ホーチミンで携帯電話Zenfone6を盗まれた

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 アジアで起きた事件、危機管理, アジアのケータイ・ネット

AD

午後の昼下がり。

ホーチミンのファングーラオ通りからブイビエン通りに向かい、ブイビエン通り沿いで私はベトナム女子と携帯電話でチャットをしていました。チャットをしながら鼻の下を伸ばしていました。

すると、ブイビエン通りを西から走ってきたバイクで、2人乗りの後部座席に乗っていた男が、私の携帯電話に手を伸ばし、あっという間にひったくっていきました。よくある手口です。

思わず、大声を出しましたが、あとのまつりです。周囲には多くのベトナム人が見ていましたがもちろん助けてくれず。。

その間、10秒くらい。

しばらく茫然としていましたが、気をとりなおして、とりあえずSIMカードを無効化するために、契約しているMobifoneのショップに向かいました。

MobifoneのショップはUNION SQUAREにあります。他にもあるのかもしれませんが、私はそこしか心当たりがなかったので、そこに行きました。

My mobilephone was stolen,so I want you to stop the SIM card of my former mobile phone.と伝えます。

本当は、もう少しいい表現があると思います。たとえば、I want to make SIM card of former mobilephone invalid.とか。

気が動転していたので、こんな英語しか思い浮かびませんでしたが、Mobifoneのお姉さんはわかったといって、何事か書類を用意してくれました。

そして、Do you want to use same number?と聞いてきました。同じ番号を使えるんですね。

そのほうが便利なので、Yesというと、そのためにはパスポートがいる。と言われました。

そのときは持っていなかったので家に取りに戻るはめに。

また、戻ってくると、無効化する書類と新しい番号の書類にサインをし、SIMカードを入手します。

愛用していたのはASUSのZenfone6でしたが、今度は違うのにしてみるかと思ってサムスンの電話などを見てみましたが、高い気がしたので、やめて、結局、同じ機種でひとまわり小さい機種にしました。

ASUSのZenfone5です。

前に使っていたZenphone6より、CPUやメモリがやや落ちますが、機能はほとんど同じで、値段はケースなども込みで400万ドン、200ドルくらい。

それに対してZenfone6は、もろもろ含めると600万ドンくらいします。

買ったら近くのカフェでもろもろの設定をしなおします。電話を買った直後は、家で設定しないで電話屋の近くで動作確認はしたほうがいいでしょう。


【国内正規品】ASUSTek ZenFone5 ( SIMフリー / Android4.4.2 / 5型ワイド / microSIM / 16GB / LTE / ゴールド ) A500KL-GD16

新品価格
¥28,943から
(2014/12/7 01:12時点)

AD

今回もSIMは2枚入れたのですが、SIM2で3Gが使えなかったので、買った電話屋さんに戻り、設定しなおしてもらいました。

Zenfone6は便利でしたが、サイズが大きいので、ポケットに入れるとやや歩きにくさを感じていたのと、カメラで写真をとるときもちょっと持ちにくい感じがしていました。大きさに存在感があるのでなくしにくいというメリットはあったのですが。。

また、今回ひったくられたのは、Zenfone6のサイズが大きいこともひとつの原因です。大きいので、片手でもつと、手からはみ出し、しっかり持つことができないということと、ひったくりのときに、犯人がつかみやすいということがあるのです。

この反省から、今回は一回り小さなZenfone5にしました。これなら、ポケットに入れてもそれほど気にならない大きさですし、片手でもっても楽です。画面が小さくなるので、やや見づらくはなってしまいますが。。

今回は警察にはいきませんでした。本来ならば警察に行くべきなんでしょうが、いってもどうせ戻ってこないでしょうから時間の無駄だと考えました。

教訓としては、路上、特にブイビエンとかファングーラオとか外国人の多いところでは、それを狙っているバイクのひったくりがいるので、絶対に路上ではスマホは使わない。使うときは道路に向かって正対しない。ということですね。

東南アジアではもっとも盗まれやすいアイテムはなんといってもスマートフォンです。簡単にお金になるから。カンボジアでもやられたことがあります。

それと、盗まれることを考えると、高い携帯電話は怖くて買えないということと、スマホで銀行とかクレジットカードを利用することはしないということも大事なことでしょうか。

ホーチミンで暮らしてほぼ1年。少し気のゆるみがあったのでしょう。反省します。

電話だけでなく、財布が狙われることもあります。

ですので、海外に行くときはお金をどのように安全に持っていくかも悩むところです。

現金での持ち込みは薦めません。盗まれたら返ってこないからです。

シティバンクでは、海外のATMでもお金を引き出せますが、盗られたり盗まれたりすると後々面倒です。クレジットカードも同様です。

アジアには、クレジットカードや銀行カードを盗み出すギャングがいまして、スキミングという技術で、ATMカードの磁気テープから重要情報を盗み出します。

そこで、短期の旅行であれば、プリペイドカード方式で先に入金しておける、JTBが出している世界中で使えるキャッシュカード「MoneyT Global」がおすすめの方法です。ATMでお金をおろすことができるのは銀行カードと同じで、もちろん暗証番号も設定できます。

両替・引き出し時の手数料も安いです。

最悪、なくしたら日本でJTBに説明すれば、現地で盗んだ人に引き出されない限り、残金が返ってきます。銀行のATMカードなどですと、再発行の手続きがわずらわしいでしょう。

AD

関連記事

8008307590_3ab3dc843e_z

iPhone5のバッテリーに不具合が見つかった。ベトナムでも対応してもらえます。

ベトナムでiPhone5を購入された方がいるかもしれませんので、記事にしておきます。

記事を読む

thai

イスラム国(ISIS)のテロリストがタイに潜入!ロシアからの情報

ロシアの情報当局によると、タイにイスラム国(ISIS)のテロリストと見られるシリア人が10人、入

記事を読む

16066627878_fe6eb51cc6_z

フィリピンでのイスラム国(ISIS)の危険性

湯川さん、後藤さんといった二人の日本人を誘拐したイスラム国(ISIS)、海外に住んでいる日本人にとっ

記事を読む

13346623705_d3a237081f_z

トルコ、イスタンブールで自爆テロ。犯人はシリア難民、イスラム国(ISIS)の可能性

トルコのイスタンブールで自爆テロとみられる爆発事件があり、少なくとも10名が死亡し、15名がけが

記事を読む

14568031520_cc0471ecbb_z

タイ、パタヤのATMはスキミングが危険。安全にお金を持っていく方法

タイに行く人は、バンコクに行くついでにパタヤにも行くという人は多いのではないでしょうか。 タイ

記事を読む

6227186855_7f529f6fbb_z

東南アジアの各国でスキミングしているマレーシア人ギャング

東南アジアの各国の銀行のATMで、キャッシュカードやクレジットカードをつかってお金をおろすときは、最

記事を読む

11902053664_dae75b031a_z

タイ女性に騙されて、37歳日本人男性がバンコク、エカマイで自殺

11月2日の朝、日本人男性が、バンコクのエカマイの有名な日本食レストランSasaouレストランの近く

記事を読む

21227982662_cb75ee93ef_z

バリ島は大丈夫?ウイグル系イスラム過激派が中国からやってくるインドネシア

昨年の今頃は、イスラム国の人質となった湯川さん、後藤さんの事件が日本で大変なニュースになりましたが、

記事を読む

DSCN0529

シンガポールでSIMフリースマホ用にSIMカードを買ってみた

シンガポールに3年ぶりに旅行に来ました。3年もたつと、かつてなかったものができていていたりして、その

記事を読む

11498423425_8b3f5f2fa6_z

カンボジアで兵士を募集するイスラム国(ISIS)

イスラム国(ISIS)は世界各国から若者を兵士として募集しています。欧米諸国や、韓国、中国といった国

記事を読む

PAGE TOP ↑