TPP合意がタイ、ベトナムへ与える影響

公開日: : 最終更新日:2015/10/07 タイの事情, ベトナムの事情

AD

太平洋に接する諸国間の貿易協定、TPPが、大筋合意されました。今後、各国の議会で批准されて、正式に発効されることになります。

TPPの参加国は、アメリカ、日本、カナダ、メキシコ、カナダ、ペルー、チリ、オーストラリア、ニュージーランド、ベトナム、マレーシア、シンガポールです。

参加国のGDPの合計は世界の40%を占め、歴史上最大の自由貿易圏が誕生することになります。今後、各国では参加国間の貿易については原則として関税はゼロ、そのほかの非関税障壁も減らしていくことになります。

アジアでは日本、ベトナム、マレーシア、シンガポールが参加しています。

今回のTPP合意は、参加国はもちろん、参加していない国にも大きな影響を与えることになると思いますが、参加国のベトナムと、参加していないタイにもたらす影響はなんでしょうか。

TPP参加国のベトナムへの影響
Vietnam hails Trans-Pacific Partnership agreement

ベトナムは、今回のTPP参加国ではもっともGDPが小さい国ですが、その分、もっとも恩恵が大きい国とされています。

とりわけ、恩恵が大きいのが、アパレル産業です。ユニクロやH&Mなど、有力なファストファッションがベトナムやバングラデシュなど、低賃金かつ技術のある労働者をもとめて工場を建設しておりますが、TPPに参加したベトナムで洋服を製造すれば、アメリカや日本といった大きな市場に、関税ゼロで輸出することができます。

最大のアパレル産業の集積国だった中国から、これからはベトナムに工場を移してくるアパレル産業が増えることが期待されています。

また、TPP参加国内では、非関税障壁の撤廃など取引に関するルールも共通ですので、ベトナムはそれに合わせて国内の制度を整備しなくてはならず、これもベトナムの経済成長に貢献することになるでしょう。

AD

そのため、2025年までに、TPPによる輸出の伸長で、GDPは3070億ドルまで成長することが期待されます。

TPPに参加していないタイへの影響

一方、不参加国のタイもまた、間接的に影響を受けることになります。どのような影響を受けるのでしょうか。
12 Pacific nations agree to historic TPP trade accord

タイは世界でも有数のコメ輸出国ですが、今回のTPPでは、アメリカに日本へのコメ輸出の非関税枠が与えられました。アメリカは世界5位のコメ輸出国です。この非課税枠により、アメリカのコメ輸出量がふえ、その分タイの日本へのコメ輸出量が減るかもしれません。

タイの主力産業である自動車産業にも影響があるでしょう。アメリカは、自動車と自動車部品についての関税を今後減らしていくことになります。日本からの輸入が増えるとすれば、相対的にタイのシェアが減る可能性があるのです。

今回のTPPは、中国や韓国は参加しておらず、東南アジアでは参加する国と参加していない国にわかれました。

TPPの狙いは、アメリカによる中国封じ込めとも言われています。AIIBに参加していない日本とアメリカ主導で行われています。中国とアメリカの両方をにらまなくてはならない東南アジア諸国にとっては、TPPに参加するかしないかは難しい判断だったことでしょう。

日本にとっては、ベトナムやシンガポール、マレーシアといった、石油タンカー航路に重要な国が参加していることが心強いことですね。

一方、中華経済圏、非中華経済圏のような線引きは、ブロック経済化ともいえなくもありません。ブロック経済化が世界大戦を招いたという歴史もありますので、注意深くやってもらいたいところです。

AD

関連記事

2315542950_b14ffcf847_z

ベトナムは不景気でも広告ビジネスは好調、主役は外資系

  消費がけして好調とはいえないベトナムですが、それにもかかわらず広告業は好

記事を読む

5406876644_d4afcbef8c_z

ベトナムにもニッパチはある。しかし不動産会社は強気

ニッパチとは、日本の小売業界でもよくつかわれる言葉で、2月と8月のことを指します。この2つの月は

記事を読む

vincom

ベトナムの消費実態を知りたかったらビンコムセンターに行きましょう

日本の小売業がベトナムに進出するとしたら、実態調査のためにおそらくビンコムセンターには必ずい

記事を読む

3091779353_c960cab108_z

アジア新興国ベトナム労働者の技術水準・レベルと必要とされる管理職

私はベトナム人の同僚と働いていますが、とても優秀なことに驚いています。非常にまじめですし、語学にも堪

記事を読む

vincom center

ベトナムETFに組み入れられる銘柄

    ベトナム初のETF(上場投資信託)が2014年9月に上場することになりまし

記事を読む

electronics vietnam

ベトナムの電器屋さんはお客さんに不親切?

ベトナムは9千万人の人口を抱え、人々の所得は増えており、電気機器メーカーにとっては魅力的な市

記事を読む

5132225853_d07d86a62b_z

ベトナム・ハノイの物流の悪さ

    ベトナムの経済の弱点は、不良債権問題ともうひとつ、物流事情の悪さです。

記事を読む

14810664578_35ce89e6d8_z

タイ、エボラ出血熱への対応に自信

タイの疾病管理の担当局であるDDCは、タイでのエボラ出血熱に対する備えは万全だと自信を持っています。

記事を読む

7518554984_10b5d8afd2_z

ベトナムで、すべきこと、してはいけないこと

私もベトナムのホーチミンで暮らして早いもので1年。旅行や短期滞在も含めると1年半くらいでしょうか。

記事を読む

13743527513_82e7388950_z

ベトナム女性が太らない、スタイルがいい理由

私はベトナム、ホーチミンでの暮らしを大変気に入っています。 ビザの問題さえクリアできれば老後も

記事を読む

PAGE TOP ↑