インドネシアのATMでキャッシュカードやクレジットカードを使うのは危険か?

AD

東南アジアでは、ATMからスキミングをするギャングがはびこっており、彼らは巧妙な手口で、キャッシュカードやクレジットカードから情報を盗み出し、カードをコピーしてしまいます。

日本人が多い、タイ、バンコクのスクンビットでも被害は報告されておりますし、私の住むベトナムのホーチミンでも当局が警告を発しています。

これは意外と深刻に受け止められており、このあいだなど、よくいくカフェのおじさんに真顔でどうしたら防げると聞かれました。

インドネシアではどうなのだろうと事情を調べていたら、次のような事件があったことがわかりました。
Police Bust ATM Skimming Racket

2014年の話ですが、インドネシア警察が、ATMでスキミングを行っていたマレーシアのギャング団を逮捕したというのです。

このギャング団は、ATMのスキミングを通して10万ドル以上のお金を盗み出していたというから驚きです。

彼らの手口は、ATMカードから情報やPIN(暗証番号)を盗み出す機械を使っていたというもので、被害にあった人は112名、スキミングの対象となったのは、インドネシア最大級の銀行であるBank Central Asiaだったとのことです。

彼らはインドネシアのバタム島のフェリー船着き場でつかまるまでに、インドネシア各地のバンドゥンやジャカルタ、メダンそしてバタム島で暗躍しており、彼らはちょうど、船でインドネシアからマレーシアに戻るところを逮捕されました。

彼らの逮捕につながったのは銀行からの報告だったのですが、報告によると、不審なお金の引き出しがインドネシア各都市の病院のATMで行われていることがわかりました。

各ATMに備え付けられているカメラの映像を解析したところ、スキミングする機械がこれらのATMに取り付けられていることが発覚したということです。

警察によると、これらのギャング団は、スキミング装置をキャッシュカードの出し入れ口に設置して情報を読み取り、さらに、隠しカメラで、利用者がお金を引き出すときに入力するPINを読み取るという手口を使っていたとのことです。

AD

こうした盗み出した情報でキャッシュカードを偽造し、別のATMでお金を引き出していたということでした。

つかまったマレーシアのギャング団は21名にのぼり、うち18名は男性で、女性は2名、そして子供まで含まれていたということです。

また、銀行の頭取は、被害者には銀行が被害金額を補償すると表明しています。

これはインドネシアのATMスキミングの事件でした。東南アジアはいたるところにATMがあり、便利は便利ですが、あんなところに設置して大丈夫かなと思うようなところにもあります。

そして、警備のうすいATMを狙って、このようなギャング団が暗躍しているのです。

そういう意味では、インドネシアに限らず、東南アジアでは、できれば銀行のキャッシュカードやクレジットカードは使いたくないのですが、生活者はそういうわけにもいきません。警戒して使わなければなりません。

逆に、短期間しか海外にいない旅行者は、できればキャッシュカードやクレジットカードを使わずにすませたほうがいいということになります。

一番いい方法が、旅行で使うであろうお金を先に入金しておき、銀行のATMからお金を引き出せるプリペイドカードです。もちろん暗証番号は設定しておきます。
JTBが出している世界中で使えるキャッシュカード「MoneyT Global」があります。

このカードの主なメリットとしては、
・為替手数料が、通常よりも安い
・年齢制限なし、クレジットカードが作れない人でも作れる。
・24時間体制でサポートがある。

ということです。多めに入れておき、使い残したら日本で出金したらいいわけですし、万が一なくしても、日本に帰国したときに、(暗証番号も拾った人にばれていて引き出されない限りは)お金はそのままというわけです。

紛失した場合にそなえて、複数の手段を組み合わせるべきですが、手段のひとつとしておすすめの方法です。

AD

関連記事

Jpeg

東南アジアの複数の国を周遊旅行するとき、お金の両替で知っておきたいこと

東南アジアの国々、ASEAN諸国は、距離的にも近いので、1国だけ旅行するのではなく、複数の国を旅行す

記事を読む

Jpeg

ベトナムの、地元保険会社の医療保険の保険金を請求してみた

ベトナムで生活するうえで、怖いのは交通事故、そして病気したときの入院費用も非常に高くなるので、医療保

記事を読む

12183655143_5b0d955bdf_z

韓国、Uberを違法とし、CEOを告発

タクシー予約のスマートフォンアプリを、世界各国で展開するUberは、韓国で違法とされ、CEOが告発さ

記事を読む

15230927132_5fc8c7c041_z

日本人を人質にしたイスラム国,ISISへのシンガポールのスタンス

日本人の湯川遥菜さんと後藤健二さんが人質となり、いままで遠いところの出来事と思いがちだったイスラム国

記事を読む

Jpeg

ベトナムドンを香港ドルや中国の人民元に両替してみた

この記事は、ベトナムから中国や香港に行くという方向けの記事です。 ホーチミンから香港や中国に行

記事を読む

thai

イスラム国(ISIS)のテロリストがタイに潜入!ロシアからの情報

ロシアの情報当局によると、タイにイスラム国(ISIS)のテロリストと見られるシリア人が10人、入

記事を読む

Jpeg

ベトナムからASEAN諸国に行くとき、お金はどのように持ち込むか

インドネシアの天候を心配しつつも、シンガポール、インドネシア方面の旅行の準備を進めています。

記事を読む

14370021099_a2e509fb82_z

インドネシアでのリタイア生活、老後生活

老後やリタイアしたあとに、海外に移住して海外生活を送る場合、日本人に人気の東南アジアの国は、マレーシ

記事を読む

mynumber

海外移住者(非居住者)にマイナンバーが与える影響、年金・保険編

マイナンバーが導入されました。 かなり大きな影響を与える制度変更ですが、特に、日本を出て住民票

記事を読む

449707493_0db6432072_z

台湾製の廃油再利用食用油にご注意

数年前に、廃油を再利用して作られた中国の食用油が報道されて問題になりましたが、今回、台湾でこ

記事を読む

PAGE TOP ↑