シンガポールからジョホールバルへ、バスで陸路の国境超え

公開日: : 最終更新日:2016/01/05 アジアの旅行、観光、交通, シンガポールの事情, マレーシアの事情

AD

2015年2月中旬から2月末にかけて行ってきたシンガポール、マレーシア、インドネシア旅行の旅行記です。今回の記事は2日目になります。

シンガポールは物価やホテル代が高いので、隣のマレーシアのジョホールバルに行くことにしました。将来、ジョホールバルに移住することも見据えての現地調査もかねています。

地下鉄に乗って、カランから来たのウッドランドを目指します。ここから出ているバスに乗ってコーズウェイというシンガポールとマレーシアを結ぶ道路を行くと、ジョホールバルに行けます。

Jpeg

イミグレーションの通過などもあるので、所要時間はだいたい2時間くらいです。

 

ウッドランドの駅を降りて、バスターミナルに向かいます。

Jpeg

この950番のバスにのります。1ドルコインや2ドル紙幣を多めに用意しておきましょう。これから何度かバスにのりますが、おつりがでません。どのバスもだいたい2ドルくらいとられます。

Jpeg

Jpeg

このバスに乗って10分くらいで、シンガポール側の国境につきます。

Jpeg

AD

イミグレーションを通過すると、ダブルデッカーのバスが待っています。これでコーズウェイを超えます。

Jpeg

車窓から見たコーズウェイの様子。

Jpeg

マレーシア側の国境です。

Jpeg

国境を超えるとJBセントラルに到着です。シティスクエアとつながっています。

Jpeg

ジョホールバルには特にホテルの予約などせずに行きましたが、最初はホテルが見つからず困りました。シティスクエアを背に左に向かっていくと、ホテルが集まっているところがありますので、そこに行くといいでしょう。

私がとまったのは中華系のゲートウェイホテルというホテル。1泊88リンギで、可もなく不可もなくというホテルでした。

Jpeg

飛行機の中が寒かったのが悪かったのか、風邪気味になってしまい、1日目に宿泊したカプセルホテルであまり寝られなかったこともあって、ジョホールバルのホテルについたら、そのまま寝込んでしまいました。

AD

関連記事

7119180883_0b63ea2119_z

爆買い、インバウンド消費のヒント。アジアの富裕層、シンガポールのお金持ちが好きな物

アベノミクスと言うのは、要するに大規模な金融緩和で円安にするということなのだと思いますが、これによっ

記事を読む

7799625144_bfc57b31c7_z

タイ、タクシー配車サービスのUberの利用を禁止

スマートフォンで手軽にタクシーやハイヤーを呼べるサービス、Uberはタイでは違法と認定されました。

記事を読む

3002002995_a99bb872ef_z

未婚・独身が増えているシンガポール

シンガポールの結婚適齢期の人口、25歳から29歳の男女の70%は未婚です。このことは少子化につながる

記事を読む

4235692473_b780cf956c_z

シンガポールの不動産投資で大損した日本人投資家

私のような貧乏人には縁のない話ですが、お金持ちが不動産が好きなのは、東南アジアのお金持ちも日本人も同

記事を読む

表紙1

ベトナムの穴場ビーチリゾート、ニャチャンに行く前に知っておきたいこと

2016年のお正月は、ベトナムのビーチリゾート、ニャチャンに行ってきました。 ベトナム人、ロシ

記事を読む

20383394019_5292a67a59_z

ASEAN経済統合が、シンガポールの経済成長に与える影響

先日、ASEAN首脳会議が開催され、正式に経済統合を推進するとの宣言が出されました。 これによ

記事を読む

15580165785_d1423a386c_z

シンガポールの悪質商法、ヘアケア Beijing101

シンガポールを旅行していたベトナム人旅行者がショッピングモールのSim Lim Squareで、iP

記事を読む

Jpeg

ホーチミンのイスラム教の聖地モスクに行き、トルコレストランでケバブを食べた

日本人の湯川さんと後藤健二さんがイスラム国の人質となって以来、にわかに注目を集めているイスラム教。

記事を読む

4603746261_ce87026a46_z

K-POPのB1A4、マレーシアでイスラムの戒律を破りひんしゅくを買う

韓国のK-POPは東南アジアで大人気で、マレーシアでもそのようですが、男性グループのB1A4がクアラ

記事を読む

3630378686_001d2ea71d_z

シンガポール、各国の規制強化でメイドの人件費と物価があがる可能性

シンガポールにお住まいの方は、フィリピンやインドネシアのメイドを雇われている方もいるかもしれませんが

記事を読む

PAGE TOP ↑