日本米がシンガポールで人気急上昇

AD

東南アジアでは日本食が人気で、日本料理のお店を探すのに苦労しませんが、おいしくないところは美味しくないです。

ポイントは米で、日本のコメを使っていないところは結構あります。

シンガポールにも日本料理店はたくさんありますが、どことはいいませんが、オーチャードにあるいい場所の寿司店で、シャリが日本米でなくがっかりしたことがあります。

ネックは値段で、日本米は高いのです。

しかし、最近シンガポールでは、日本米の人気が急上昇しており、消費量がものすごく増えているとのことです。
Growing appetite for Japanese rice in Singapore

2011年と比較すると、シンガポールでは日本米の消費量が2倍となっており、香港に次ぐ輸入国となっています。

2011年には輸入量は602トンだったのですが、昨年は1359トンを輸入しています。

AD

その理由のひとつとして指摘されているのが、日本人の移住者と日本食のレストランが増えていること

そしてもうひとつが、ライバルとなるタイ米の値段があがっていることです。

ちなみに、シンガポールにもっとも米を輸出している国はインドとなっており、タイを逆転しました。

タイはジャスミンライスの輸出国として有名だったのですが、値段があがったため、割高な日本米を人々は買うようになり、そして、そのまま買い続けているということです。

明治屋では、タイ米の5キロが18.95ドルで売られており、魚沼産のコメが2キロで21ドルとなっています。

とはいえ、日本米のシェアはまだまだ低く、総消費量の1%にもなりません。

しかし、シンガポールのスーパー、ジャイアントやフェアプライスといったところでは、購入される量が非常に高い伸び率で増えているということです。

TPPや高齢化問題で話題になる日本のコメですが、日本からの主力輸出品として定着するようになるといいですね。

AD

関連記事

DSCN0349

ホーチミンに進出した韓国No1カフェのオープニングに行ってきた

  先日、韓国でもっともお店のあるカフェのCaffe bene(カフェベネ)というカ

記事を読む

rawfish

アジアで食べてはいけない、さしみ、生魚の入った中華がゆ。シンガポールで販売禁止に。

海外に行きますと、日本人の口にあうもの、あわないものがありますが、中華料理は比較的値段もやすいですし

記事を読む

13517317393_500af76e54_z

シンガポール、今年5人目のデング熱の死亡者

エボラ出血熱がアフリカで流行し、世界的に大騒ぎとなっておりますが、今年はデング熱の流行年でもあります

記事を読む

singaporean

シンガポールの男性に好かれる女性とは?

東南アジアの経済の中心地、シンガポールには日系企業もたくさんあります。 一人当たりGDPも日本

記事を読む

Jpeg

シンガポールからジョホールバルへ、バスで陸路の国境超え

2015年2月中旬から2月末にかけて行ってきたシンガポール、マレーシア、インドネシア旅行の旅行記です

記事を読む

17167318921_161d7f22e0_z

海外移住したい国ランキング(2015年版)

世界中に支店のあるHSBCは、海外で生活している外国人にとっては、なじみ深い銀行でしょう。 世

記事を読む

sahraan1

ホーチミンのエジプト料理店 Sahraan

イスラム教徒(ムスリム)向けレストランのご紹介第2弾として、今回はエジプト料理のお店をご紹介

記事を読む

4020444212_ff14b2aea6_z

シンガポール人、外国人が仕事や雇用を奪っていると不満

シンガポールで働く外国人は、年々増えており、今では労働者の4分の1が外国人となっているとのことです。

記事を読む

DSCN0529

シンガポールでSIMフリースマホ用にSIMカードを買ってみた

シンガポールに3年ぶりに旅行に来ました。3年もたつと、かつてなかったものができていていたりして、その

記事を読む

lioncity1

ホーチミンの高級シンガポール料理店LIONCITY

  ホーチミンの高級シンガポール料理店LIONCITYに行ってみました。日本

記事を読む

PAGE TOP ↑