KPOPや韓流が東南アジアで人気になった理由

公開日: : 最終更新日:2015/01/15 アジアのエンタメ、スポーツ, 韓国の事情

AD

ベトナム女子とのコミュニケーションをはかるうえでは、K-POPをはじめ韓国の文化についても多少知っておいたほうがいいです。

ホーチミンでは、K-POPが若いベトナムの女の子の間で人気ですし、コリアンタウンがあるほど韓国人が住んでおります。
また、韓国料理店もたくさんあって人気です。

韓国の文化が人気なのは、ベトナムだけではなく、カンボジアやタイでもそうです。

タイでは日本のアイドルやアニメが人気。
ベトナムでは日本のアニメだけが人気で、アイドルはそうでもありません。
カンボジアでは日本のアニメよりもK-POPのほうが認知されています。

タイでは日本のアニメ商品と一緒に韓流スターのグッズなどを売っているお店を見かけます。

それでは、なぜこのように韓国のポップカルチャー、K-POPがアジア各国で人気になったのでしょうか。
京都大学の東南アジア研究所が分析しています。

Korean Wave in Southeast Asia

K-POPが人気になったのは、1990年代の後半からです。

きっかけとなったのは、中国のCCTVで、韓国のドラマ”What is Love All About?”が大人気となったことでした。
そのときまでの中国のテレビの歴史で、視聴率が歴代2位の高視聴率を記録したのです。

この大ヒットをきっかけに、韓国のドラマが次々と中国のテレビで放送され、いずれも人気となったことから、シンガポールや台湾、タイ、ベトナムでも放送されるようになり、いずれも人気となりました。

このとき、ちょうどアジア通貨危機がおこり、テレビ局は放映権の安いドラマを探していました。
韓流ドラマは日本のドラマの4分の1、香港のドラマの10%の価格で放映権が購入できたのです。

韓国ドラマは韓国の1大輸出産業となり、1999年には12百万ドルだったのが、2007年には1億5千万ドルに達しています。

ドラマや映画が人気となると、それにあわせて、主題歌や挿入歌として使われている音楽やポップミュージックが人気になります。

たとえば、韓国のバンドであるH.O.Tは台湾や中国で1998年にはヒットチャート1位となり、BOAは日本のオリコンランキングでアルバム売上が1位になりました。

Wonder Girls や Girls’ Generationといったアイドルグループのダンスや音楽はタイやカンボジアで非常に人気となり、地元の歌手たちがマネをするようになりました。

こうしK-POPや韓国のポップカルチャーがアジア各国で人気になるに伴い、韓国料理やファッション、化粧の流行、そして整形手術まで流行になったのです。

中国やベトナム、シンガポールの女性の中には、整形のために韓国旅行に行く人まで現れました。

それにあわせて、韓国語を学びたいという人や韓国旅行に行く人も増加しました。韓国経済に多大なインパクトを与えたのは言うまでもありません。

AD

また、このような韓国の文化がアジア各国で流行になったことは、外交的にもプラスに働いています。

ベトナム人は、ベトナム戦争のときに韓国軍がやってきてひどいめにあわされたことを覚えていますし、台湾では韓国が突然中国と国交を回復したことを裏切られたと思っています。

しかしこのような文化の流行はそうしたことを抑える結果にもつながったのです。

俳優のJang Dong-gun と女優のKim Nam-juはベトナムでは国家的なスターという扱いで、ベトナムの大統領が韓国に訪問したとき、当時の大統領である金大中は彼らを青瓦台に呼び、ベトナム大統領の歓待役にしたほどです。

韓流、K-POPがアジアで人気となった要因は、中国市場で大人気となったこと、値段が安かったことのほかに、アジアに共通する価値観を反映しているという要因も挙げられます。たとえば、家族愛をテーマにしたものなどです。

私も日本にいたときは、韓国の歴史ドラマ、イ・サンをよくNHKで見ていたのですが、確かに面白かったです。

その後東南アジアに来て、こういったポップカルチャー産業の影響力の重要性についてなんども考えさせられることになります。

たとえば、テレビ。日本ではあまり人気がありませんが、東南アジア諸国ではサムスンやLG製のテレビが日本のシャープやソニーよりも人気です。

値段が日本のメーカーよりも安いということもありますが、店頭のデモで放映されているのはK-POPや韓国ドラマですから、これらの番組が日本メーカーのテレビで放映されていてはやはりどこか違和感があるでしょう。

韓国語を学ぶきっかけになるというのも重要です。日本のアニメを見たいからという理由で日本語を勉強する人がいるのと同様に、韓国ドラマを見たいからという理由で韓国語を学び始める人がいてもおかしくはありません。

ベトナムやタイといった東南アジア諸国で、人材採用のネックとなるのは、まず語学の問題ですから、韓国語がはなせる人材が増えるというのは、進出する側からすると好都合なのです。

そういうこともあってか、ベトナムには韓国企業がたくさん進出してきています。

もうひとつ、この記事を読んで感じたことは、アジア諸国にとって、中国の影響力は非常に大きいと思いました。

東南アジア諸国のマーケットで成功したければ、中国でまず成功させ、それから他の国にそれをはやらせるということが重要ということでしょう。



AD

関連記事

17485960884_ffee96b9a1_o

ドラマ”I remember you”でチャンナラとソイングク共演で好演

韓国のドラマ”I remember you”で、34歳の女優チャンナラと27歳の俳優ソイングクが、お

記事を読む

breakup

韓国人の彼女との関係が気まずくなったら

彼女とつきあっていたら、時には気まずい関係になってしまうときもありますね。 それは韓国であろう

記事を読む

16579947611_5034d66e17_z

パククネ氏の後継者、次期韓国大統領候補として人気が高いバンキムン国連事務総長

現在の韓国の大統領、パククネ氏はどうもぱっとしないのですが、任期も後半となり、そろそろ次の韓国大統領

記事を読む

yusunho

ユスンホに関する5つの面白いエピソード

ユスンホは韓国で大人気となった法廷ドラマ「リメンバー」でカリスマ的な役柄を演じました。 彼が演

記事を読む

15866941027_7605ce0ff2_z

戦争勃発か?北朝鮮のキムジョンウン、韓国に対して準戦時状態を宣言

北朝鮮のキムジョンウン第一書記は、軍に対して、韓国との戦争に備えて準備に入るように命令しました。

記事を読む

3788983818_357a49059b_z

ベトナム初、ディズニーライブミッキーマジックショーが開催@ホーチミン

ミッキーマウスとグーフィーが出演するDisney Live! Mickey’s Magi

記事を読む

DSCN1397

韓国で従軍慰安婦像と反日団体を見学。韓国人の日本人嫌い、反日感情を体験するソウル観光

隣の国ということもあり、いつでも行けると思っていたので韓国には行っていなかったのですが、海外旅行デビ

記事を読む

1271746407_ec29df0f59_z

ヨン様ことぺヨンジュンとパクスジンの結婚式にかかった費用

ヨン様ことペヨンジュンとパクスジンの結婚式が行われましたね。日本でもニュースになりましたが、アジア各

記事を読む

exo

K-POPグループだけでなく、ドラマや映画出演も期待されるEXO

EXOは、2011年以来、目覚ましい活躍をしてきまし、K-POPグループではトップのアイドルグループ

記事を読む

4603746261_ce87026a46_z

K-POPのB1A4、マレーシアでイスラムの戒律を破りひんしゅくを買う

韓国のK-POPは東南アジアで大人気で、マレーシアでもそのようですが、男性グループのB1A4がクアラ

記事を読む

PAGE TOP ↑