橋下市長が敗北した大阪都構想選挙と貧困女子問題。若者は老人の食い物にされることが確定した日本社会。搾取されるのが嫌なら若いうちからアジアで働こう

公開日: : 最終更新日:2015/05/20 アジアや海外で働く、海外インターンシップ

AD

この記事は20代から30代程度の人で、正社員ではなく、非正規社員や仕事に恵まれないと感じている人向けの記事です。

大阪都構想選挙の住民投票結果が教えてくれる今後の日本

5月17日の大阪都構想の住民投票は、ネットからでも熱気の伝わってくる選挙でしたね。

前々から言われている大阪府と大阪市の二重行政問題を解決して、行政機構をスリム化しようということがテーマの選挙だったかと思います。

投票結果は接戦のすえ、大阪都構想は反対が多く、否決ということになりました。結果を受けて橋下徹大阪市長は政治家を引退するとのことです。

私が驚いたのは、投票者の内訳です。

20代から60代までは、大阪都構想に賛成という人が多かったのに、70代だけが反対多数。そしてその結果反対多数となったということです。

つまり老人世代が反対すれば、選挙に負けるということなのです。

これは若い世代の投票率が低く、老人世代の投票率が高かったため起こったことでしょう。

ネットを見ていると老人世代が悪いという批判が多いのですが、これは若い世代の自業自得です。

若い世代で選挙に行く人が老人世代よりすくなかったのですから。

大阪の老人世代が反対したのは、老人への福祉が減らされるのがいやとか、住所の表記が変わるのがいやとかそういったことが原因と報道されています。

私も40代に入り、新しいことを覚えたりするのが難しくなったり、体力の衰えも感じていますし、体を動かすのがおっくうになってきました。

ですので、年をとると変化がいやなのは想像できます。私が大阪に住む70代の老人だったら大阪都構想に反対していたかもしれません。

しかし、今後も長く大阪で生活するのは若い世代ですよね。そして主に納税するのもこの世代なのです。

にもかかわらず、若い世代よりも今後大阪で暮らす時間が短く、納税者というよりも福祉の受け手であることのほうが多いリタイアした老人世代に、今後の大阪を左右する重要な提案の賛否を決められてしまう。

いやはや、恐ろしいことです。

しかし、今後も日本全体で高齢化社会はますます、すすみますので、政治家は老人世代を優遇する政策はすすめ、その代わりに若い世代への支援への予算は減らすでしょう。

財源には限りというか、すでに莫大な借金で経済を回していますから、若い世代への負担はいっそう増やすかもしれません。

逆をやったら、政治家は選挙に負けますからね。

大阪の選挙結果は今後の日本社会の行き先や政治がどうなるかを示したものです。

税金を納める現役世代よりも、税金を使う老人世代の意向に沿って政治が行われるでしょう。

これは、結局は老人世代による若者層の搾取ということになるでしょう。シルバー民主主義というやつです。

貧困女子が増えるのも、高齢化社会が招いた結果

さて、話は変わりますが、若い世代の女の子たちは、貧困女子という金銭的に恵まれない人が増えているそうですね。

私が20代のころはいわゆる氷河期世代で、経済的には恵まれていたとはいえませんが、それでも、貧困女子なる言葉はありませんでしたし、女の子たちはきらきらとしていて、青春を謳歌しているという子が多かったように思います。

ところが、今や働く女子の3人に一人が年収114万円以下で10代から20代に集中しているそうですね。

NHKのクローズアップ現代でこの問題を取り上げられ、反響が大きかったそうです。

アルバイトをいくつも掛け持ちするのも当たり前で、それでも月収10万円にもいかない人が多いとのこと。

若い女の子が大金を稼ごうと思ったら、水商売や風俗という人も多かったのですが、今や供給過多で風俗でさえ働けないという女性も多いそうです。これには驚きました。

企業側からすると、まだまだ、若い女性は結婚したらやめるかもしれないので、教育しなければならない正社員としても採用しにくいという事情もあるでしょう。

ある意味、すぐやめてくれるからという理由で若い女性を雇っていたということもあるので、正社員で若い女性を積極的に雇うというところは少ないのでしょう。

企業側からすると、人件費で怖いのは給与もさることながら、社会保険料の負担が大きいのです。

正社員で雇うと厚生年金や健康保険の負担が大きい。この負担は高齢化に伴いますます増えていくと考えられます。

そういうわけで、正社員として採用するなら、途中でやめられるリスクのある女性よりも若い男性を好むのです。

その結果割を食うのは女性という構造ですね。そしてこれにも間接的に高齢化が影響しています。

さらに、昔は定年は60歳だったのですが、65歳まで延長されています。

高齢社員が若い人にポジションを譲ってくれないのです。この結果、若い女性が雇用機会を奪われているという側面がありますね。

日本で年寄りに搾取されるのがいやなら、海外で働くというのも選択肢のひとつです。

さて、以上述べてきたように、日本は高齢者が優位で、割りを食っているのは若者ということになります。

社会の高齢化とともに、この傾向はますます強まるでしょう。若者は年寄りに搾取され、貧困女子は貧困女子のままでしょう。

だったら、海外に出て働いてみませんか。というのが私の提案するライフスタイルです。

日本でニートや貧困女子をやっていて行き詰まりを感じるくらいならよほど健全でしょう。

メリットはいろいろありますし、実際、若い日本人女性がひとりでアジアにやってきて働いている人も珍しくありませんし、楽しそうです。

AD

まず、収入ですが、職種にもよりますが、私の住むベトナムなら1000ドル前後の仕事は見つかるでしょう。

若ければ雇用の門も広いと思います。何しろ経済成長率が高いのです。これはどういうことかというと、仕事をする機会が毎年増えていっているということです。

1000ドルじゃ生活できない。ということはありません。ざっくりというと、ホーチミンで物価は日本の半分くらいです。

おいしいステーキも海鮮丼も500円くらいで食べられます。貯金もできるでしょう。

ベトナム人の20代から30代の女性なら400ドル前後で働いている人が多数です。それでも彼女たちはバイクを買って、おしゃれを楽しんでいます。

東南アジアなら親日的な国がほとんどですので日本人は大切にしてくれますし、気候も常に暖かいので開放感にあふれた、活気を感じる生活ができますので、精神的なストレスも日本に比べてずっと少ないでしょう。

ホーチミンについて言えば、夜9時でも10時でも若い女の子の一人歩きでも大丈夫なほど、治安がいいです。場所にもよりますが夜でも人通りが多いので、不安はまったく感じません。

気をつけるのは交通事故と盗難くらいでしょうか。まあ、気をつけていれば大丈夫ですが。

ベトナムのホーチミンについて言えば、日本食に加えて洋食も中華料理も韓国料理もありますので食べるところに困りませんし、タイのバンコクに行くと、日本料理店ばかりでここは日本かと思ってしまうほどです。

違う国で働く経験をしたら、どこでも働けるという自信もつくでしょう。

ベトナムに飽きたら、タイで働いてもいいのです。職務経験があれば、日本より年齢は気にされません。

恋愛はその人しだいですが、現地で働いている日本人と交際してもよし、欧米人のイケメンもいますし、現地の人とお付き合いしてもいいでしょう。日本人女性はアジアではモテます。

日本人がいいという方は、東南アジアに来ているような日本人は駐在員が多いですが、起業できている人もいるので、将来の社長の奥さんになれる可能性もあるでしょう。

日本人男性もモテます。こういってはなんですが、私のいるベトナムはかわいい女の子だらけですし、日本語を勉強しているような女の子は喜んでつきあってくれるでしょう。逆ナンパも珍しくないです。

出会う機会はSNSなどを利用すれば下のようなイベントもあります。出会い目的でなく、日本人や外国人の友達も作れるでしょう。
ベトナム女子と出会うために国際交流パーティーに参加した。

さて、アジアや外国で働くなら、英語と業務上のスキルがあったほうが有利です。優先するのは英語よりも、仕事のスキル。個人的には、どの国でも働けるのでITスキルがいいと思います。

言葉の問題はそれほど難しくありません。2、3年も暮らして、仕事や、友達や恋人をつくったら自然と身に付きます。

しかし、ITも英語も難しいからできない。という人もいるでしょう。わからないでもないです。確かに簡単ではありませんね。

勉強も英語も苦手だけど、海外で働きたい。そんな方におすすめなのは、寿司職人になることです。日本人ブランドが最大限に活かせる仕事といえるでしょう。

私は以前シンガポールにある伊勢丹の入っている立派なビルに入っている寿司屋で、にぎりを食べたことがあるのですが、握っていたのはローカルの職人でした。

こういっては申し訳ないのですが、シャリが硬くてまったくおいしくなかったです。

しかし、アジアではこのような残念な寿司屋も多いのです。逆に言うと、日本人の職人なら働く場所に困らないということになります。

寿司職人というと、寿司屋で長い修行をしなければならない。というイメージがありますが、そんなことはありません。

たとえば、海外で活躍するなら和食・寿司のスキル!【東京すしアカデミー】
で学ぶという方法もあるのです。ここなら2ヶ月から1年の修業期間です。

この学校は、卒業生が多く海外の日本料理店や、すし料理店で働いており、学校も就職先をあっせんしてくれますし、OBネットワークで、仕事の紹介もばんばん来ます。

海外で働くなら、もっとも近道かもしれません。

大阪の選挙の結果の話に戻しますと、老人に優しい街となり、納税者に厳しい街になるでしょう。これをいやがって企業や働く人は流出するでしょう。

同じことが、日本全体で起こるでしょう。というより、企業はさっさと日本からアジアに出て行っています。同じことを若者がやってはいかがでしょうか。

それに、みなさんが年を取ったとき、振り返ると自分より若い世代が年々減っていくのです。そろそろ1年間に生まれる赤ちゃんが100万人を切ると言われています。

日本で働く場所といったら介護などの老人相手の仕事が大半になるでしょうから、それがいやなら働く場所の中心はいずれにせよ海外になります。

また、自分が介護されることを考えたとき、だれに介護してもらうのですか?

私自身は老後は海外暮らしをして外国人に介護を頼むことになると思っています。年を取ってから海外で暮らすといっても大変ですよ。

ですから若いうちから海外生活になれておく必要があると思っています。

日本で老人の奴隷になり続けることを選びますか?それより、日本は姥捨て山だと思って、海外で働いたほうが幸せなような気がするのですが。。

AD

関連記事

レイオフ

韓国で解雇・クビを簡単にする法案が発表。日本でも導入されるか?

2015年末は、東芝が8000人近くをリストラするとして、大きなニュースとなりましたが、これは希望退

記事を読む

5015629133_c8fb6ee890_z

海外インターンシップが失敗する8つの原因

アベノミクスのおかげか、最近は新卒の就職活動もここ数年よりはいい状況のようですが、そうはいっても、企

記事を読む

6399612061_c27aa91512_z

海外や東南アジアで働くための近道は英語の習得ではなくIT技術の習得

・東南アジアや海外で働きたいが、語学に自信がない。英語は本当に苦手だ。 ・たいした仕事の経験がない

記事を読む

asean

ASEAN諸国は経済統合できるのか?

2015年のASEAN首脳会議がクアラルンプールで開催され、各国首脳はASEANをひとつの経済圏とす

記事を読む

2048929985_3e31a353c0_z

ベトナムのIT技術者の労働事情

他の東南アジア諸国と同様に、ベトナムは国策でIT産業を振興しており、いくつか有力なネットビジネスもあ

記事を読む

1224132504_3266d45f43_z

正社員になれなかったらアジアに来たら❓かわいい女子が待ってます。

アベノミクスで雇用環境はだいぶ好転したとはいえ、増えたのは非正規社員の求人で、まだまだ正社員になるの

記事を読む

15922177456_e7bc8f98ce_z

シンガポールで働く外国人の満足度

シンガポールで働いている日本人も多いと思いますが、東南アジアの金融、運輸の中心地だけでなく、ハイテク

記事を読む

275124253_6ed585f187_z

上海で海外インターンシップ

日本とは政治的な関係はよくはないとはいえ、中国は世界第2位の経済大国で、地理的にも近く、経済的には切

記事を読む

888310183_e938f57caa_z

派遣、フリーター、非正規社員はアジアで働くことを考えてみては❓今後も正社員になるのは難しいですよ

ヤフーニュースを見ていたら、次のニュースが目につきました。 非正規労働者数が初の2千万人突破…女性

記事を読む

7079895477_aa32eeda9a_z

海外インターンシップを成功させる10のコツ

海外インターンシップは就職を控える大学生にとってもいい経験となるでしょう。 外から見る企業は中

記事を読む

PAGE TOP ↑