海外でイスラム国(ISIS)に日本人が誘拐される可能性のある人と国

公開日: : アジアで起きた事件、危機管理

AD

イスラム国(ISIS)、あるいはISILの国内で誘拐された湯川さん、後藤健二さんは殺害されるという最悪な結果となってしまいました。

心からご冥福をお祈りしたいと思います。

ところで、湯川さん、後藤さんはイスラム国の支配する地域であるシリアで誘拐されたのですが、その他の海外の国で日本人が誘拐される危険性はないのでしょうか?

海外で生活する日本人のひとりとして、そして海外旅行が好きなものの一人として非常に気になるところです。

イスラム国(ISIS、またはISIL)は、世界各国から兵隊を募集しており、その人数は1万5千人と言われています。そして月に1000ドルを報酬として支払っているとのことです。

莫大な人件費をイスラム国は支払わなければなりません。財源が必要です。

現在、イスラム国の収入源は2つあると言われています。ひとつは、石油の密売、そしてもうひとつが身代金目的の誘拐です。

ご存知のとおり、石油価格は大きく下落しており、石油の密売を収入源としているとすれば、イスラム国も収入の減少で困っているはずです。そこで考えられるのが、身代金目的の誘拐が増えるのではないかという懸念です。

私の知る限り、イスラム国の支配する地域外で日本人が誘拐されたという事例はないのですが、今後を占ううえで国民がイスラム国に誘拐されている欧米の事情が参考になります。
Americans abroad at ‘high risk’ of ISIS kidnappings, terrorist attacks, U.S. warns

アメリカ政府は、アメリカ国民に対して、海外で誘拐されたり、テロの対象にあう危険性について警告しています。

ご存知のように、アメリカはイスラム国に対して攻撃を開始しており、イスラム国にとっては最大の敵でしょう。
そして、日本も今やイスラム国に、敵として名指しされているわけですから、アメリカと同様に思われているでしょう。

日本人、特に海外旅行に行ったり、海外で生活している日本人はアメリカ人と同じように警戒感を持たなければなりません。

まず、アメリカ政府は昨年の10月に、アメリカ国民に対して、中東、アジア、アフリカ、そしてヨーロッパの一部で、誘拐とテロの危険性があると警告しています。

AD

特に誘拐は、イスラム国だけでなく、アルカイダやその他の過激派集団にとって身代金目的で増加していると指摘しています。

誘拐の対象となりやすいのは、歴史的に見て、政府関係者だと説明しています。フランスやドイツでは、誘拐があった場合、身代金として100万ドルを誘拐犯に支払っていたということです。

日本人で誘拐された湯川さん、後藤さんについては、日本政府は誘拐の身代金を支払う意図がなかったことを表明していますが、これが公務であれば、さすがに支払うでしょう。そういうわけで、まず政府関係者や公務員の方は注意が必要です。

その他、大企業の社員や役員も危険と思いますね。身代金を支払う能力がありますから。

昨年10月時点で、アメリカ人のジャーナリストが2人誘拐されて殺害されており、そして、軍人をやめて人道支援に携わっているアメリカ人もまた殺害すると脅されました。イスラム国からすると、職業は関係なく、アメリカ人であれば誰でも誘拐の対象となるようですね。

また、アメリカ政府は、人気の観光地やホテル、スポーツイベントもまたテロや誘拐の標的になりやすいとしています。

危険な国としてアメリカ政府に具体的にあげられているのは、まずイラク、シリア、そして中東の国々です。

そしてアフリカやアジアもまた危険とは無縁ではないとしています。アフリカで暗躍するボコハラムは、ナイジェリアで200人の生徒を誘拐しました。そしてアルカイダは北アフリカに勢力があります。

その他、テロリストがいるのは、アジアではインド、フィリピン、そしてマレーシアだと指摘しています。

各国が連携してテロに対抗するのと同様に、各国のテロリストたちもまた連携しています。

イスラム国にどうしても焦点があたっていますが、各地にいるテロリストが連携しているとなると、イスラム国周辺だけでなく、危険といわれる地域に近づかないということが個人の安全管理上大事ですね。

今やアメリカ人と同様に、日本人もイスラム国の敵とみなされているのですから。

アジアでの男女交際や友達作り、危機管理情報、生活便利情報、旅行テクニック、ニュースなどアジアでのお役立ち情報が満載です。
目次へ

AD

関連記事

4553643670_2df6cb737a_z

インド女子大生婦女暴行事件、日本人女性が狙われる理由

インドで日本人の女子大生が暴行被害を受けたという痛ましい事件が起きましたが、このニュースは世界のあち

記事を読む

71493722_67f92d9098_z

イスラム国(ISIS)からハイジャックの警告があり、警戒を強めたインド

インドはイスラム国の本拠地であるシリアやイラクに近い地域の大国であり、多様な民族と宗教の信徒が入り混

記事を読む

8115575596_e492758e76_z

ホーチミン、バックパッカーエリアで泥棒一味を逮捕

ホーチミンのファングーラオ、ブイビエン、デタム通り界隈は、ベトナムのバックパッカーエリアで、

記事を読む

jihadist2

マレーシアにイスラム国(ISIS)からの脅迫メッセージが届く

インドネシアのジャカルタで自爆テロがあり、シンガポールではイスラム過激派が見つかりました。 イ

記事を読む

jihadist2

インドネシア、ジャカルタのテロは、イスラム国(ISIS)テロのターゲットが東南アジア諸国になったことのサイン

2015年はイスラム国(ISIS)につかまった日本人人質の湯川さん、後藤さんの殺害からはじまりました

記事を読む

38171115_f356379f34_o

2002年のバリ島爆破テロ犯人のイスラム過激派が釈放されるインドネシア

今月の中旬からインドネシアのジャカルタとバリに行こうと思っているのですが、昨今のイスラム国の過激派、

記事を読む

4369916093_270b1dd293_z

タイ、バンコクのサイアムパラゴンでの2015年の爆発事件は、イスラム過激派テロリストのしわざか?

タイのバンコクに行くと、私はかならず、BTSのサイアム駅に行き、ショッピングモールに行きます。

記事を読む

15240044118_c7d62465a0_z

湯川・後藤氏を人質にしたイスラム国への玄関として中国人テロ組織に利用されるクアラルンプール空港

日本人の湯川遥菜さんと後藤健二が人質となり、いままで遠い外国での出来事と思いがちだったイスラム国が、

記事を読む

6870002408_abf6b5b6a8_z

海外の高級ホテルのwifiはハッカー、個人情報保護、セキュリティに注意

東南アジアにくると、カフェでもホテルでもあちこちで、wifiが無料で使えて本当に便利ですね。

記事を読む

13702932953_ae3878d1e4_z

台湾トランスアジア機墜落事故。台湾の飛行機事故の歴史

台湾のトランスアジア(transasia)航空の飛行機が墜落し、少なくとも23名が亡くなっています。

記事を読む

PAGE TOP ↑