インドネシアのATMでキャッシュカードやクレジットカードを使うのは危険か?

AD

東南アジアでは、ATMからスキミングをするギャングがはびこっており、彼らは巧妙な手口で、キャッシュカードやクレジットカードから情報を盗み出し、カードをコピーしてしまいます。

日本人が多い、タイ、バンコクのスクンビットでも被害は報告されておりますし、私の住むベトナムのホーチミンでも当局が警告を発しています。

これは意外と深刻に受け止められており、このあいだなど、よくいくカフェのおじさんに真顔でどうしたら防げると聞かれました。

インドネシアではどうなのだろうと事情を調べていたら、次のような事件があったことがわかりました。
Police Bust ATM Skimming Racket

2014年の話ですが、インドネシア警察が、ATMでスキミングを行っていたマレーシアのギャング団を逮捕したというのです。

このギャング団は、ATMのスキミングを通して10万ドル以上のお金を盗み出していたというから驚きです。

彼らの手口は、ATMカードから情報やPIN(暗証番号)を盗み出す機械を使っていたというもので、被害にあった人は112名、スキミングの対象となったのは、インドネシア最大級の銀行であるBank Central Asiaだったとのことです。

彼らはインドネシアのバタム島のフェリー船着き場でつかまるまでに、インドネシア各地のバンドゥンやジャカルタ、メダンそしてバタム島で暗躍しており、彼らはちょうど、船でインドネシアからマレーシアに戻るところを逮捕されました。

彼らの逮捕につながったのは銀行からの報告だったのですが、報告によると、不審なお金の引き出しがインドネシア各都市の病院のATMで行われていることがわかりました。

各ATMに備え付けられているカメラの映像を解析したところ、スキミングする機械がこれらのATMに取り付けられていることが発覚したということです。

警察によると、これらのギャング団は、スキミング装置をキャッシュカードの出し入れ口に設置して情報を読み取り、さらに、隠しカメラで、利用者がお金を引き出すときに入力するPINを読み取るという手口を使っていたとのことです。

AD

こうした盗み出した情報でキャッシュカードを偽造し、別のATMでお金を引き出していたということでした。

つかまったマレーシアのギャング団は21名にのぼり、うち18名は男性で、女性は2名、そして子供まで含まれていたということです。

また、銀行の頭取は、被害者には銀行が被害金額を補償すると表明しています。

これはインドネシアのATMスキミングの事件でした。東南アジアはいたるところにATMがあり、便利は便利ですが、あんなところに設置して大丈夫かなと思うようなところにもあります。

そして、警備のうすいATMを狙って、このようなギャング団が暗躍しているのです。

そういう意味では、インドネシアに限らず、東南アジアでは、できれば銀行のキャッシュカードやクレジットカードは使いたくないのですが、生活者はそういうわけにもいきません。警戒して使わなければなりません。

逆に、短期間しか海外にいない旅行者は、できればキャッシュカードやクレジットカードを使わずにすませたほうがいいということになります。

一番いい方法が、旅行で使うであろうお金を先に入金しておき、銀行のATMからお金を引き出せるプリペイドカードです。もちろん暗証番号は設定しておきます。
JTBが出している世界中で使えるキャッシュカード「MoneyT Global」があります。

このカードの主なメリットとしては、
・為替手数料が、通常よりも安い
・年齢制限なし、クレジットカードが作れない人でも作れる。
・24時間体制でサポートがある。

ということです。多めに入れておき、使い残したら日本で出金したらいいわけですし、万が一なくしても、日本に帰国したときに、(暗証番号も拾った人にばれていて引き出されない限りは)お金はそのままというわけです。

紛失した場合にそなえて、複数の手段を組み合わせるべきですが、手段のひとつとしておすすめの方法です。

AD

関連記事

21227982662_cb75ee93ef_z

バリ島は大丈夫?ウイグル系イスラム過激派が中国からやってくるインドネシア

昨年の今頃は、イスラム国の人質となった湯川さん、後藤さんの事件が日本で大変なニュースになりましたが、

記事を読む

4588692096_10e6663e06_z

マレーシアで聞いた駐在員妻の悩み「暇すぎる」とその解決方法

マレーシアのクアラルンプールには3ヶ月ほど滞在し、その間英会話学校に行っていました。 私が行っ

記事を読む

jihadist

イスラム国(ISIS)の南アジアの初めてテロ、バングラデシュのモスクを爆破

イスラム国(ISIS)のテロリストたちは、中東の後、ヨーロッパや北アフリカでテロを起こしていますが、

記事を読む

2527255596_db23df940f_z

日本人と韓国人のデートに関するデータ比較。デート費用とか回数とか。

韓国人は一回のデートに、いくらお金をつかうのでしょうか。 また、そもそも、1週間に何回デートし

記事を読む

Jpeg

ベトナムの、地元保険会社の医療保険の保険金を請求してみた

ベトナムで生活するうえで、怖いのは交通事故、そして病気したときの入院費用も非常に高くなるので、医療保

記事を読む

12217278683_67fcf195e9_z

日本から撤退するシティバンクで今後も海外のATMでお金をおろせるか?

海外で生活していると、どうしても日本の銀行預金からお金を引き出す場面というのがでてきます。 で

記事を読む

thaipolice

タイで遺体が発見された邦人男性の知人のタイ人女性、元夫も日本人で不審な事故で死亡していた

タイのバンコクで行方不明になっていた79歳の日本人男性、島戸義則さんがバンコク近郊の運河で遺体で発見

記事を読む

thaniya plaza

タイ、バンコクのタニヤプラザで日本人が焼身飛び降り自殺

日本人殺人事件が連日報道されるタイ、バンコクですが、今度は日本人の男性がタイ、バンコクのタニヤプラザ

記事を読む

2588508233_dc9babf3fb_z

ソウルで襲われたアメリカ人韓国大使と襲った韓国人犯人はどんな人か

アメリカの韓国大使マークリッパート氏が韓国、ソウルで、暴漢に襲われるという事件が起きました。犯人はキ

記事を読む

moneycarry

ベトナムにお金を持っていく方法と英語表示のATMの使い方

観光地としてはあまりメジャーとはいえないベトナムですし、日本で報道されることも多くはない国ですの

記事を読む

PAGE TOP ↑