ベトナムからASEAN諸国に行くとき、お金はどのように持ち込むか

公開日: : 最終更新日:2015/02/13 お金に関すること, アジアの旅行、観光、交通, ベトナムの事情

AD

インドネシアの天候を心配しつつも、シンガポール、インドネシア方面の旅行の準備を進めています。

とはいえ、たいした準備はなく、最悪パスポートとクレジットカードと若干のお金、航空券と2、3の着替えがあれば行けますので大して用意もしていません。必要に応じて現地調達する主義で、いつも手荷物はバックパックひとつと決めています。

当初の予定ではジャカルタからジョグジャカルタ、バリとまわってベトナムに帰ってくる予定だったのですが、ジャカルタで洪水が起きるほどの雨ということなので、ジャカルタは今回は見合わせようと考えています。

その代わりにシンガポール、マレーシアのジョホールバルに滞在し、ジョグジャ、バリと行ってくる予定です。

今回の記事では、ベトナムからこうしたASEAN諸国に行くときに、お金をどのように持っていくかということについて書きたいと思います。

お金を持っていく方法

お金をベトナムからASEAN諸国に持っていく方法としては

1.現金
2.トラベラーズチェック
3.国際キャッシュカード
4.クレジットカード

の4通りが考えられます。

1の現金はできれば使いたくない手段です。取られたり紛失したら終わりですから。

2のトラベラーズチェックは安全なのでこれにしたかったのですが、HSBCや旅行代理店に聞いてみたところ、ベトナムで扱っているところはないだろうということでした。

3の国際キャッシュカードは、私はシティバンクの口座を持っており、これでお金を引き出すことができるのですが、できれば日本の預金は動かしたくないと考えており、クレジットカードも同様です。

というのは、ベトナムで稼いだお金は、いずれ日本に送金しなくてはならないのですが、日本への送金手数料やら、日本の銀行で撮られる被仕向手数料が馬鹿にならないからです。

記憶が定かではないのですが、日本の銀行口座に一定の金額が外国から振り込まれると、被仕向手数料は5千円近かったと思います。これに送金手数料が加わりますので、30万円ほど送金すると、手数料として1万円くらい引かれるのです。

さらにベトナムから海外にお金を持ち出すのは、一回当たりの上限金額が5000ドルまでとなっています。2回にわけることになったら、その都度手数料がかかってしまうわけです。

そういうわけで、日本の銀行預金はなるべく減らしたくなく、ベトナムで稼いだお金を優先的に使うようにしています。私には日本で銀行預金口座から引き落とされるお金が毎月あります。年金とか保険とかですね。日本の銀行預金のお金は貴重なのです。

結局、結構な金額の現金を持ち歩くということになります。

ベトナムからASEAN諸国に行くときはどの通貨で持っていく?米ドル?日本円?

国によって信用度が異なり、それに応じて通貨の交換可能性が違ってきます。

たとえば、カンボジア。日本円や米ドルはもちろん、タイバーツだろうがベトナムドンだろうが、カンボジアではそれらを受け取り、自国の通貨カンボジアリエルに交換してくれます。

ところが逆に、カンボジアリエルは、カンボジアから一歩外国に出た瞬間に交換に応じてもらえません。ですので、カンボジアに行ったとき、リエルはそのまま使い切るか、出国前に米ドルに換えておくことが鉄則です。おそらくラオスの通貨キップも同じ事情でしょう。

ベトナムドンはどうでしょうか。ネットで調べたところ、シンガポールではベトナムドンはシンガポールドルに交換してもらえるようですが、インドネシアではベトナムドンを受け取ってもらえるかどうかは定かではありませんでした。

AD

米ドルを持っていくのがこういうことに悩まなくて済むのですが、ベトナムドン→米ドル→インドネシアルピアというふうに両替すると、ベトナムドン→インドネシアルピアとするよりも、手数料が余分にかかることになります。これは嫌ですね。

そこでどうしたらいいかというと、ベトナムの両替所で、ASEAN諸国の通貨を購入することができます。ベトナムで、シンガポールドルでもインドネシアルピーでも購入できます。

写真はベンタイン市場近くの両替所です。ここで米ドル、日本円はもちろん、ASEAN諸国の通貨が購入できます。ホーチミンですと、他にもファングーラオ通りやドンコイ通りにもあります。
Jpeg

 

ベトナム国内でシンガポールドルを調達することができました。200万ベトナムドン=126シンガポールドルでした。
Jpeg

 

マレーシアリンギもこのとおり
Jpeg

 

インドネシアルピアも調達できました。
Jpeg

日本からASEAN諸国に行くときはお金をどう持ち込むか

私の場合、やむなく現金で持ち込むことになりますが、最初に書いたように安全性という意味であまりいい方法ではありません。

トラベラーズチェックは安全ではありますが、手数料率が高いことと、両替が銀行でしかやってくれないので面倒くさいのと、インドネシアの地方などでは両替できるかどうかも怪しいです。

シティバンクなどが出している世界中の銀行ATMで引き出せる国際キャッシュカードやクレジットカードのキャッシングは、便利ですし、現金よりは安全でしょうが、東南アジア諸国では、スキミングといって、カードの磁気テープから情報を盗み出す手口が横行していますので、実はあまり安全ではありません。

一番いい方法が、旅行で使うであろうお金を先に入金しておき、銀行のATMからお金を引き出せるプリペイドカードです。もちろん暗証番号は設定しておきます。
JTBが出している世界中で使えるキャッシュカード「MoneyT Global」があります。

このカードの主なメリットとしては、
・為替手数料が、通常よりも安い
・年齢制限なし、クレジットカードが作れない人でも作れる。
・24時間体制でサポートがある。

ということです。多めに入れておき、使い残したら日本で出金したらいいわけですし、万が一なくしても、日本に帰国したときに、(暗証番号も拾った人にばれていて引き出されない限りは)お金はそのままというわけです。

紛失した場合にそなえて、複数の手段を組み合わせるべきですが、手段のひとつとしておすすめの方法です。

AD

関連記事

4492372453_afaa5bc054_z

老後の海外移住生活を考えるときは保険見直しのタイミング

消費税が8%にあがり、さらに10%への税率アップが確実な日本。 円安もあって、食料品の値段もあ

記事を読む

23830393963_86d282b9ff_z

FXやアフィリエイトなどネットビジネスで副業している海外移住者がマイナンバーを持っていない影響

海外で生活している方は、住民票を抜いてきた人も多いでしょう。 住民税を払わなくてよくなりますし

記事を読む

Jpeg

東南アジアの海外生活で生活習慣病を防ぐ食生活。韓国料理

海外で働く日本人は多いと思いますが、日本から赴任して働くというパターンが多いのではないでしょうか。

記事を読む

DSCN1021

ベトナム・ニャチャンの市内観光ツアー、ニャチャン水族館、ポーナガル チャム塔 、ロンソン寺、ニャチャン大聖堂

ベトナムのビーチリゾート、ニャチャンに2016年1月に旅行しました。 このビーチリゾートも、た

記事を読む

Jpeg

シンガポールからジャカルタへ。事故直後のエアアジアで移動

2015年2月中旬から2月末にかけて旅行したシンガポール、マレーシア、インドネシア旅行記です。

記事を読む

7115074725_2365555d9d_o

ベトナム、グェン・タン・ズン首相が遅れ気味の経済改革を強く促す

昨日の閣議で、ベトナムのグェン・タン・ズン首相が、今年の経済成長率5.8%の達成を実現するための

記事を読む

14568031520_cc0471ecbb_z

タイ、パタヤのATMはスキミングが危険。安全にお金を持っていく方法

タイに行く人は、バンコクに行くついでにパタヤにも行くという人は多いのではないでしょうか。 タイ

記事を読む

hanoiproperty

ベトナム ハノイの不動産市況が急回復

ハノイの不動産、特にオフィスビルの需要が2014年の第二四半期に急回復しました。 Compan

記事を読む

4562473907_b2a3ba674b_z

ベトナム語を学ぶコツ

私はベトナムのホーチミンで暮らしはじめて、まもなく2年になります。しかし、ベトナム語はほとんどわかり

記事を読む

3372323968_552de442b3_z

海外で加入した海外旅行保険 AIGトラベルガードの内容と保険金請求の仕方

ベトナムのホーチミンからインドネシアを旅行するのですが、イスラム国の活動など、最近いろいろと物騒なの

記事を読む

PAGE TOP ↑