タイのマーズ(MERS)の状況

公開日: : アジアの病気・事故, タイの事情

AD

韓国で何人もの死者が出ているマーズ(MERS)ですが、タイでも6月18日に患者がひとり見つかっています。

タイで見つかったマーズの患者は、オマーンからのビジネスマンで75歳の男性でした。この人に接触した人は176名との発表がありました。

ところが、この患者に接触した人のうち82名はまだ見つかっていないとのことです。マーズは接触した人にうつるということですし、韓国では患者と同じ病室にいた人がうつっていますから、懸念されますね。

しかし、タイの保健担当大臣によると、この82名がマーズに感染している可能性は低いと判断しているとのことです。

タイで見つかったマーズ患者と彼と接触した彼の3名の家族は、病院で手当てを受けています。マーズの患者は快方に向かっており、彼の家族も、マーズの兆候は確認されていないとのことです。

タイでは、国境でのチェック体制を強化するために、マレーシアとの陸路の国境にも、スクリーニングの装置を設置しておりますし、スワンナプーナム空港においては、体温測定装置を設置して、入国してくる人の検査体制を強めています。

AD

韓国では観光客が激減しており、タイでも観光への影響が懸念されますが、タイの観光担当大臣は、観光客の減少にはつながらないだろうと楽観視しています。

タイではマーズ患者が見つかっていらい、あちこちで患者が見つかったとか、あるエリアが危ないというようなうわさが、インターネットのソーシャルメディア上で流れています。

しかし、タイの当局は正確な情報を得るためにも疾病管理のホットラインのソーシャルメディアを確認するようにと促しています。

タイでは、一時、韓国からきた女性が、マーズの疑いがあるとして検査入院をしていましたが、その後、マーズに罹患していないことが確認され、解放されています。

昨年はエボラ出血熱で大騒ぎになり、ようやく終息したかと思ったのですが、今度はマーズですか。

同じインドシナ半島のベトナムに暮らす私としては、ひとごとではありません。状況については情報収集につとめようと思います。

AD

関連記事

16441548932_12cae55e99_z

台湾トランスアジア航空機事故、生存者のとった行動

最近、本当にアジアで飛行機事故が多くて、旅行好きで2月中旬からベトナムからインドネシアに旅行に行く予

記事を読む

9869525383_6e02d3a411_z

クアラルンプール国際空港の指紋採取はエボラの拡散につながるのではと懸念

クアラルンプール国際空港をたびたび利用する人から、同空港にある指紋採取装置は、エボラ出血熱の拡散につ

記事を読む

2077087974_31e5d77acc_o

フィリピン、2014年末には新規エイズ患者が年間30000人に

私の住むベトナムは、国全体が非常にまじめというか、男性向けの娯楽があまり発達していません。見つかると

記事を読む

14712328138_a102bed2c1_z

シンガポール、エボラ出血熱の対策は万全

シンガポール当局は、エボラ出血熱は、危険度は高いが、シンガポール国内に蔓延するリスクはSARSよりも

記事を読む

533690702_8d52d7db3f_z

海外移住先国としてタイの人気度は?

私は将来はタイに移住して生活したいと思っているのですが、タイに対する海外移住者の人気度はどうなのでし

記事を読む

3240653349_1f527920e8_z

デング熱。ベトナムの状況

デング熱を発症したという人が日本で見つかり、代々木公園が一時閉鎖されるなど大騒ぎになっている

記事を読む

15708371341_befcac7d9e_z

WHO、エボラ収束を目指しアフリカで120の治療法を試すがまだ効果はなし

WHOは、エボラ出血熱の収束を目指して、120の治療法をエボラ出血熱の患者に試すことを開始したと発表

記事を読む

14397340702_e8107a5b18_z

エボラ出血熱流行国からベトナムに毎日10人ほどやってくる

ベトナムは8月15日から、エボラ出血熱の流行国である西アフリカ諸国からの訪問者に対して対応を

記事を読む

Original Title: AA_0099sRGB.tif

バリ島やタイは大丈夫?東南アジアのジカ熱の状況

WHOがジカ熱について、非常事態宣言を出しました。 この病気はジカウイルスを持つ蚊にさされるこ

記事を読む

14864042256_fe5c8f0145_z

エボラ流行国からの入国禁止ができない理由

日本では、エボラ出血熱と疑われた人が今月に入って3名見つかり、結果的に全員陰性でしたが、管理体制の甘

記事を読む

PAGE TOP ↑