東南アジアで海外ノマド、起業するならITエンジニアが最も近道

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 アジアや海外で働く、海外インターンシップ

AD

企業に就職しても、組織になじめない、人間関係がうっとうしいなど組織で働くことが嫌いという方も多いでしょう。
私もどちらかというとそういうタイプなので、よくわかります。

最近はどうなのかわかりませんが、大学を卒業して就職しても3年以内にやめてしまうという人が多いとも聞きました。

日本企業のいいところなのかもしれませんが、会社での人間関係が業務時間はもちろん、プライベートにも結構影響するところがありますよね。

中小企業だと、プライベートでもオーナー社長にゴルフなんかに誘われてしまうと、断ることができませんし、入りたくない保険にも入らなければならなかったりします。

私はそういう日本の企業風土がいやでいやでたまりませんでした。

そういう人はフリーランスや自営業で働くのが向いていると思いますが、その発展形として、海外ノマドという働き方はどうですか?というご提案です。

ノマドとは、定住しない人という意味で、そのときの気分によって、好きな時間、好きな場所で生活するというライフスタイルです。

そして、多少のIT技術さえ持っていれば、東南アジアでこのような生活は可能です。

まず、最低WEBサイト構築の言語であるHTML,CSSくらいは勉強します。もちろんPHPやRuby、Javaといった他の言語を知っていればそれだけ仕事の幅が広がりますので、プログラミング言語は知っていれば知っているほどいいということになるでしょう。

ある程度、技術が身に付いたら、クラウドソーシングの日本最大級のサイトであるクラウドワークスに登録します。

クラウドワークスの案件を見てもらうとわかりますが、WEB開発やコーディングといった仕事は1件5千円から5万円くらいの仕事が大半です。

なかには10万円から30万円といった仕事もあります。

東南アジアでは月10万円もあれば、余裕をもった生活ができます。私もいろいろな国にいきましたが、その中でもノマドワーカーに注目されている国がカンボジアです。実際、私もカンボジア滞在中にノマドワーカーをしている日本人や、外国人を見てきました。

なぜカンボジアが海外ノマドの人に好まれるのか

・ビザの条件が緩い
お金さえ払えば好きなだけいられます。半年以上のビザがマルチエントリービザとなっており、何度でも入出国できます。
更新も他の国に行くことなく、旅行代理店に頼めばやってもらえます。

これが、他の国ですと、ビザの期間がきれたらいったん出国しなくてはなりません。

実はベトナムも同じようなビザの条件なのですが、3か月に1回更新で、何年もビジネスビザで居座り続けられるのかというとちょっと疑問です。更新を否認されることはないのでしょうか?ベトナムでの3か月ビザは140ドルくらいで、手数料込でやってもらえます。

・生活費が安い
冷房完備のアパートが月150ドルから200ドルくらい、食費は1日10ドルくらいで生活できますので、月の生活費は600ドルくらいです。プノンペンに住むカンボジア人の平均収入は300ドルくらいでしょうから、これでも現地としてはいい生活です。

気になる食事事情もベトナムのSushiBarをはじめ、猛烈な勢いで日本食レストランが増えています。

AD

・無料のWifiスポットがあちこちにある
カフェ、ホテル、アパート。フリーwifiがあるのが当たり前ですので、お気に入りのカフェを見つけてそこで作業できます。
フリーWifiでの作業はセキュリティの問題がありますが、VPNを使えばセキュリティも高まるでしょう。VPNにはたとえば、セカイVPNがあります。

・場所が東南アジアの中心にある。
運賃の安いLCCやカンボジア航空を使ってもいいですし、プノンペンからホーチミン、シェムリアップからバンコクへバスがでており、それぞれ交通費が8ドルから15ドルくらいです。

カンボジアでの生活に飽きたら、隣の国にさくっといって、またノマド生活ができるというわけです。

・その気になったら、起業も選択肢
東南アジア諸国で、制度、コストの面でおそらくもっとも起業が簡単な国がカンボジアです。その他の国ではコスト面や制度面でハードルが上がるようです。

カンボジアでプログラマを500ドルくらいで3人ほど雇い、日本語通訳と税金の担当者を雇えば、クラウドソーシングサイトだけで十分ビジネスになりそうな気がします。

ネックなのが税金で毎月支払わなければならないと聞きました。

起業の場合はライセンス取得をしなくてはならないと思いますが、現地のコンサルに頼むことになろうかと思います。
ただ、彼らのサービスの質はピンキリだと聞きましたので、いろいろと探す必要はあるでしょう。

海外にいながらIT技術のスキルアップをする、技術についてキャッチアップする

ITは技術の進展が早く、常にキャッチアップしつづけなければなりませんが、IT技術者はブログを書いている人も多いですし、開発につきもののバグの解決には、エンジニア特化型Q&Aサイト【teratail】のようなサイトもあります。

また、海外にいて、新しい言語や技術を覚えようというときには、プログラミングを現役エンジニアがマンツーマン指導

「オンライン個別指導プログラミングスクール」CodeCampのような`e-learningが有効でしょう。

起業して会社を大きくし、外国人の部下の教育ニーズがでてきたら、www.transcender.comようなサイトでIT技術者の教育もできるのです。

東南アジアはeコマースをはじめ、まさにこれからネットビジネスが本格的な普及期を迎えます。ベトナムもそうですが、カンボジアもITエンジニアは英語もできますから、クラウドワークスだけでなく、仕事の案件はごろごろと転がっているでしょう。英語のできない日本人エンジニアよりも、むしろ、東南アジアのITエンジニアのほうが、できる仕事の幅は広いのではないでしょうか。

このように、ある程度のプログラミング能力、IT技術さえあれば、海外ノマドでフリーランス的に生きるもよし、起業して経営者になるのもよし、と選択肢が広がるのです。

その他、医療や保険などは、このブログでいろいろとヒントになる情報を提供させていただいています。

AD

関連記事

275124253_6ed585f187_z

上海で海外インターンシップ

日本とは政治的な関係はよくはないとはいえ、中国は世界第2位の経済大国で、地理的にも近く、経済的には切

記事を読む

10086937594_849a129bbe_z

東芝の人員削減は明日の我が身か。中高年でリストラされないように、海外人脈、外国人とコネを作ろう

東芝が過去最大の5000億円以上の赤字を出し、約7800人の人員削減を行うと発表しました。 家

記事を読む

2048929985_3e31a353c0_z

ベトナムのIT技術者の労働事情

他の東南アジア諸国と同様に、ベトナムは国策でIT産業を振興しており、いくつか有力なネットビジネスもあ

記事を読む

3091779353_c960cab108_z

アジア新興国ベトナム労働者の技術水準・レベルと必要とされる管理職

私はベトナム人の同僚と働いていますが、とても優秀なことに驚いています。非常にまじめですし、語学にも堪

記事を読む

14049860293_92858235db_z

2016年7月からオーストラリアにワーキングホリデー(ワーホリ)税が導入される

オーストラリアは物価は高いですが、給与も高いです。 そのため、旅行をしたり、英語を勉強しながら

記事を読む

15922177456_e7bc8f98ce_z

シンガポールで働く外国人の満足度

シンガポールで働いている日本人も多いと思いますが、東南アジアの金融、運輸の中心地だけでなく、ハイテク

記事を読む

6399612061_c27aa91512_z

海外や東南アジアで働くための近道は英語の習得ではなくIT技術の習得

・東南アジアや海外で働きたいが、語学に自信がない。英語は本当に苦手だ。 ・たいした仕事の経験がない

記事を読む

7079895477_aa32eeda9a_z

海外インターンシップを成功させる10のコツ

海外インターンシップは就職を控える大学生にとってもいい経験となるでしょう。 外から見る企業は中

記事を読む

レイオフ

韓国で解雇・クビを簡単にする法案が発表。日本でも導入されるか?

2015年末は、東芝が8000人近くをリストラするとして、大きなニュースとなりましたが、これは希望退

記事を読む

12432815223_8167b127bf_z

無料スマホゲームFlappy Birdのベトナム人開発者、ネット業界で世界9位のお金持ちとなる

Flappy Birdという無料スマホゲームをご存知でしょうか。AndroidとiOsで遊べる無料の

記事を読む

PAGE TOP ↑