タイのイスラム教徒がイスラム国(ISIS)と連携しない理由

公開日: : タイの事情

AD

タイは仏教国ですが、タイの南部、マレーシアとの国境地域を中心にイスラム教徒の集団がいることは知られています。

東南アジアのマレーシアやインドネシアといったイスラム教の国から、イスラム国(ISIS)に移住する例が増えておりますが、タイでは今までそのようなことが起こっておりません。また今後も起こる可能性は低いだろうと、政府の関係者は述べています。また、タイのイスラム教徒とイスラム国(ISIS)が連携することもおそらくないだろうとのことです。
Thai Muslims ‘unlikely’ to link up with ISIS militants

この理由について、タイのイスラム過激派は民族主義に基づき、タイからの独立を目指して暴動を起こすことはあるが、イスラム教の信仰心が原因ではないからだと、専門家は述べています。

タイ南部のパッター二やヤラといった地域は、1世紀以上前に、シャム王国に併合されるまでは、イスラム教の王であるスルタンの支配下にありました。そのため、タイ王国からの独立運動が今も行われているのです。マレー系ムスリムがこの地域には多く生活しており、独特の文化や言語を使います。

AD

過去何年も、この地域では暴動が起きたり、タイ王国の文化の象徴が破壊されたりということが起きており、タイ政府は軍隊を送り、治安の維持につとめています。2004年以来、6000人以上の人がこうした暴動で亡くなっています。

しかし、専門家はイスラム国(ISIS)の活動に、タイ南部のイスラム過激派が共鳴し、アフリカのボコハラムのように連携をすることはないだろうと述べています。

過去にアルカイダやインドネシアのイスラム過激派が、この地域に影響を及ぼそうとしたことがあるのですが、失敗しています。タイのイスラム過激派のリーダーによると、彼らは自分たちの独立運動に注力し、他の地域のテロリスト集団と連携することはないと述べているとのことです。

イスラム国(ISIS)との連携する可能性が低いということは、ちょっとした安心材料ではありますが、それでも、タイの南部は暴動が起こりやすいところということは認識しておきたいところです。

AD

関連記事

thiapolice2

タイ日本人殺人事件 島戸さんと田中さん事件について捜査を徹底することをタイ警察は決定

タイで殺害された日本人男性、島戸さんと田中さんの事件について、警察は捜査を徹底することを決定しました

記事を読む

7131365249_dd268e9f0e_z

タイでは、女の子にだまされる移住者が後を絶たない

私がカンボジアに短期滞在していたときに、通っていた英語学校の先生はカナダ人の男性でした。 年齢

記事を読む

15783559089_87111f0013_z

タイ、バンコク・エラワン爆破テロ事件の犯人逮捕の現地報道

多くの死傷者を出したタイ、バンコクのエラワン爆破テロ事件の犯人の一味と見られる容疑者が逮捕されました

記事を読む

2519998143_edd2dddfb4_z

タイに移住している外国人移住者の10タイプ

以前よりは、タイ移住のビザ要件は厳しくなっていますが、タイは以前として世界各国から移住者を集める国で

記事を読む

15706640506_e88def50a9_z

12/31 バンコク 外国人との新たな出会いと花火を楽しむパーティー

2014年もまもなく終わろうとしていますが、今年はいかがでしたでしょうか。タイは政権が変わったことを

記事を読む

723073206_69f7f77d15_o

ATM利用が危険なタイ、プーケット島。安全なお金の持ち込み方

タイのプーケット島は日本人にも人気のリゾートアイランドであり、そして、欧米人も好きなリゾートです。

記事を読む

Original Title: AA_0099sRGB.tif

バリ島やタイは大丈夫?東南アジアのジカ熱の状況

WHOがジカ熱について、非常事態宣言を出しました。 この病気はジカウイルスを持つ蚊にさされるこ

記事を読む

12481401074_c6e0775c30_z

バンコクに住むタイ人の厳しい生活

50歳になったら、タイではリタイアメントビザが取得できますので、私は将来はタイで生活することを考えて

記事を読む

92354951_d26cd06436_z

タイ日本人殺人事件ポンチャヌック容疑者の前夫、田中さんも殺害されていた

タイ、バンコクで島戸義則さんの殺害を自供したタクシードライバーのソムチャイ容疑者とポンチャヌック容疑

記事を読む

7059669507_7c03697387_z

タイ、チェンマイで大気汚染(ヘイズ)がひどい季節とは

タイは一定の条件を満たせば、50歳からリタイアメントビザがとれます。私は老後は日本には戻らず海外で生

記事を読む

PAGE TOP ↑