ベトナム人の5つの優れた国民性

公開日: : 最終更新日:2015/03/26 アジア移住、生活の知恵, ベトナムの事情

AD

ベトナムで暮らし始めて1年がたち、英会話カフェや英会話学校、会社の同僚とのつきあいの中で、ベトナム人の性格もわかってきました。

いまだに戸惑うこともありますが、おおむね親切ですし、オープンマインドでつきあいやすい人たちです。

ベトナム人が大事にしている価値観を把握しておきますと、会話でも盛り上がりますし、仲良くなりやすくなります。

このまま、ベトナムに住み続けるかもしれませんし、どこか違う国に行くかもしれませんが、おそらく、私はベトナムでの生活のことは忘れませんし、親越家でいることでしょう。

今回の記事では、ベトナム人の5つの美徳、価値観についてご紹介しようと思います。
5 of the best things about life in Vietnam

1.家族が一番大事
とにかくベトナム人にとっては家族がもっとも大事です。大家族がひとつの家に住み、一緒に生活するということも珍しくありません。

幼少のころから、家族を大事にするようにと叩き込まれます。

年上が敬われ、大家族の一員としてふさわしい行動をとることが期待されます。そして、子供たちが成人したら、家計を助けるために経済的な援助をすることも珍しいことではありません。

2.先生が非常に尊敬される
先生の日というものがあるくらい、先生は尊敬されます。先生の日には、子供の親たちはプレゼントを用意して渡しにいきます。

アメリカやイギリスでの教師たちは、最近は軽く見られ、アメリカなどは校内暴力をおそれてガードマンが常駐していたり、教師という職業に嫌気がさして母国を出たり、違う仕事につく人が増えているそうですが、ここベトナムでは先生というのは最大限の尊敬を受けます。

日本ではモンスターペアレンツ対策に学校の先生が悩んでいますから、この点では同じアジアでもベトナムよりアメリカやイギリスに近い社会になっていますね。

3.道路でのマナーが良い
交通事情はともかく、ベトナムでのドライバーのマナーは欧米諸国よりいいとのことです。
アメリカではやたらとクラクションを鳴らして、怒りを表現しますが、ベトナムではクラクションは控えめにならされ、そしてそれは、走っていますから気を付けて。という意味です。

AD

オートバイの量は非常に多いですが、おおむねゆっくりと走りますので、それほど危険には思いません。

4.環境保護に意識がある
ベトナムではゴミの分別がしっかりとしており、そしてリサイクルできるものはリサイクルされます。道路には50メートルほどの感覚でゴミ箱が置かれており、そこに捨てればいつの間にかゴミの収集がされています。

5.極端なナショナリズムはないが、国にプライドをもっている
ベトナムは過去に何度か他国からの侵略や戦争を経験しましたが、勝利してきました。
極端なナショナリズムに走ることはありませんが、国に対して非常にプライドをもっています。

独立記念日やテト休暇のときは、ベトナムの国旗があちこちにはためき、タクシーもベトナム国旗をつけて走ります。

イギリスでも国旗を飾ったり、振り回したりということはあるようですが、たまにネガティブな意味、たとえば移民排斥というような意味をもったりします。

ベトナムで国旗が飾られるのは、単に国にプライドがありますよ。と言っているにすぎません。そして、サッカーなどの国際試合があるときは、多くの人が観戦します。

この記事を書いているのは、ちょうどサッカーの国際試合が終わったばかりで、残念ながらベトナムは負けてしまったのですが、負けたからといって暴れるような人もいませんし、繁華街近くにいるのですが、拍子抜けするほど静かです。

これが別の国だったら、暴れるようなやからも出てくるのかもしれませんが、そういうこともありません。

ベトナムが過ごしやすいのは、まだ余裕のあるころの日本の文化に近いように思うからでしょうか。どこかなつかしく、非常に居心地よく過ごしています。

アジアでの男女交際や友達作り、生活便利情報、旅行テクニック、ニュースなどアジアでのお役立ち情報が満載です。
目次へ

AD

関連記事

6115610206_7fdb0768ed_z

英会話カフェでベトナムの自動車市場の特徴を聞く

今日は英会話カフェに行きました。そこで、8人ぐらいで会話をしているグループにまぜてもらいました。

記事を読む

57962451_e04505a2c6_z

ベトナムの規制緩和、通関手続きの簡素化など

ベトナムでのビジネス環境の改善につながる規制緩和に関するニュースが2つありましたので、あわせ

記事を読む

2813279707_94c38a3ef2_z

シンガポールで、あまり知られていない罰金の対象となること

シンガポールでは、公道でタバコを吸っているのが見つかると罰金を取られることで有名ですが、その他にも案

記事を読む

Jpeg

ホーチミンのイスラム教の聖地モスクに行き、トルコレストランでケバブを食べた

日本人の湯川さんと後藤健二さんがイスラム国の人質となって以来、にわかに注目を集めているイスラム教。

記事を読む

2783258556_ee08e7b3b3_z

リタイア後、老後をマレーシアに海外移住して生活すべき15の理由

マレーシアにはMM2Hというリタイアした人を対象にした特別ビザがあり、退職後の人生を優雅に暮らそうと

記事を読む

15528799956_0deebc925e_z

【エボラ・動画】かわいいベトナム系米国人看護士ニーナファムさん治療の様子

アメリカのテキサス州、ダラスでエボラ出血熱の患者、エリックダンカン氏の看護のときに、感染してしまった

記事を読む

1379730392_e01f0e1727_z

ベトナム、東南アジアの白物家電市場

今年は東南アジア全域でエアコンや冷蔵庫といった白物家電の販売状況はよくありませんでしたが、ベトナム市

記事を読む

ベトナム外貨交換

ベトナムー外貨交換に関する規制緩和を検討

ベトナムでは、ドルや円をベトナムドンに交換することは簡単ですが、ベトナムドンを円

記事を読む

7156586740_87ee89d3c5_z

オーストラリア人移住者のシンガポールに関する7つの不満

シンガポールに移住する外国人の満足度は高いのですが、中には不満を持つ外国人もいるようです。 東

記事を読む

Jpeg

東南アジアの海外生活で生活習慣病を防ぐ食生活。韓国料理

海外で働く日本人は多いと思いますが、日本から赴任して働くというパターンが多いのではないでしょうか。

記事を読む

PAGE TOP ↑