日本米がシンガポールで人気急上昇

AD

東南アジアでは日本食が人気で、日本料理のお店を探すのに苦労しませんが、おいしくないところは美味しくないです。

ポイントは米で、日本のコメを使っていないところは結構あります。

シンガポールにも日本料理店はたくさんありますが、どことはいいませんが、オーチャードにあるいい場所の寿司店で、シャリが日本米でなくがっかりしたことがあります。

ネックは値段で、日本米は高いのです。

しかし、最近シンガポールでは、日本米の人気が急上昇しており、消費量がものすごく増えているとのことです。
Growing appetite for Japanese rice in Singapore

2011年と比較すると、シンガポールでは日本米の消費量が2倍となっており、香港に次ぐ輸入国となっています。

2011年には輸入量は602トンだったのですが、昨年は1359トンを輸入しています。

AD

その理由のひとつとして指摘されているのが、日本人の移住者と日本食のレストランが増えていること

そしてもうひとつが、ライバルとなるタイ米の値段があがっていることです。

ちなみに、シンガポールにもっとも米を輸出している国はインドとなっており、タイを逆転しました。

タイはジャスミンライスの輸出国として有名だったのですが、値段があがったため、割高な日本米を人々は買うようになり、そして、そのまま買い続けているということです。

明治屋では、タイ米の5キロが18.95ドルで売られており、魚沼産のコメが2キロで21ドルとなっています。

とはいえ、日本米のシェアはまだまだ低く、総消費量の1%にもなりません。

しかし、シンガポールのスーパー、ジャイアントやフェアプライスといったところでは、購入される量が非常に高い伸び率で増えているということです。

TPPや高齢化問題で話題になる日本のコメですが、日本からの主力輸出品として定着するようになるといいですね。

AD

関連記事

Jpeg

ホーチミン 庶民派シーフードの名店 Five Oysters

ホーチミンのブイビエン通りにある、シーフードで有名なベトナム料理店、Five Oysters

記事を読む

19016734339_f35b7897da_z

中国の為替切り下げ、人民元安は、観光に影響しないのか?爆買いは減るのか❓

2015年8月12日に、中国政府は、不振の経済をテコ入れするために、為替の切り下げ、人民元安という政

記事を読む

inject

糖尿病が多いシンガポール。日本人などアジア系人種は糖尿病になりやすいので食生活には気をつけましょう

調査によると、シンガポールは先進国では2番目に糖尿病の罹患率が高いとのことです。 Singapor

記事を読む

malaytrain

シンガポールークアラルンプール間の高速鉄道の完成は遅れる可能性が高いと発表

マレーシアのクアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道は、2020年に完成する予定でしたが、マレー

記事を読む

6026322511_aa5a9b6d23_z

ITでますます便利になる「スマートシンガポール」

私はどちらかというと、ゲイランとかリトルインディアとかどこか昔のアジアの面影のあるところのほうが好き

記事を読む

lioncity1

ホーチミンの高級シンガポール料理店LIONCITY

  ホーチミンの高級シンガポール料理店LIONCITYに行ってみました。日本

記事を読む

8003284931_a7f088e3e0_z

シンガポールのお金持ちベスト10

シンガポールは、世界で7番目に一人当たりGDPの高い国です。わずか550万人の人口で、3390億ドル

記事を読む

21270858406_7e1d50d6b7_z

シンガポールやマレーシアの大気汚染。インドネシア発のヘイズはいつまで続くのか

インドネシアのスマトラ島やカリマンタン島で行われている焼畑農業が原因と指摘されている大気汚染、ヘイズ

記事を読む

Jpeg

ホーチミンでブラジリアン・シュラスコを Samba

世界中の料理が楽しめるホーチミン市。今回の記事では、ブラジルの肉料理、シュラスコを楽しめるお

記事を読む

starbucks1

ベトナムのスターバックスは新興国市場進出のお手本?

写真はホーチミンのスターバックス   つい先日、ベトナムの首都ハノイに、スター

記事を読む

PAGE TOP ↑