マレーシアでSIMフリースマホ用にSIMカードを買ってみた

公開日: : 最終更新日:2016/01/05 アジアのケータイ・ネット, マレーシアの事情

AD

日本でも普及してきたようですが、海外に行くときはSIMフリーのスマホが非常に役立ちます。

日本で使っているスマートフォンをそのまま海外で使うと、電話代がすごいことになりますし、海外で使えるモバイルWIFIを使う人もいるようですが、これも1日あたりの使用料を考えると、それほど安いものではありません。

それよりも、SIMフリースマホにして、現地でSIMカードを調達したほうが、安上がりになることのほうが多いでしょう。

マレーシアのジョホールバルでSIMカードを購入して利用してみました。

 

SIMカードを購入したお店です。ジョホールバルの中心、JBセントラル付近に携帯電話屋さんはたくさんあります。

Jpeg

マレーシアの通信会社はいろいろとあるようですが、今回はUmobileという通信会社のSIMカードを購入。お店の人に”I use Internet only”というと、インターネットだけのSIMカードを見せてもらえます。

お値段は30マレーシアリンギ。1000円くらいです。
DSCN0524

自分でもできますが、お店の人にSIMカードを私のスマートフォンにセットしてもらいました。
DSCN0525

AD

このSIMカードの購入はめんどくさく、時間もかかりました。英語で携帯ショップの店員さんと交渉するのがめんどくさいという方は、日本で、海外WiFiレンタル
GLOBAL WiFi
を借りるというのも一つの方法でしょう。時間の節約にもなります。値段は海外パケット定額
>>>1日380円~
となっています。

私は、ASUSのZenfone5を使っています。ベトナムで買いましたが、日本でも人気の機種になっているようですね。

SIMフリースマホは日本ではMVNOから、このマレーシアのようにSIMカードを購入して、日本でも電話やネットが使えます。

MVNOはドコモやソフトバンク、Auといった通信会社ではなく、これらの通信会社から回線を借りて、通信サービスを行っている会社で、大手通信会社よりも電話代や通信費が安くなることがほとんどです。

MVNOにはいろいろありますが、通信費が業界最安値級で、かつ通信範囲がひろいというコストパフォーマンスのいい業者として、DMM mobile が人気となっています。

また、SIMフリーのスマートフォンに買い替える時は、携帯電話やスマートフォンの買い取りサイトが便利です。

自分が使っているスマートフォンが、いったいいくらくらいで買い取ってもらえるのか、わざわざ店舗にいかなくても、確認することができ、値段が気に入れば、お店にいくこともなく、ケータイやスマホを買い取ってもらえます。

たとえば、『買取けんさく君(中古)』スマホ買取ネットを使って、買い取り価格を調べられます。

AD

関連記事

jihadist

イスラム国(ISIS)の自爆テロ犯になるマレーシア人が増えている

2015年はフランスでの自爆テロ事件が世界を恐怖に陥れ、また、2016年は新年早々、トルコのイスタン

記事を読む

7186037473_1b99ae4572_o

e-learningが新興国ベトナムで利用者が少ない理由

e-learningは、場所や時間の制約がないので、非常に便利だと思うのですが、ベトナムではあまり利

記事を読む

DSCN0364

ベトナムで買った6インチSIMフリースマホで雑誌のfujisanの電子版雑誌を読んでみる

  先日、ベトナムで6インチのSIMフリースマホのASUS Zenfone6を購入し

記事を読む

F1 / MALAYSIA GP 2010

2015年F1マレーシアGPでK-POPの少女時代がコンサート

F1のマレーシアグランプリがまもなく開催されますが、その際、恒例のコンサートは、K-POPの少女時代

記事を読む

no image

短期滞在中の香港、中国深センのネット環境

普段、ベトナムのホーチミンで生活していると、カフェがあちこちにあり、だいたい無料でWifiを利用でき

記事を読む

Untitled

”iPhone6”は、ベトナムですでに7000件の予約が入っている

おそらくあとで削除されるでしょうから、記念のスクリーンショットをとっておきました。 http:

記事を読む

14507642703_9c6fc464da_z

シンガポール女子ブロガーによるシンガポールの楽天の口コミ

楽天は英語を社内公用語化しているだけあって、急速に海外進出を進めています。中国への進出はしていないも

記事を読む

15240044118_c7d62465a0_z

湯川・後藤氏を人質にしたイスラム国への玄関として中国人テロ組織に利用されるクアラルンプール空港

日本人の湯川遥菜さんと後藤健二が人質となり、いままで遠い外国での出来事と思いがちだったイスラム国が、

記事を読む

MALAYSIA-ECONOMY-POLITICS-BUDGET

マレーシアの新しい税金(GST)導入で、値段が上がるもの、下がるもの

4月からマレーシアでは新しい税金、Goods and Service Tax(GST)が導入されます

記事を読む

8688601778_af8a6d3f2c_o

韓国旅行が便利に!携帯電話が韓国入国後すぐに使えるようになります。

海外旅行のときに欠かせないものは、財布、パスポートに加えて、今はスマートフォンではないでしょうか。

記事を読む

PAGE TOP ↑