フィリピンでのイスラム国(ISIS)の危険性

公開日: : 最終更新日:2015/01/27 アジアで起きた事件、危機管理, フィリピンの事情

AD

湯川さん、後藤さんといった二人の日本人を誘拐したイスラム国(ISIS)、海外に住んでいる日本人にとって、イスラム国は危険な存在となってしまいました。

少なくとも、自分が住んでいる国とイスラム国の関係はどうなっているか。把握くらいはしておくべきでしょう。

現在、アジア各国のイスラム国の事情について調べているのですが、今回はフィリピンのイスラム国の事情についてご紹介しようと思います。

How grave is the ISIS threat to the Philippines?

まず、フィリピンでイスラム国のテロのようなことが起こる可能性は高いのでしょうか?

専門家によると、フィリピンでのイスラム国の脅威はそれほど大きくはないそうですが、急速に危険性が高まることはあるとのことです。

調査や報道によると、イスラム国の支持者がミンダナオ島の大学や学校で、戦闘員のリクルート活動をしています。すでに200人以上のフィリピン人がフィリピンを去り、イスラム国の戦闘員としてシリアやイラクで訓練を受けているとの報道もあります。

また、フィリピンの前防衛大臣は、少なくとも100人以上のフィリピン人の若者がイスラム国でテロリストとしての訓練を受けていると述べています。ダバオ市長もこれを認めています。

フィリピンのミンダナオ島にいる過激派とイスラム国との間の関係については確認はされておりませんが、フィリピン政府は警戒を強めており、ミンダナオ島に軍を送って、イスラム国のリクルート活動についての情報収集を強めています。

また、8月にはミンダナオ島のイスラム教過激派グループがイスラム国との連帯についてYoutubeで表明しています。

彼らは現状戦闘員をイスラム国に送っていることは否定しましたが、依頼されれば断る理由はないとも述べています。

フィリピン政府が恐れているのは、イスラム国とミンダナオ島の独立を主張する過激派集団が密接に連携することです。

AD

そして、実際にこのイスラム国を支持するミンダナオ島のテロリストグループと、フィリピン政府の間で戦闘が起きており、昨年の11月には、フィリピン軍の兵士が14名なくなっています。

Isis Philippines: 14 Die in Battle between Abu Sayyaf Militants and Filipino Forces

こうしたテロリスト集団がこわいのは、各国のテロリスト集団と横でつながってしまうことです。一見まったく無関係そうなイスラム国とフィリピンの過激派集団も連携してしまっているかもしれません。

全然関係ないですが、これで思い出すのは、20世紀少年、YAWARA!やマスターキートンといった名作を書いた浦沢直樹の漫画「パイナップルアーミー」ですね。

浦沢直樹の漫画はさわやかなヒロインが活躍するスポーツ系マンガが多いという印象ですが、このパイナップルアーミーはテロリストと戦う、戦闘インストラクターが主人公のマンガです。

連携しあったテロリストグループと、主人公が対決するストーリーがとても面白く、ゴルゴ13とかマスターキートンが好きな人には面白く読めるのではないでしょうか。私のおすすめマンガです。

パイナップルARMY (Operation 1) (小学館文庫)

新品価格
¥627から
(2015/1/25 20:12時点)

フィリピンは過激派以外にも危険なことが多い国と認識していますが、こうしたことも頭に入れたいところですね。

AD

関連記事

16464348335_69b8503bfa_z

イスラム国(ISIS)のうそ、アメリカ人女性人質ケーラミュラーさんは空爆前に殺されていた❓

イスラム国の人質となっていた26歳アメリカ人女性のケーラミュラーさん。アリゾナ出身で、ノースアリゾナ

記事を読む

71493722_67f92d9098_z

イスラム国(ISIS)からハイジャックの警告があり、警戒を強めたインド

インドはイスラム国の本拠地であるシリアやイラクに近い地域の大国であり、多様な民族と宗教の信徒が入り混

記事を読む

15259350768_75a5e58046_k

行方不明のマレーシア航空MH370機に何が起きたのか❓5つの可能性

2014年はアジアで飛行機事故が多かった年でした。マレーシア航空MH370便は行方不明になり、同じく

記事を読む

38171115_f356379f34_o

2002年のバリ島爆破テロ犯人のイスラム過激派が釈放されるインドネシア

今月の中旬からインドネシアのジャカルタとバリに行こうと思っているのですが、昨今のイスラム国の過激派、

記事を読む

6342887597_1f3b690d74_o

シンガポールのネットショッピング詐欺にご注意を

東南アジアでは急速にインターネットショッピングが普及しており、その中でもっとも発達しているのがシンガ

記事を読む

pinay2

フィリピン女性(フィリピーナ)とデートする前に知っておきたい5つのこと

フィリピン女性、フィリピーナというと、日本人男性が出会う場所としては、日本ではフィリピンパブ、フィリ

記事を読む

9316353736_2c83cdf717_z

インドネシアで、イスラム国(ISIS)の兵士に応募する人が急増

2月中旬からインドネシアのジャカルタとバリに旅行に行こうと考えています。 最近、インドネシアか

記事を読む

6870002408_abf6b5b6a8_z

海外の高級ホテルのwifiはハッカー、個人情報保護、セキュリティに注意

東南アジアにくると、カフェでもホテルでもあちこちで、wifiが無料で使えて本当に便利ですね。

記事を読む

thaniya plaza

タイ、バンコクのタニヤプラザで日本人が焼身飛び降り自殺

日本人殺人事件が連日報道されるタイ、バンコクですが、今度は日本人の男性がタイ、バンコクのタニヤプラザ

記事を読む

867073518_aa093a322c_z

ベトナムで偽ブランドのバックパックにご用心

東南アジアでは、偽ブランドのコピー商品が売られているのは珍しくありませんが、ベトナムもまた例外ではあ

記事を読む

PAGE TOP ↑