韓国のアシアナ航空が国際線LCC、ソウルエアーを年内にも設立へ

AD

韓国のアシアナ航空が、2015年内にも、LCCを設立する計画があることを明らかにしました。

新しいLCCは、ソウルエアーという名称で、インチョン空港を拠点空港とし、国際線専用にする予定とのことです。
Asiana to launch 2nd budget airline

そして、アシアナ航空にとって、利益率の低い、航路が短い路線を中心に運行していくとのこと。

実は昨年からこの計画はあったのですが、アシアナ航空傘下のエアプサンの株主から反対されておりました。

韓国の都市プサンを拠点とするLCC、エアプサンにはアシアナ航空が46%出資しています。しかし、計画も承認され、新しいLCC、ソウルエアーの社長人事も決定しています。

エアプサンとの乗客の奪い合いになるのではないかという懸念があるのですが、エアプサンはプサンを拠点としているので、そうはならないと、同社の担当者は述べています。

日本もそうですし、東南アジアでは顕著ですが、ローコストキャリアは毎年、高い成長率で成長しており、従来の大手航空会社のシンガポール航空や日本の全日空も子会社にLCCをもってその路線を増やしています。LCCが増えるのは世界的な傾向です。

AD

従来タイプの大手航空会社は、航路が長く、利益率も高い国際線に特化していき、航路の短い路線はLCCが結ぶというようにすみわけられる傾向が強まっています。

確かに、LCC特有の窮屈な座席は、短時間なら我慢できますが、長時間乗っているのはつらいものがありますね。逆に言えば、短時間ならば、不便さを我慢しても運賃が安いほうを選ぶ乗客が増えてきているということです。

しかし、韓国にはすでにLCCが、最大手のチェジュエアー、大韓航空系のジンエアー、そしてエアプサン、イースタージェット、Tウェイ航空とあり、すでに飽和状態ではないかという指摘もあります。

それに対して、アシアナの担当者は、従来のLCCは国内線が中心なので、国際線である新LCCは競合しないと述べています。

利用者にとっては、選択肢が増えることはありがたいことです。おそらく、新しいLCCのソウルエアーは日本との路線も持つことになるでしょう。近距離ですし、国際線ですから。

選択肢が増えれば、飛行機の運賃が安くなれば、いっそう韓国へ行く機会も増えるのではないでしょうか。

AD

関連記事

380710524_68112203e0_z

韓国でマーズ(MERS)中東呼吸器症候群)が流行。韓国の状況は?

韓国でマーズ(MERS・中東呼吸器症候群)という病気がはやっており、2人が死亡、30人が罹患している

記事を読む

9609857306_41545b51d3_z

K-POP 「2AMは解散しません。」とイム・スロンが宣言

K-POPの2AMのメンバー、イム・スロンが、2AMはメンバーの結束が強いので、解散したりしません。

記事を読む

IMG_0098

2000年代の韓国歴史ドラマ人気ランキング

私は韓国のドラマでは、歴史ドラマが好きです。もともとNHKの大河ドラマが好きなのですが、その年の大河

記事を読む

6059031406_688c70936e_z

韓国で最も稼いでいる女優ランキング、チョンジヒョン、イヨンアヱ

韓流スターのトップ女優たちは、ドラマに出演すると、いくらギャラを稼いでいるのでしょうか。 What

記事を読む

danieldaekim

アメリカ、ハリウッドで人気の韓国芸能人ランキング

アジアのエンタメは韓国のドラマや映画が一歩リードしている感があります。 日本のエンタメというと

記事を読む

tero3

ソウルでもテロ計画があった!韓国でのイスラム国のテロの可能性

2015年11月13日に発生した、イスラム国(ISIS)による、フランス、パリのテロは世界を恐れさせ

記事を読む

leejoon

イジュン、韓国ドラマ「ヴァンパイア探偵」への意気込みを語る

KPOPグループのMBLAQから脱退した、イジュンが、韓流ドラマ「バンパイア探偵」に出演する意気込み

記事を読む

produce101

韓国のバラエティ「プロデュース101」違法行為で非難を浴びる

韓国旅行中に、ホテルのテレビで見ていたのがプロデュース101です。 もちろん、韓国語しか話され

記事を読む

3196845146_f392dfec8f_z

インドネシアで行方不明のエアアジア機QZ8501に何が起きたのか

インドネシアのスラバヤ発シンガポール行きエアアジアQZ8501機が行方不明になってから1日が経過しま

記事を読む

sonjungi2

CM出演オファーが殺到しているソンジュンギ

韓国ドラマ「太陽の末裔」は韓国で視聴率30%越えを果たしただけでなく、中国や東南アジア諸国で社会現象

記事を読む

PAGE TOP ↑