シンガポールからジョホールバルへ、バスで陸路の国境超え

公開日: : 最終更新日:2016/01/05 アジアの旅行、観光、交通, シンガポールの事情, マレーシアの事情

AD

2015年2月中旬から2月末にかけて行ってきたシンガポール、マレーシア、インドネシア旅行の旅行記です。今回の記事は2日目になります。

シンガポールは物価やホテル代が高いので、隣のマレーシアのジョホールバルに行くことにしました。将来、ジョホールバルに移住することも見据えての現地調査もかねています。

地下鉄に乗って、カランから来たのウッドランドを目指します。ここから出ているバスに乗ってコーズウェイというシンガポールとマレーシアを結ぶ道路を行くと、ジョホールバルに行けます。

Jpeg

イミグレーションの通過などもあるので、所要時間はだいたい2時間くらいです。

 

ウッドランドの駅を降りて、バスターミナルに向かいます。

Jpeg

この950番のバスにのります。1ドルコインや2ドル紙幣を多めに用意しておきましょう。これから何度かバスにのりますが、おつりがでません。どのバスもだいたい2ドルくらいとられます。

Jpeg

Jpeg

このバスに乗って10分くらいで、シンガポール側の国境につきます。

Jpeg

AD

イミグレーションを通過すると、ダブルデッカーのバスが待っています。これでコーズウェイを超えます。

Jpeg

車窓から見たコーズウェイの様子。

Jpeg

マレーシア側の国境です。

Jpeg

国境を超えるとJBセントラルに到着です。シティスクエアとつながっています。

Jpeg

ジョホールバルには特にホテルの予約などせずに行きましたが、最初はホテルが見つからず困りました。シティスクエアを背に左に向かっていくと、ホテルが集まっているところがありますので、そこに行くといいでしょう。

私がとまったのは中華系のゲートウェイホテルというホテル。1泊88リンギで、可もなく不可もなくというホテルでした。

Jpeg

飛行機の中が寒かったのが悪かったのか、風邪気味になってしまい、1日目に宿泊したカプセルホテルであまり寝られなかったこともあって、ジョホールバルのホテルについたら、そのまま寝込んでしまいました。

AD

関連記事

15530975347_e7577ac73c_z

iPhone6詐欺商法のシンガポールは国際的な信頼を回復できるか?

コピー商品の販売がまかりとおる東南アジアの中で、シンガポールは安全な買い物ができる国として、周辺諸国

記事を読む

14201512549_f6cd7b84a6_z

エアアジア、1枚で東南アジアの10都市を訪問できるASEAN PASSを発売

エアアジアは、1枚で、好きな東南アジアの10都市を訪問できるASEAN PASSを発売します。発売開

記事を読む

5427840782_5b1ee71d66_z

シンガポールで日本食レストランとユニクロがショッピングモールの集客を左右する

シンガポールはショッピングモールがたくさんありますね。Vivo cityや、Bugis+、ラッフルズ

記事を読む

15240044118_c7d62465a0_z

湯川・後藤氏を人質にしたイスラム国への玄関として中国人テロ組織に利用されるクアラルンプール空港

日本人の湯川遥菜さんと後藤健二が人質となり、いままで遠い外国での出来事と思いがちだったイスラム国が、

記事を読む

Jpeg

マレーシア、ジョホールバルは移住やショートステイに向いているか❓

マレーシアはビザなしで3か月滞在でき、一度国外にでれば、さらに3か月延長できるので、ビザなしでも半年

記事を読む

5238549192_d0e355f576_z

パリを安く観光する!パリ観光パスポート

世界の各都市を旅行するときに、観光費用を大幅に節約できる観光パスをシンガポール、ニューヨーク観光パス

記事を読む

jihadist

イスラム国(ISIS)の自爆テロ犯になるマレーシア人が増えている

2015年はフランスでの自爆テロ事件が世界を恐怖に陥れ、また、2016年は新年早々、トルコのイスタン

記事を読む

1468622141_1a1c42db68_z

ベトナム航空、2015年下半期から飛行機機内でインターネットが可能に

世界的無線サービス企業、Gogoがベトナム航空に飛行機機内でインターネットを使えるようにする通信サー

記事を読む

Jpeg

ホーチミン観光案内 水上人形劇

ベトナムのホーチミンで生活していると、なかなか行かないのですが、日本から知人が訪ねてきましたので、ベ

記事を読む

12006996704_fe169f1476_z

日本政府は、外国人労働者受け入れ拡大を検討しているが、先行事例のマレーシアは受け入れを抑制

日本は少子高齢化がすすみ、若者の数が減り、特に単純労働や肉体労働に従事する人が減ってきています。

記事を読む

PAGE TOP ↑