正社員になれなかったらアジアに来たら❓かわいい女子が待ってます。

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 アジアや海外で働く、海外インターンシップ

AD

アベノミクスで雇用環境はだいぶ好転したとはいえ、増えたのは非正規社員の求人で、まだまだ正社員になるのは難しい状況のようですね。

もし、新卒での就職がうまくいかず、大学卒業や既卒1年目で正社員になれなかったら、今後も正社員になるのは難しいと思ったほうがいいと思います。

そうかといって、ブラック企業に勤めたり、ニートやフリーターを続けてもいいことはないでしょう。

日本でそんなことをやっていても、あまり明るい将来はなさそうですし、彼女がいても結婚も難しいでしょうし、そもそも彼女を作るのも簡単ではないでしょう。

それだったら、アジアに来て働いてみたら。というのが私の提案です。若かったら、就職口にもそれほど困るとは思いませんが、せっかく来るなら、日本でIT技術を勉強して、派遣や契約社員でいいので少し働いてみてから、アジアでの就職口を探すということをお勧めします。

一回も東南アジアに行ったことがなかったら、慣れるために、まずは旅行で行ってみましょう。個人的にはタイのバンコクがいいと思います。

スクンビットに行ったり、地下鉄に乗るだけでも、ここは日本かと思うほど日本の文化が浸透していることが実感できると思います。

男子だったら、女の子のいるバーやMPに行ってかわいい女の子と遊んでみましょう。ここでは紹介しませんが、検索したらおすすめの場所がたくさんでてくると思います。

こういうところで遊び、日本食もたくさんあることがわかって、東南アジアは楽しい。と実感できたら、東南アジアで働くことにも抵抗がなくなり、モチベーションもわくでしょう。

それから、IT技術と英語を少し勉強して、2、3年ほど、非正規社員でいいので働いて仕事の経験を積みましょう。英語を勉強するのは、仕事もそうですが、女の子とコミュニケーションをとる機会を増やすためです。

せっかくくるなら、有利な条件で就職したほうがいいでしょう。アジアで働くなら、業種はITがいいです。これからも成長が確実に見込まれ、仕事の場所に困らないからです。

東南アジアにきたら、日本人の若い男子というだけで、女の子からモテます。

話は変わりますが、今日は、ベトナム人の大学生の友達にさそわれて、バーベキューを食べに行きました。

ベトナム人の可愛い女子大生は、私のようなしがないおじさんでも、喜んで一緒に写真を撮ったり、つたない日本語で話しかけてきます。

彼女たちいわく、日本語を勉強しているのに、日本人はあまりベトナム人と話をしてくれない。そんな人が多い中で、私はいろいろと話しかけてくれるのでやさしいですね。と言われました。

わたしのようなしがないおじさんでもこんな感じなのです。ましてや若い人ならよりどりみどりではないでしょうか。

東南アジアの可愛い女の子たちは、若い日本人男性と友達になりたがっています。

こんな感じの子たちですね
103224644_20b75fc9b3_z

そして、東南アジアでも仕事は忙しいところは忙しいと思いますが、全般的にゆったりと働くことができ、仕事と生活のバランスという意味では、非常にバランスのとれた生活ができます。

仕事という意味でも、アジア諸国はこれからも成長していきます。早めにアジアで働けば、それだけこの成長市場でキャリアを積むこともでき、仕事の不安も感じなくて済むでしょう。

私は今40歳ですが、もし今25歳で正社員ではなくフリーターで将来正社員になれそうなあてもなかったら、または正社員だったとしても先行き暗そうだったら、次のようにします。

1.IT技術、プログラミングを覚える。
独学でもいいですが、私は怠け者なので、学校に行くでしょう。まずは資料請求をして、学校を探します。語学よりも、IT技術を優先します。英語はなんとかなるので。

AD

まずは資料請求してみます。あとで紹介する人材紹介会社ですと、IT技術の講習のほかに、TOEIC講座の割引なども行っていますので、そうしたところにも登録しておきましょう。

2.余裕があったら、英語を身に着ける。
いつでもどこでも英会話の練習ができて、値段も安いオンライン英会話で練習します。自信がついたら、近くの英会話カフェでもいって実践練習をつみますね。日本にも英会話カフェはたくさんあります。

3.IT技術を生かせる仕事で派遣や契約社員でもいいので働く

とにかく、日本で働く経験をつみます。2年から3年くらいでやめるつもりで。求人情報はIT系に特化した人材紹介会社に登録します。ITの技術にも流行りすたりがあり、そして日本で流行りの技術を身に着けたうえで、海外で働きます。その技術をもつ日本人はアジアでは引っ張りだこになるからです。

IT専門の人材紹介会社はこういうところですね。複数に登録しておくことが基本です。いろいろな情報源が増えますし、たくさん求人情報を見るだけでも、どんな技術が求められているのか傾向がわかります。
パソナテック

ワークポート

イマジカデジタルケープ

マイナビエージェント

レバテックキャリア

4.働いている間に、長期休暇があったら、東南アジアを回ってみる。
タイでもインドネシアでもベトナムでも、暮らせるか。という視点で旅行してみます。

エアアジアのASEANパスはそのときに役立つでしょう。

5.海外就職、いわゆるセカシューに強い人材紹介会社に登録し、適宜情報をもらったり、アドバイスをもらう。
海外で働く場合、できれば、海外での現地採用ではなく、日本で就職して現地派遣という手段をとりたいです。待遇がそのほうがいいからです。若かったら選択肢はあるでしょう。

海外就職・転職のときにお世話になる人材紹介会社にも、海外進出に積極的な会社の求人案件に強い会社もあれば、そうでもない会社があります。たとえば、リクルートエージェントは、こうした海外進出に積極的な企業、グローバル企業への転職に強い会社です。そのような企業が好む人材の好みを熟知し、求職者に適切なアドバイスをしてくれます。

海外進出というのは、多くの企業にとっては秘密のプロジェクトであることが多いです。非公開求人の案件が多いのが同社の特徴ですが、それにはこのような背景があり、同社が海外志向のある人材の転職に強いのはそのような理由です。

繰り返しますが、ブラック企業なんかで働いて消耗するくらいだったら、今後も確実に成長していく新興国で働きつつ、仕事と遊びのバランスのとれた生活を選んだほうが賢いと思います。

タイでもベトナムでもインドネシアでも、日本人のことが大好きな可愛い女の子が待っています。

AD

関連記事

10086937594_849a129bbe_z

東芝の人員削減は明日の我が身か。中高年でリストラされないように、海外人脈、外国人とコネを作ろう

東芝が過去最大の5000億円以上の赤字を出し、約7800人の人員削減を行うと発表しました。 家

記事を読む

275124253_6ed585f187_z

上海で海外インターンシップ

日本とは政治的な関係はよくはないとはいえ、中国は世界第2位の経済大国で、地理的にも近く、経済的には切

記事を読む

1027649394_01375e7257_z

ワーホリ女子に、ワーホリ終了後、日本帰国後の進路の提案

ベトナムに住んでいる私は、ベトナムの女の子から話しかけられるという経験はしょっちゅうしますが、若い日

記事を読む

14049860293_92858235db_z

2016年7月からオーストラリアにワーキングホリデー(ワーホリ)税が導入される

オーストラリアは物価は高いですが、給与も高いです。 そのため、旅行をしたり、英語を勉強しながら

記事を読む

5015629133_c8fb6ee890_z

海外インターンシップが失敗する8つの原因

アベノミクスのおかげか、最近は新卒の就職活動もここ数年よりはいい状況のようですが、そうはいっても、企

記事を読む

iekhaya1

イケダハヤトは間違い。正解は、「まだ日本で消耗してるの?」

日本でもっとも有名なブロガーのひとりといっていいでしょう。「まだ東京で消耗してるの?」の管理人、イケ

記事を読む

restru

他人事ではない急増する中年フリーター。そうならないためには海外で働く機会を求めよう

最近は大学生の就職活動も売り手市場となっており、学生さんの就職活動も比較的楽になっていると聞きます。

記事を読む

424608164_df3f899af4_z

東南アジアで海外ノマド、起業するならITエンジニアが最も近道

企業に就職しても、組織になじめない、人間関係がうっとうしいなど組織で働くことが嫌いという方も多いでし

記事を読む

8574792430_0a07c8d657_z

就職、転職活動で海外インターンシップ経験をエントリーシート・履歴書で上手にアピールする方法

日本の企業は海外に留学したことを就職活動時にあまり評価しないと言われています。 面接でそう感じ

記事を読む

7079895477_aa32eeda9a_z

海外インターンシップを成功させる10のコツ

海外インターンシップは就職を控える大学生にとってもいい経験となるでしょう。 外から見る企業は中

記事を読む

PAGE TOP ↑