東南アジアの複数の国を周遊旅行するとき、お金の両替で知っておきたいこと

公開日: : 最終更新日:2015/02/28 お金に関すること, アジアの旅行、観光、交通

AD

東南アジアの国々、ASEAN諸国は、距離的にも近いので、1国だけ旅行するのではなく、複数の国を旅行するという人も多いことでしょう。

たとえば、シンガポールとマレーシアを旅行するとか、ベトナムとカンボジアとタイを回ってみるとか。

国によっては陸路で国境を越えられますので、日本では体験できない国境越えを経験できます。

このように東南アジアの複数の国を周遊するときに、気を付けておきたいのが、お金の両替です。当然ですが、ある国を旅行したときはその国の通貨を使いますよね。

そして別の国では、その通貨を、次の国の通貨に両替することになりますが、両替してもらえない場合や難しい場合があるのです。

たとえば、カンボジアの通貨はリエルといいますが、カンボジア国内ではリエルは当然使えますが、カンボジアを国外に一歩でもでると、銀行でも両替屋さんでも両替に応じてもらえません。

そういうわけで、カンボジア国内では米ドルも流通していますので、基本的に米ドルを使い、カンボジア出国前に両替屋に行って、持っているカンボジアリエルをすべて米ドルに両替しておくことが基本です。

自国の通貨があるにもかかわらず、米ドルなど他の国の通貨が流通しているような国の通貨は、その通貨の国際的な信用がないため、他国での両替に応じてもらいにくいということになります。基本的には経済力の弱い国ですね。

他にはラオスではタイバーツが流通していたり、ミャンマーでは米ドルが流通しているようですね。

さて、私が生活しているベトナムは以前は米ドルでの支払いも大丈夫でしたが、最近はベトナムドンでしか受け取ってもらえなくなってきました。それだけ、ベトナムの経済力も増しており、ベトナムドンの信用力も高まってきているのでしょう。

そういうわけで、今回、マレーシアやインドネシアでベトナムドンの両替を試みたのですが、非常に厳しい結果でした。

ベトナムドンをマレーシアで両替してみる

マレーシアのジョホールバルでベトナムドンをマレーシアの通貨、リンギに両替することを試みたのですが、両替屋さんを3軒回ってやっと両替に応じてもらえました。

JBセントラルの両替屋さん。ベトナムドンの両替は拒否されました。
Jpeg

AD

ジョホールバルのJBセントラルを背に左手に行くと、ホテルが集まっているところがあり、そこに両替屋さんがあったので、何軒かあたったら、2軒目でやっとベトナムドンの両替に応じてもらえました。

インドネシア、ジョグジャカルタでベトナムドンを両替してみる
ボロブドゥールやブランナバン寺院といった世界遺産にもっとも近い町、ジョグジャカルタ。ここでベトナムドンの両替を試み、2軒ほど両替屋、Moneychangerを回りましたが、2軒ほど拒否されます。ちなみに、シンガポールドルやマレーシアリンギの両替は問題なかったです。

moneychanger4

インドネシア、バリでベトナムドンを両替してみる
バリのクタビーチ近くには観光客が集まるので、ホテルや両替屋さん、旅行代理店、お土産屋さんなどがたくさんあります。

下の看板はある両替屋さんのところで、ここでベトナムドンを両替しようとしたところ、困った顔をされて、できないことはないが、レートはすごく悪いよ。といわれました。
Jpeg

そういうわけで、東南アジアを周遊するときに、次の国に行くときは、出国前に次の国の通貨に両替しておきましょう。
下の記事が参考になるかと思います。
ベトナムからASEAN諸国に行くとき、お金はどのように持ち込むか

それができなければ、米ドルか日本円ですね。ちなみに、ベトナムから日本に戻るときは出国前にベトナムドンを日本円にしておいたほうがいいでしょう。

まとめ
私の知る限りの東南アジアの通貨の強弱についてまとめておきます。

シンガポールドル:他のどの東南アジアの国に行っても両替はOK
マレーシアリンギ:シンガポール、インドネシア、ベトナムでは両替可能なことが確認済み。
インドネシアルピア:ベトナムでは両替OK
タイバーツ:他のどの東南アジアの国に行っても両替はOK
ベトナムドン:シンガポールやカンボジアでは両替OK、マレーシアでは難しく、インドネシアでは不可能
カンボジアリエル:基本的にカンボジア国内だけ。他の国で両替は不可能

ミャンマーとラオスは行ったことがないので、何とも言えませんが、おそらく難しいでしょう。米ドルの利用が基本でしょうね。

AD

関連記事

12890115583_1802653130_z

ホーチミンのバイク所有者に来年から道路税が徴収されるかも

  ホーチミン市の運輸局はホーチミン市政府に、バイクの利用者から道路税を徴収すること

記事を読む

9000704180_6321682c39_z

中国で一番のお金持ち

最近の日本の百貨店などの売り上げは中国人観光客に支えられているという報道を見ました。1回の訪日で平均

記事を読む

Jpeg

マレーシア・ジョホールバル観光

2015年2月中旬にベトナムからシンガポール、マレーシア、インドネシアに旅行したときの旅行記です。

記事を読む

Jpeg

ベトナム・ニャチャン、大自然の山の中の温泉でベトナム女子、ロシア人女性と混浴!ヤンベイ公園ツアー3

ベトナム、ニャチャンに旅行に行ったときに、日本人にはあまり知られていないヤンベイ公園ツアーに参加しま

記事を読む

changi

世界の空港ベストランキング(2015年版)、アジアの空港が上位を占める

毎年、世界の空港ランキングを発表している、調査会社スカイトラックスが2015年のもっともすぐれた空港

記事を読む

Jpeg

ベトナムからASEAN諸国に行くとき、お金はどのように持ち込むか

インドネシアの天候を心配しつつも、シンガポール、インドネシア方面の旅行の準備を進めています。

記事を読む

Jpeg

シンガポールからジョホールバルへ、バスで陸路の国境超え

2015年2月中旬から2月末にかけて行ってきたシンガポール、マレーシア、インドネシア旅行の旅行記です

記事を読む

1468622141_1a1c42db68_z

ベトナム航空、2015年下半期から飛行機機内でインターネットが可能に

世界的無線サービス企業、Gogoがベトナム航空に飛行機機内でインターネットを使えるようにする通信サー

記事を読む

DSCN0630

バリ島観光ツアー体験記、ウルワッ寺院とケチャダンス

バリ島観光の目玉のひとつ、夕焼けが美しいウルワッ寺院とケチャダンスを、バリの現地旅行代理店のツアーに

記事を読む

Jpeg

インドネシア・ジョグジャカルタのツアー体験記 ボロブドゥールとブランナバン寺院

世界遺産となっているボロブドゥールとブランナバン寺院。ボロブドゥールは仏教で、ブランナバン寺院はヒン

記事を読む

PAGE TOP ↑