをするときに気をつけたいこと

  何度かHSBC香港には行ったのですが、そのつど利用した支店はちがいます。

記事を読む

3518864178_e8e8833d14_z

オーストラリアの物価が高い理由

最近は以前ほどではなくなりましたが、FXをやっている人は豪ドルは高いスワップポイントをもらえる通貨で

記事を読む

4603746261_ce87026a46_z

K-POPのB1A4、マレーシアでイスラムの戒律を破りひんしゅくを買う

韓国のK-POPは東南アジアで大人気で、マレーシアでもそのようですが、男性グループのB1A4がクアラ

記事を読む

moneycarry

ベトナムにお金を持っていく方法と英語表示のATMの使い方

観光地としてはあまりメジャーとはいえないベトナムですし、日本で報道されることも多くはない国ですの

記事を読む

2054297257_5084bb782e_z

東南アジアのビジネスの中心になるか?マレーシア、ジョホールバルの投資計画

今年の2月にマレーシアのジョホールバルに行ってみました。シンガポールの中心部から地下鉄とバスを乗り継

記事を読む

14791418627_3b4284975f_z

イスラム国(ISIS,ISIL)のテロリストが偽造パスポートを使って入国しているマレーシア

マレーシアはイスラム教国家の中では、先進国として知られ、イスラム教の国から多くの人がやってきます。

記事を読む

1951507675_8cb334a32c_o

円安が心配なら米ドル買いではなく香港ドル買いをおすすめする理由

米ドル高円安が進んでいますね。いずれにせよ今年中にアメリカは利上げし、日銀はしばらく金融緩和を続ける

記事を読む

HSBC

英語ができない人にはHSBC香港がおすすめできない理由

私はHSBC香港の銀行口座をもっています。 海外で生活しているときに、いざというときにお金をお

記事を読む

PAGE TOP ↑