22歳日本人女子大生が襲われた!インドで婦女暴行事件が多い10の理由

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 アジアで起きた事件、危機管理, インドの事情

AD

ベトナム女子を、ホーチミンにある、お気に入りのインドカレーのお店につれていったことがあります。

お店には当然インド人男性がいるのですが、彼らを見て、このベトナム女子はこわがりました。インドは女性が暴行されるから怖いというのです。

これほど有名になるくらいに、インドでは女性暴行が頻発しています。

不幸なことに、つい最近、インド旅行中の日本人22歳女子大生が複数のインド人に拉致されて、3週間も監禁され、繰り返し乱暴されるという事件が起きました。

日本での報道では、研究者ということでしたが、下のニュースによると、旅行者だったようです。
Two brothers arrested in India over rape of Japanese tourist

彼女は自力で脱出し、日本人旅行者に助けを求めてコルカタに行き日本人領事館に行き、現在病院で治療を受けているそうですが、3週間も監禁されており、しかも繰り返し乱暴されているとのことですから、健康状態はよくないとのことです。

犯人は兄弟を含むインド人5人だそうですが、逮捕されています。

それでは、なぜインドでこんなに女性への乱暴が頻発するのでしょうか。 次の記事でその考察が解説されています。
10 reasons why India has a sexual violence problem

1.人口に対する女性警官の割合が少ない
女性警官が少ない国では、女性への暴行事件が起こりやすいことが研究でわかっているそうです。

インドは他の国に比べて女性警官の数が少ないとのことです。インドの首都ニューデリーでは、女性警官の割合は7%に過ぎません。しかも彼女たちは内勤で、パトロール業務に出る人はほとんどいないとのこと。

さらに悪いことに、女性が暴行されたと男性警官に訴えても取り合ってもらえることが少ないとのことです。

2.そもそも警察官が少ない
エリート層よりも警察官がそもそも少ないという問題があります。たとえばデリーには84000人の警察官がいますが、実際に警察業務をするのは3分の1で、残りの警官は、有力政治家や外交官の護衛をしているそうです。

3.被害者は露出の多い恰好をしていることが多い
1996年の報告では、女性暴行の被害者の68%が露出の多い恰好をしていたと回答しています。このため、制服としてスカート着用を禁じています。

4.ドメスティックバイオレンスに寛容な国民性
アメリカの弁護士は、インドは女性にとって最悪な国のひとつだとしています。その理由のひとつは、ドメスティックバイオレンスが非常に多いからです。

2012年のUNICEFの報告によると、15歳から19歳の男子と女子へのアンケート調査では、男子だけでなく女子の過半数がドメスティックバイオレンスは普通のことだと回答しているそうです。

男子は家で父親が母親を叱責したり殴ったりしているのを見て育つので、それは普通のことだと思うのだそうです。

5.公共の安全性が保たれていない
一般的に、女性は家を出たら安全ではありません。バスにのっても女性は暴行されることがありますし、政府も女性は安全ではないと指摘しています。また、女性用のトイレの数も十分ではありません。

パブに行ってお酒を飲んだり、タバコをすったりする女性はインドでは緩いと見られます。そして、携帯電話で話したりバザールに行く女性が増えたこともまた、女性暴行事件が増えた理由と指摘されています。

6.被害者が非難される
女性に対する侮辱などが公共の場でおこると、そばで見ている人は仲裁に入るよりも傍観し、むしろ女性のいじめに加わることが多いとのことです。政治家さえ、女性の味方をするものを中傷することがあるそうです。

AD

7.暴行された女性被害者は泣き寝入りを薦められる
最近、集団暴行された⒘歳のインド人女性は、警察官に、事件の訴えを取り下げ、彼女を暴行したひとりと結婚しろと説得されたました。それを聞いて、彼女は自殺してしまったという事件がありました。

同じように、女性が住んでいる村の長老などにも説得されることがあるそうです。

8.裁判制度が整っていない
インドでの裁判は異常に遅いとのことです。その理由は、裁判官が圧倒的に少なく、百万人に対して15人しか裁判官がいないそうです。ちなみに中国では159人います。

9.女性暴行犯罪が勝訴になった例が少ない
インドで女性暴行事件が起きて裁判になっても、被害者が勝った例が26%しかないとのことです。
セクハラを防止する法律もなく、議会に法案は提出はされていますが、すでに7年も法律化されていません。

10.女性の地位が非常に低い
最大の問題はインドでは女性の地位が非常に低いということです。インドでは幼女が結婚することがありますが、これはその家族にとって、小さい女の子は負担だからです。

インドは男性に対する女性比率が世界で最も少ない国のひとつです。というのは男子がこのまれ、女子だとわかると中絶されることが多いからです。

家庭に息子と娘がいたとすると、息子が優先され、息子には高い教育が与えられますが、娘には高い教育はされません。そのこともまた、女性がいい仕事につく可能性を狭めています。

イスラム国など私には理解できない習慣や文化のある国はいくつもありますが、この記事を見る限り、インドも相当ひどいですね。

私はインドは清潔ではないとか、安全性が不安なので行こうとは思いませんが、若いバイタリティーのあるときにしか行けない国ではないでしょうか。

少なくとも、女性だけで行動できる国ではないでしょう。インドにはタージマハルのような観光資源もあるので、行きたい思いもありますが、行くんだったら男性も含めてグループで旅行すべきですね。

 

すいません。航空法でスタンガンや催涙スプレーは機内持ち込みができないそうです。訂正します。

また、インドに限らず、危険そうな海外に行くときは、催涙スプレーなど持っていたほうがいいでしょう。ただし、相手が多人数で勝ち目がないときは、抵抗しないほうがいいです。銃が出てこないとも限りません。

防弾チョッキ・ベストから、スタンガンや催涙スプレー、特殊警棒まで護身用品のすべてがある「防犯百貨」であなたに合うものを探してみましょう。

また、このように、必ずしも安全ではない国に行くときは、お金をどのように安全に持っていくかも悩むところです。

現金での持ち込みは薦めません。盗まれたら返ってこないからです。

シティバンクでは、海外のATMでもお金を引き出せますが、盗られたり盗まれたりすると後々面倒です。クレジットカードも同様です。

アジアには、クレジットカードや銀行カードを盗み出すギャングがいまして、スキミングという技術で、ATMカードの磁気テープから重要情報を盗み出します。

そこで、短期の旅行であれば、プリペイドカード方式で先に入金しておける、JTBが出している世界中で使えるキャッシュカード「MoneyT Global」がおすすめの方法です。ATMでお金をおろすことができるのは銀行カードと同じで、もちろん暗証番号も設定できます。

両替・引き出し時の手数料も安いです。

最悪、なくしたら日本でJTBに説明すれば、現地で盗んだ人に引き出されない限り、残金が返ってきます。銀行のATMカードなどですと、再発行の手続きがわずらわしいでしょう。

AD

関連記事

20670125411_7b822c05e5_z

バンコク、エラワンの爆破テロは、外国人グループによる組織的犯行

2015年8月17日に起きた爆破テロについて、タイの警察は、外国人グループによる組織的犯行として犯人

記事を読む

6927371426_a785a3daeb_z

日本人からぼったくったレストランに対するベトナム政府の対応

ベトナムのブンタウというところは、ホーチミンからバスで2時間程度でいけるビーチのある町で、ちょっとし

記事を読む

14791418627_3b4284975f_z

イスラム国(ISIS,ISIL)のテロリストが偽造パスポートを使って入国しているマレーシア

マレーシアはイスラム教国家の中では、先進国として知られ、イスラム教の国から多くの人がやってきます。

記事を読む

13702932953_ae3878d1e4_z

台湾トランスアジア機墜落事故。台湾の飛行機事故の歴史

台湾のトランスアジア(transasia)航空の飛行機が墜落し、少なくとも23名が亡くなっています。

記事を読む

4967361162_ddd43365ee_z

中国の検索エンジン百度(バイドゥ)製のアプリから個人情報流出懸念

中国の検索エンジン大手、百度(バイドゥ)によってつくられた何千というアプリを利用すると、個人情報が盗

記事を読む

2276678845_6dfe83bf26_z

インドネシア発エアアジア機QZ 8501消息不明、現地ニュースまとめ

2月の長期休暇のとき、インドネシアでもいこうかなと考えていて、飛行機でも探そうかと思っていたところに

記事を読む

16457879252_4963b0f3ef_z

イスラム国(ISIS,ISIL)のアメリカ人女性人質ケーラミュラーさんはどんな人だったのか

報道によると、イスラム国(ISIS、ISIL)の人質となっていた26歳のアメリカ人女性、ケーラミュラ

記事を読む

4891249900_9e9486d1c8_z

iPhone,iPadからの、ネットバンキングやメアドなど個人情報流出にご注意を

アップルのデバイス、iPhone,iPad,Macbookなどアップル製品で利用されるiOSにバグが

記事を読む

6686271609_0c09dbf143_z

インド、電子ビザを導入し、ビザ取得日数が短縮される

インドは一度は行ってみたいと思っているのですが、ビザの取得手続きがめんどくさく、取得にも時間がかかる

記事を読む

3372323968_552de442b3_z

海外で加入した海外旅行保険 AIGトラベルガードの内容と保険金請求の仕方

ベトナムのホーチミンからインドネシアを旅行するのですが、イスラム国の活動など、最近いろいろと物騒なの

記事を読む

PAGE TOP ↑