アジア新興国ベトナム労働者の技術水準・レベルと必要とされる管理職

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 アジアや海外で働く、海外インターンシップ, ベトナムの事情

AD

私はベトナム人の同僚と働いていますが、とても優秀なことに驚いています。非常にまじめですし、語学にも堪能です。
遅刻する人はたまにいますが。。

英会話カフェでその話になり、不動産会社に働いているというベトナム女子に、月に何回くらい遅刻する?と聞いてみたら、10回以上。と答えてくれました。聞くと、彼女の上司も遅刻が多いそうです。

まあ、そうした欠点はさておき、ベトナム人の労働者のレベルや技術水準はどうなっているのでしょうか。
Vietnam’s Emerging Jobs Market

ベトナムは、世界経済が不透明で不景気でも、高い成長率を保ち、失業率は低く、特に熟練の労働者が不足しています。

外資系企業の進出が相次いでいますが、その目的は賃金水準の低い労働力です。

特に、熟練の技能水準の高い労働力の不足に外資系企業は悩んでおり、いかにこうした労働力を育成するかが国全体のカギとなっています。

アメリカの多国籍企業は中国からベトナムに拠点を移している企業が多いのですが、ベトナム労働者の技能水準は中国やインドに比べてはるかに遅れています。

コンサルタント会社、マッキンゼーの調査によると、ベトナムは他の新興国に比べて、熟練労働者と中間管理職が著しく不足しているとのことです。

農業に従事している労働者は豊富なものの、製造業やサービス業、特に金融業はスキルが不足している労働者が多いとのことです。

人材紹介会社のマンパワーによると、次の業種が、熟練労働者や管理者が特に不足している業種です。

・医療
・通信
・小売
・建設
・運輸
・科学

ブルーカラー層への職業訓練が必要で、コンピュータースキルや新しい機械を操作する技術をもった労働力が不足していることが実態です。

また、外国語でのコミュニケーションスキルも不足していると認識されており、技術の革新性や他社を動機付けるソフトスキルも不足していると指摘されています。

AD

また、管理職に不足するスキルとしては、部下を動機づけするスキルや、経営資源を増やすスキル、そして財務や法律についての知識不足が指摘されています。

管理者の不足についていうと、ちょうど10年前の中国の状況とよく似ています。若い労働者は豊富にいるのですが、管理職の経験が乏しく、そして英語のスkるも十分ではありません。30代から50代の上級管理職を見つけるのは非常に難しいです。

ベトナムの人口ピラミッドを見ればわかりますが、若い労働力が多く、低い賃金水準で彼らを雇用することができます。しかし彼らを指導できる管理職がいないことがベトナムの問題となっています。ベトナムに限らず、他のアジアの新興国も同じ状況と思います。

逆に言えば、日本のような先進国で管理経験のある人材は重宝されるということになります。日本の中高年の方で、そろそろ会社におけるポジションの行く末も頭打ちになることが見えてきた。新天地で活躍してみたいという方は、ベトナムに限らず、アジアの新興国で働いてみるというのはいかがでしょうか。

技術があったり、管理経験が豊富にあるという方は、現地の副社長のようなポジションで迎え入れられることも珍しいことではありません。

もちろん、いわゆる現地採用ではなく、日本で採用され、駐在員という待遇で転職すべきです。待遇が全然ちがいます。

関心がある方は、まずは情報収集からはじめましょう。

リクルートエージェントは、海外進出に積極的な企業、グローバル企業への転職に強い会社です。そのような企業が好む人材の好みを熟知し、求職者に適切なアドバイスをしてくれます。

海外進出というのは、多くの企業にとっては秘密のプロジェクトであることが多いです。非公開求人の案件が多いのが同社の特徴ですが、それにはこのような背景があり、同社が海外志向のある人材の転職に強いのはそのような理由なのです。

AD

関連記事

312143235_6daeeaf75f_z

ベトナムで海底ケーブルに再び瑕疵が見つかり、ネットの復旧は遅れる

ベトナムでは先日、インターネットなど通信用の海底ケーブルに事故が発生し、現在復旧中です。そのため、今

記事を読む

vn manga

ベトナム初のマンガ学校が創立

世界中で日本のアニメやマンガは人気があることは、日本でも知られていますが、ベトナムでも人気があり

記事を読む

restru

他人事ではない急増する中年フリーター。そうならないためには海外で働く機会を求めよう

最近は大学生の就職活動も売り手市場となっており、学生さんの就職活動も比較的楽になっていると聞きます。

記事を読む

3794105536_0ff1ef806e_z

ベトナムの食事は塩分とり過ぎとWHOが警告

ベトナムに来てまもなく1年になります。食事もベトナムのものに慣れてきたので、いろいろな食事を楽しんで

記事を読む

2006262857_19639a3555_z

ベトナム金融業界の現状と未来についての見通し

監査法人のアーンスト&ヤングが、金融業が急速に成長している11の市場で、業界の現状と将来につ

記事を読む

3477526678_7484c23b52_z

ASEAN諸国の航空便、ジャカルタ行の制限撤廃でベトナムからインドネシアが身近になる

今年のテトに行こうと思ったのですが、結局いけなかった国がインドネシアです。ボロブドゥール遺跡を見に行

記事を読む

coca-cola

ベトナム、炭酸飲料への特別消費税の課税は見送りへ

日本では消費税の増税は、大きな論議をよび、増税の結果、かなり消費が不振になっているようですね。

記事を読む

6471842381_250a77b183_z

安い小型車の人気がないベトナム自動車市場

  ベトナムは、移動手段としてはまだバイクが主流ですが、徐々に自動車も浸透してきてい

記事を読む

3106296461_127d94b8a2_z

韓国が日本を抜いて、ベトナムへの投資国1位の国に

今まで何回かご紹介してきましたが、ベトナム国内における韓国企業の存在感は高いです。 企業だけで

記事を読む

3857701989_947ddcbe44_z

ベトナム、中古機械輸入時の品質基準の導入を延期

ご連絡 にほんブログ村のベトナム株ランキングから、アジア経済ランキングに変更します

記事を読む

PAGE TOP ↑