2015年5月 中国の不動産は経済崩壊のリスク要因か❓

公開日: : 最終更新日:2015/05/25 アジアの不動産情報, 中国の事情

AD

中国は不動産価格がつりあがってしまいましたが、住宅など作ったはいいが買い手がおらず、供給過剰となってしまい、価格が大幅に下落したということを経験しています。

これも中国経済が不振となった理由のひとつとなっており、中国の中央銀行はここ半年のうちに3回の利下げをしてテコ入れをしています。

2015年4月は、中国の上海や深セン、北京といった都市の不動産価格は若干回復しました。
Is property still China’s top economic risk?

これを受けて、中国の不動産市場は潮目が変わったと、クレディアグリコルは指摘しています。

中国の70都市の不動産価格は安定的に推移しており、需要も戻ってきたように見えます。そういうこともあって中国の経済の回復の兆しが見えてきたとも言われています。

中国の不動産セクターはGDPの15%を占めるので、市場関係者は注視しています。多くの市場関係者は中国の不動産は供給過剰で、不動産業者は多額の借入に苦しんできたと述べています。

AD

ある市場関係者は、中国の不動産市場は数か月前よりはいいが、依然としてまだ売れていない不動産がたくさんあると指摘しています。

ANZ銀行(中国)のチーフエコノミストも、中国の不動産市況が回復してきたという一人です。ここにきて、金融緩和が効いてきたと述べています。

しかし、その効果は上海や深センといった一級都市やその下の2級都市にとどまり、人口流出をしている3級都市や4級都市には波及していないため、これらの都市は依然として不動産価格が低迷しているともコメントしています。

そして、中国政府が目標にしている7%成長達成のためには、不動産市況の回復は遅すぎるとも指摘しています。

つい数か月前には、中国の不動産市場は崩壊するとまで言われていましたが、金融緩和が効いて、若干回復の芽も見えているようですね。

世界景気の動向というと、アメリカやヨーロッパに目が行きがちですが、原油や鉄鉱石などの資源価格を大きく左右するのは中国ですので、中国の景気動向も注視しておく必要がありますね。

AD

関連記事

nikon0

ニコンの一眼レフや富士フィルムのコンパクトデジカメなど、デジタルカメラをアリエクスプレスでアマゾンより安く買う方法

最近デジタル一眼レフカメラが欲しくなっていろいろアマゾンで探しています。 例えば、こんなのです

記事を読む

5406876644_d4afcbef8c_z

ベトナムにもニッパチはある。しかし不動産会社は強気

ニッパチとは、日本の小売業界でもよくつかわれる言葉で、2月と8月のことを指します。この2つの月は

記事を読む

3643526422_3ec6e83f88_z

2015年の中国の自動車マーケットの状況

中国は世界最大の自動車市場です。中国での自動車販売は世界の自動車メーカーの業績を左右しています。

記事を読む

9722331543_49f623400f_z

中国の家電メーカーのテレビの技術革新

2011年に、中国の広州を旅行したのですが、広州の家電量販店を見学して驚いたことがあります。

記事を読む

15887870426_033dabf872_z

想像以上に悪い中国の大気汚染

工場がたくさんある国は大気汚染がひどいことはよく知られていますが、中でも中国はPM2.5による汚

記事を読む

12237626606_6deaedde0d_z

2016年春節(旧正月)今年も爆買い中国人観光客はたくさんやってくるか❓

年初そうそう、中国では株価が暴落し、中国経済の景気悪化への懸念はますます強まっています。 中国

記事を読む

7014799311_953a620f46_z

中国の金融緩和は効かない?中国は経済崩壊しないのか

中国の景気動向は豪ドルやニュージーランドドル(NZドル)をやっている人には気になりますね。 中

記事を読む

9871962075_588eb8878e_z

爆買いにも影響。中国人の人件費、平均給料の事情

中国の景気は悪い悪いと言われており、日本株をはじめ世界の株式市場や原油価格にも影響を与えております。

記事を読む

23936754300_11b0eb9ec9_z

中国、一人っ子政策は廃止されたが、子供は増えず労働人口の減少も過去最大

中国の人口は14億人。もちろん世界最大ですが、逆に人口が多すぎて、長年、一人っ子政策をとっていました

記事を読む

2899950676_3cb82a4c88_z

中国から輸入されるくだもの、リンゴや梨(ナシ)は安全か

ベトナムはくだものもおいしい国でして、私もマンゴーやパパイヤはよく食べます。これら熱帯の果物は日本で

記事を読む

PAGE TOP ↑