CNBLUEのジョンヨンファの人気がある5つの理由

公開日: : 最終更新日:2015/07/09 アジアのエンタメ、スポーツ, 韓国の事情

AD

6月22日は、CNBLUEのリーダー、ジョンヨンファの誕生日でした。

CNBLUEの中でも、ジョンヨンファの人気は高いですが、なぜ、彼は人気があるのでしょう。

5つの理由が考えられます。
5 Reasons To Love CNBLUE’s Lead Singer Jung Yong Hwa

1.ジョンヨンファはマルチな才能のあるタレントである

ジョンヨンファは歌が歌えるだけではありません。CNBLUEの他のメンバーは、彼がギターやピアノも上手なことを知っています。

しかし、それだけではなく、ヨンファはクラリネット、ドラム、リコーダー、そしてシンセサイザーも弾くことができます。

リコーダーについては、口だけでなく、鼻でも弾くことができるのです。

2.ジョンヨンファの俳優としての演技

ジョンヨンファは、パクシネの有名なドラマ「イケメンですね」で俳優としてのキャリアをスタートしました。

イケメンですね

その後も数々のドラマに出演しています。

AD

3.ジョンヨンファは韓国の国外でも人気

ジョンヨンファとCNBLUEは、韓国の国内はもちろん、国外、特に日本で人気です。

彼らの曲「Radio」は、日本でリリースされました。

また、シンガポールの中国系歌手、JJLinとは、友情もあって共演しています。

4.ジョンヨンファは編曲者としても才能を発揮している

ジョンヨンファは、楽器や歌だけでなく、編曲者としても才能を発揮しています。

2009年のデビュー以来、彼はCNBLUEやソロで歌うときの曲の編曲に携わっており、どの曲でもクレジットで彼の名前を見つけることができます。

5.ジョンヨンファのほほえみは素晴らしい

ジョンヨンファはいつも微笑みをたやさず、楽しそうにしている様子をインスタグラムにしばしば投稿しています。そしてその笑顔こそ、ファンを魅了するものなのです。

さて、U-NEXTは、韓流ドラマや映画をテレビやパソコン、タブレット、スマホで見られるビデオオンデマンドサービスで、韓流ドラマのラインナップでは日本最大級です。

今なら16日間無料でお試し視聴できます。

AD

関連記事

songhyegyo

「太陽の末裔」についてのソンヘギョへのインタビュー、ソンジュンギに魅了されたと告白

韓国や中国で同時放送された韓国ドラマ「太陽の末裔」は最終回の放送は終わりましたが、依然として話題にな

記事を読む

はいゆう

2016年、韓国ドラマで要注目の93年生まれの韓流スター俳優、ユスンホ、パクボゴム、ソカンジュン

2016年の韓国ドラマ界は、1993年生まれの俳優たちが活躍すると期待されています。 その3人

記事を読む

14420750680_1781defeb8_z

アメリカの韓国大使を襲った犯人、キムギジョン容疑者はどんな人か

アメリカの韓国大使、マークリッパ―ト氏が3月5日の朝、10インチの刃物で傷つけられるという事件が韓国

記事を読む

koreandrama

反日のため、日本のテレビに干された韓流スターたち。ソンジュンギ、ソンイルグク、キムテヒ他

日本でもKPOPや韓国ドラマは人気なのですが、韓国と日本は隣国同士でありながら、両国の外交関係は微妙

記事を読む

pakushine

パクシネ、8年で大学を今年卒業

パクシネは中央大学校映画学科の学生でしたが、しばらく休学していましたが、2016年2月、卒業すること

記事を読む

8864416892_bfa48928dd_z

中国でも人気の韓流スターはイミンホとEXO

日本の芸能人も中国や台湾といった国に進出し、人気になっている人はいますが、まだまだ少数派という印象を

記事を読む

Jpeg

成田ソウル間が1万円。韓国LCCチェジュ航空(JEJUAIR)の感想

韓国ソウルー成田の飛行機はレガシーですと安くても2万円台という飛行機が多いのですが、LCCのチェジュ

記事を読む

チジニ

チジニ、妻との出会いと結婚生活について告白

ドラマ「恋人がいます」に出演しているチジニを見ている人からすると、彼のことを恋多き男と思ってしまうか

記事を読む

souzokusha

韓国ドラマ「太陽の末裔」脚本家キムウンスク作品のおすすめドラマ9選

韓国ドラマ「太陽の末裔」は、韓国では視聴率30%越え、中国その他アジア各国で社会現象を引き起こしまし

記事を読む

5693317959_10d1faaea2_z

ユ・アイン、イ・スンギ、イミンホは兵役義務の準備中?

JYJのパクユチョンは、兵役義務につくことになりました。韓国人の男性は18歳から35歳までのうちに、

記事を読む

PAGE TOP ↑