FX、歴史的安値のトルコリラ

AD

私はFX取引で、もっぱらスワップポイント狙いで、高金利通貨を中心に運用しています。

トルコリラも主な運用対象です。今日現在、1万通貨あたり、1日あたり105円もスワップポイントがつきます。私がつかっているFX会社ではもっとも大きなスワップポイントがつく通貨です。

そのトルコリラですが、対ドルで歴史的安値となっています。資金がトルコから流出し、米ドルに逃げようとするので、トルコ政策当局は、トルコリラ防衛のために必死です。

Turkey scrambles to thwart rush to US dollar

エルドアン大統領は、トルコリラが最安値を更新した際に、中央銀行総裁や副総理と協議することを明らかにしました。

エルドアン大統領は、最近のトルコリラ安は、投機筋が原因だとしており、トルコ側が原因ではなく、ドルやユーロの問題と指摘しています。ドルは買われすぎているので、いずれ調整するだろうとも指摘しています。

しかし、トルコ政府は、エルドアン大統領とは反対のスタンスで、政府は中央銀行に介入すべきではないと、広報担当官は述べています。

現在のトルコのインフレ率は8%で、公定歩合も8%程度であり、これ以上の金利引き下げは適切とは言えないとも指摘しています。

トルコリラは、ECBの量的緩和発表のあとに、対ドルで2.58でしたが、アメリカの雇用統計発表直後に、2.635という歴史的安値を更新しました。

AD

アメリカの失業率が5.5%となり、アメリカの経済回復と金利上昇を見込んだ投資家が、トルコリラを売ってドル買いを強めたためです。

2月以来、トルコリラは6%も対ドルに対して安くなっています。

トルコ当局は、つい最近、ニューヨークで投資家たちとミーティングを持っていました。そしてその会合は成功したと述べています。

そして、政府担当者は、中郷銀行は独立していなければならず、その独立的な立場からの判断は尊重されなければならないと述べています。また、エルドアン大統領が中央銀行の金融政策を批判しているのは、中央銀行の政策に介入しようということではないとも述べています。

しかし、トルコの総理は、金利は引き下げるべきだと述べており、そしてそうなることを政府は期待しているが、中央銀行総裁は、金利引き下げに否定的な立場とのべています。

このやりとりは、民主党政権のときの、白川総裁と政府のやりとりを思い出します。金融緩和にあまり肯定的ではなかった白川総裁に、当時の政府がさかんに圧力をかけていた状況です。

中央銀行にはさまざまなスタンスがあり、経済状況を重視して、積極的に緩和をするタイプのスタンスの人、たとえばバーナンキ前FRB議長や、現在のECBのドラギ総裁などがそれにあたるでしょう。

一方、中央銀行は通貨の番人で、通貨の価値を守るために、あまり緩和に積極的でないスタンスの人もいます。典型的には前の日銀の白川総裁ですが、トルコの中央銀行総裁もこのタイプに属するのでしょうか。

AD

関連記事

money

ベトナムのインフレ率は低い。金利低下の余地あり

中央銀行は、景気が悪いと、政策金利が低くなるように金融政策を行い、民間銀行が企業や個人にお金を貸

記事を読む

5883929125_2e94eaba5d_z

トルコのEU加盟が進展。トルコリラはなくなりユーロになる?中長期リスク

トルコはヨーロッパ共同体、ECと呼ばれていた時代から、加盟に積極的でした。外交政策の目標としてEUの

記事を読む

2125697998_b053ac13e1_z

マレーシアで増える富裕層、超お金持ちとその投資行動

マレーシアでは、富裕層を今後10年間で42%増えるという予測が立てられています。 Rise of

記事を読む

3277441929_64624506b9_z

アメリカ利上げの影響。ベトナムドンの通貨安、大幅下落の可能性

アメリカの利上げにより、新興国の通貨は売られて、通貨安になっていますが、私の住むベトナムも例外ではあ

記事を読む

Jpeg

HSBC香港で有利な資産運用。投資信託(ユニットトラスト)を選んでみる

休暇を利用して香港に行きます。 その目的は、HSBC香港でインターネットバンキングを使うために

記事を読む

48063088_673061b3a3_o

シンガポールの銀行ATMでお金が盗まれる手口

シンガポールというと、きれいで安全。というイメージですが、ATMでお金をおろすときは注意しなくてはな

記事を読む

bank2

貸倒引当金の充実に努めるベトナムの銀行

銀行は、企業や個人にお金を貸して、その利息で収益を上げるというビジネスです。 ところで融資

記事を読む

13346623705_d3a237081f_z

トルコ、イスタンブールで自爆テロ。犯人はシリア難民、イスラム国(ISIS)の可能性

トルコのイスタンブールで自爆テロとみられる爆発事件があり、少なくとも10名が死亡し、15名がけが

記事を読む

9871962075_588eb8878e_z

爆買いにも影響。中国人の人件費、平均給料の事情

中国の景気は悪い悪いと言われており、日本株をはじめ世界の株式市場や原油価格にも影響を与えております。

記事を読む

Jpeg

HSBC香港のマルチカレンシー口座に米ドルで預金してみる

私はベトナムのホーチミンで働いていますので、給料はベトナムの通貨、ベトナムドンで受け取ります。

記事を読む

PAGE TOP ↑