香港の高いホテルを避けて、中国、深センの羅湖(ルオフー)で割安で立地のよい宿を探してみる

公開日: : 最終更新日:2016/01/20 アジアのホテル体験記, アジアの旅行、観光、交通, 香港の事情

AD

香港のホテルは高いので、時間がある場合は中国の深センの羅湖(ルオフー)でホテルを探します。

香港のセントラル、尖沙咀(チムサーチョイ)、旺角(モンコック)あたりからなら、地下鉄にのって1時間くらいで、中国、深センの国境の街、羅湖(ルオフー)につきます。イミグレーションも30分くらいで通過できます。

香港ももちろん中国の雰囲気がありますが、深センに入ると、完全に中国に来たなと思います。だだっ広く、中国人であふれかえって中国語が飛び交い、そして中国語しか通じません。

香港のホンハム駅とルオフー駅間の電車にのってルオフー行に乗ります。運賃は片道45香港ドルくらいなので、だいたい千円くらいですね。
Jpeg

電車の中は混んでいることが多いです。
Jpeg

羅湖(ルオフー)駅、ここから歩いてイミグレーションに向かいます。
Jpeg

イミグレーション
Jpeg

Jpeg

深セン、羅湖のようすです。だだっ広いですが、駅を背にしてまっすぐ行きます。
Jpeg

するとシャングリラホテルが見えます。
Jpeg

シャングリラホテルを右手に向かうと、いくつかホテルの集まっているところがあります。
Jpeg

この深圳 ジング ブティック ホテルにとまってみました。

AD

予約したのは、ホテル予約サイトのアゴダです。
アジアのホテルを格安で予約!アゴダ(Agoda)の使い方

アゴダ(Agoda)などホテル予約サイトでホテルを予約するときは、現金還元、キャッシュバックサイトのEbates.comを通して予約すると、予約代金の3%の現金が戻ってきます。

詳しくは下の記事をどうぞ
アゴダ(Agoda),Hotels.comなど、ホテル予約サイト利用時に現金還元、キャッシュバックを受け取る方法(登録無料)

Jpeg

Jpeg

なかなか快適でしたが、中国語しか通じず、Wi-Fiも利用はできるようですが、利用方法が中国語のマニュアルで説明だったのでわかりませんでした。テレビも中国語の番組しか映りません。
Jpeg

Jpeg

Jpeg

近くにはレストランや食堂もたくさんあり、食べるところには困りません。たまたまふらっと入ったレストランで注文した白身魚の煮つけ。すごくおいしかったです。これで39元。800円くらいです。香港ではこの値段では食べられません。
Jpeg

ルオフーの駅からもそれほど遠くなくわかりやすいところにあり、コンビニも近所にありますので、便利な立地でした。

そういうわけで、香港のホテルは高すぎる。と思ったら深センまで足を延ばしてみることをおすすめします。

AD

関連記事

vietjetAIR

ベトナムのLCCのプロモーション 航空券が45円から 8月31日まで

ベトナムのLCC、VietJetAirのプロモーションで、45円(9000ドン)から乗れる航空券

記事を読む

1468622141_1a1c42db68_z

ベトナム航空、2015年下半期から飛行機機内でインターネットが可能に

世界的無線サービス企業、Gogoがベトナム航空に飛行機機内でインターネットを使えるようにする通信サー

記事を読む

2335306375_0c442736cc_z

マレーシアへの旅行者、帰りのチケットの所持を義務化へ

マレーシア政府は、マレーシアを訪問するすべての外国人に、帰りの航空券と滞在に必要なお金の所持を義務付

記事を読む

6072622964_02972bd6a8_z

インドネシアの火山ラウン山の噴火で、バリ島旅行者も大混乱

インドネシアのジャワ島の火山活動が噴火しており、そのため、空港が閉鎖され、多くの飛行機がキャンセルと

記事を読む

Jpeg

ホーチミンで死者の出た火事を目撃&宿泊してはいけない安いホテルの見分け方

ホーチミンをタクシーに乗っている途中、人だかりができ、交通渋滞がむごくて走行できそうもないので、いっ

記事を読む

Jpeg

バリ島、インドネシア旅行で困ったこと、不便だったこと

インドネシアは東南アジアの中で、行ったことがない国のひとつだったので、ずっと行きたいと思っていたので

記事を読む

6686271609_0c09dbf143_z

インド、電子ビザを導入し、ビザ取得日数が短縮される

インドは一度は行ってみたいと思っているのですが、ビザの取得手続きがめんどくさく、取得にも時間がかかる

記事を読む

Jpeg

バリ島おすすめのシーフード、海鮮スープ

バリ島で何を食べるかというと、インドネシア料理のナシゴレンやミーゴレンやサティ、オーストラリア人が多

記事を読む

540710745_c4981843b0_z

ミャンマー旅行の魅力が半減。バガン遺跡のパゴダに登ることを禁止へ(一部除く)

東南アジア諸国にはいろいろと旅行に行ったのですが、まだ行っていない国で行くのが楽しみな国があります。

記事を読む

vietnam air

ベトナムの航空会社、国内線は運営が未熟

行方不明になったり、ロシアで撃墜されたりして、飛行機に関してはマレーシア航空がすっか

記事を読む

PAGE TOP ↑