欧米人が考えるタイとベトナムの7つの違い

公開日: : 最終更新日:2015/03/27 タイの事情, ベトナムの事情

AD

私は現在はベトナムに暮らしていますが、本当はタイに住みたいと思っています。ベトナムでの生活には不満はないですが、好きなところを選んでもいいよと言われたら、タイのバンコクを選ぶでしょう。バンコクで生活はしたことはありませんが、たびたび行っています。

バンコクは遊ぶところがたくさんありますし、食事もタイ料理のほうがベトナム料理より好きです。

ベトナムは人々も制度的にもタイよりまじめですし、政情不安みたいなことがないので治安もいいですが、タイのなんともいえない開放的な雰囲気は私を魅了してやみません。

観光するところもタイのほうが見どころは多いと思いますし。

さて、ベトナムに住む欧米人移住者はどのように考えているのでしょうか。タイとベトナムに住んだ経験があるという欧米人移住者が、両国の違いについて語っています。
7 differences between Vietnam and Thailand

1.タクシー、バイク、シクロ
ベトナムのタクシーは安心です。運転手は制服を着て、タクシーの車内はきれいで、乗った瞬間にメーターがつき、困っていることがあれば、運転手は助けてくれます。そして、絶対に乗車拒否ということはありません。

一方、タイはというとタクシーはひどい。の一語で片づけられます。乗車拒否に会うのはざらです。彼らはあまり働く気がないので、そういうときは乗車拒否をします。

バンコクもひどいですが、パタヤはさらにひどいです。200バーツ以下では乗れませんし、言わないとメーターを使わないのでいう必要があります。

バイクタクシーは、タイではタクシーより使い勝手がいいです。だいたいタクシーの半額くらいで乗せてくれます。

シクロはタイにはなく、ベトナム独特の乗り物ですが、最初に交渉するところから始まります。そうしないと、乗せてもらった後に法外な値段をふっかけてくるからです。

 

シクロ
6172568710_6f1223dac9_z

逆にタイにあってベトナムにない乗り物はトゥクトゥクがあります。トゥクトゥクのほうが一見安そうですが、実はタクシーのほうが安いと思います。メーターをちゃんと使えばですが。。

バーとそこで働くスタッフ
バーで働く女の子は、よく教育されているのはベトナムのほうです。彼女たちは礼儀正しく、丁寧な接客をしてくれます。

一方、タイのバーで働く女の子は、バンコクにせよ、パタヤにせよ、お店での接待が主目的でない場合があります。客が来て連れて帰ることが目的なことが多いです。同じことをベトナムですると、女の子に顔をひっぱたかれるでしょう。

バーだけでなく、レストランや小売店での対応もベトナムのほうがいいようです。

AD

3.ナイトライフ
タイはベトナムよりもバーが多いです。バンコクもそうですが、パタヤはバーだらけといっていいでしょう。パタヤでは50万人のタイの女の子が働いているとされています。

もちろん、タイにはこうしたバーだけではなく、レストランやスポーツバーといったお店も数えきれないほどあります。

一方ベトナムはホーチミンの1区の一部、ブイビエン通りあたりを除けば、こうした欧米風のバーはあまりありません。
女の子のいるバーもありますが、タイのような遊びを期待できることはほとんどありません。

4.マッサージ
この記事の著者は、ベトナムに来て3年だそうですが、結論としては、ベトナム人はマッサージの何たるかを知らないということです。

この著者がベトナムのホーチミンのマッサージで満足したのは1店だけで、他の店は全然だめだったそうです。
それに対し、タイはでのマッサージはどのお店にいっても、すぐに痛みがとれたり、コリがとれたりします。
値段はタイもベトナムも10ドル前後です

5.食事
バンコクはどんな食事も楽しめます。ホーチミンも充実してきてはいますが、バンコクには質量ともに劣っています。

路上の屋台での食事もタイのほうがおいしいタイ料理を出すお店が多いですね。

ベトナムの路上のお店というとバンミーというサンドイッチか、フォーという麺料理が多いです。

6.移住者気質
意見のあるところですが、同じ欧米人の移住者でも、ベトナムの移住者は非常にまじめで、地元でお金をかせぐために勤勉に働き、コミュニティに貢献している人が多いようです。

一方、タイにいる欧米人移住者といえば昼間からお酒を飲み、女の子を物色している人も珍しくありません。

若干人種差別的ですが、特にパタヤにやってくるロシア人はマナーの悪さは際立っています。

7.犯罪の発生率
犯罪はベトナムではひったくりが多いですが、気を付けていればそれほど心配することはありません。

タイでは、バンコクはホーチミンよりは安全に感じますが、パタヤの治安は非常に悪いです。

それと、タイでは気を付けないと集団で暴力を振るわれるということが起きるようです。

一般にベトナム人はまじめで正直なので、たとえば、コンビニや小売店、ガソリンスタンドでお金を多めに渡したらまず、ちゃんと正しい値段で受け取りますが、タイのパタヤだとそのようなことのほうが少ないそうです。

結論的には、この記事の著者と私が感じるところはだいたい同じで、安全や安心、親切さやまじめな人々がいいという場合はベトナム、もう少し享楽的なほうがいいという方はタイを選ぶという感じでしょうか。

ただ、この著者はホーチミンについてだけ話していますが、私の経験では、ベトナム北部と南部ではまた違います。

ベトナムの中部から南部の人々はこの著者がいうようにまじめで勤勉な人が多いという感じですが、ハノイだと油断ならない人もいるというのが私の個人的な考えです。

AD

関連記事

13562258845_afb42d2fd0_z

ベトナムと日本、安全保障で関係強化を

10月上旬にホーチミンの共産党書記が日本を訪問しており、安倍首相と会談したり、経団連主催のセミナーに

記事を読む

9374063975_27306f3d13_z

ベトナムの交通事情の改善のために活躍する日本人退職者

ベトナムは信号が少ないわりには、多くのバイクが走っていたり、外国人が無免許でオートバイを運転したりす

記事を読む

6892131428_866cd4533d_z

ベトナム人の大富豪

Forbesは毎年、世界のお金持ちの番付、長者番付を発表しています。今年は日本人のトップはソフトバン

記事を読む

14934793748_562b18263c_z

ベトナム航空が株式市場へ上場へ

ベトナム航空の株式市場への上場が政府から承認されました。従来はベトナム政府が100%株式を保

記事を読む

2315542950_b14ffcf847_z

ベトナムは不景気でも広告ビジネスは好調、主役は外資系

  消費がけして好調とはいえないベトナムですが、それにもかかわらず広告業は好

記事を読む

tet

2月にベトナム旅行に来る人は要注意。旧正月(テト)で外国人への盗難事件が多発

2月というと、これまではバレンタインデーくらいしか大きなイベントがなかったのですが、最近は爆買いにや

記事を読む

9326632416_a90df55c78_z

外国人の女の子、ベトナムガールに失恋した

彼女、ニュンちゃんと出会ったのは、私がベトナムを旅行中のときでした。ベトナム中部の古都として名高いフ

記事を読む

yukata_vn

日本企業がベトナムへ進出する理由

2012年から2013年にかけて、日本はベトナムへの投資国として最大の国でした。現在でも件数ベー

記事を読む

32825755_31c6c178c1_z

ベトナム株式市場2014年下期見通しは強気

ハノイで行われたセミナーによると、ベトナムの投資家はベトナムの株式市場の2014年下期の見通

記事を読む

Jpeg

ベトナム・ニャチャン、ビーチに近い3000円台の朝食付き3つ星ホテルレビュー

2016年1月に旅行したベトナムのビーチリゾート、ニャチャンで、一泊目に泊まったホテルが、ラミー ホ

記事を読む

PAGE TOP ↑