シンガポール、今年5人目のデング熱の死亡者

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 アジアの病気・事故, シンガポールの事情

AD

エボラ出血熱がアフリカで流行し、世界的に大騒ぎとなっておりますが、今年はデング熱の流行年でもあります。

私の住むベトナムでも今年はデング熱にかかった人が例年よりも非常に多いそうですし、日本では東京の代々木公園でデング熱にかかったという人がいて、やはり大騒ぎになりました。

シンガポールでも例外ではなく、昨日、デング熱にかかった方がお亡くなりになったそうです。デング熱でなくなった方は今年5人目とのこと。
69 year-old man dies from dengue, the fifth person this year -

この男性は中華系で69歳でした。 Chuan Terraceというところに住んでいたそうです。

彼は月曜日から入院していたそうですが、だんだんと衰弱し、木曜日になくなったそうです。

AD

シンガポールの保健省によれば、彼が住んでいた地域はデング熱の原因となる蚊が大量に生息しているところとのことです。

環境省は、有害な蚊を殺し、蚊が発生しそうな場所を一層するために、殺虫剤の散布を強化するとのことです。

また、ここ5週間でデング熱の発症例は減っているが、それでもまだ警戒すべきレベルだとしています。そして、住宅オーナーにデング熱への対応に協力してほしいと呼びかけております。

日本の感覚ですと、まもなく12月になるのに、まだ蚊で悩まされることになるとは。。というところですが、このあたりは熱帯にある国だからですね。

これから、日本からシンガポールやその他暖かい国に旅行するという方は注意してください。

アジアでの男女交際や友達作り、生活便利情報、旅行テクニック、ニュースなどアジアでのお役立ち情報が満載です。
このブログの目次へ

AD

関連記事

Jpeg

シンガポール、チャンギ空港でインターネット。無料Wifiを使う方法

シンガポールのチャンギ空港は東南アジアのハブ空港となっている、巨大な空港です。  

記事を読む

6056523166_366f9c367e_z

シンガポール人ボーイフレンドの10タイプ

シンガポールというと、東南アジアのひとつの国なんだから、どうせ発展途上国なんだろう。 そう思っ

記事を読む

7837504530_78d67b4cf2_z

婦女暴行の多いインドのエイズ事情

インドでは、女性暴行事件が多発しています。 下の記事では、日本人の女子大生がインドで3週間も監

記事を読む

11402486763_a9728576b5_z

日本米がシンガポールで人気急上昇

東南アジアでは日本食が人気で、日本料理のお店を探すのに苦労しませんが、おいしくないところは美味しくな

記事を読む

9284415300_172636e1d2_z

死亡事故の原因となるホーチミンの道路事情、マンホールに注意

ホーチミンでは、古く、傷んだマンホールがそのままにされているところもあり、バイクの運転手や歩行者にと

記事を読む

2508190419_39e987d5e7_z

ベトナム南部でデング熱患者数が急増、ホーチミン市では7月の2倍に

日本で大騒ぎのデング熱ですが、ベトナムのホーチミンでもひとごとでもないようです。ホーチミン市

記事を読む

15653404835_c4b2ed5c34_z

エボラの疑いある患者がベトナム中部で入院中

5日前にアフリカのギニアから入院したベトナム人男性が、高熱を出し、エボラ出血熱に罹患した疑いがあると

記事を読む

14910118917_363b30500d_z

タイにもエボラ出血熱患者が現れた可能性

タイにもエボラ出血熱の患者が2人現れた可能性をタイのメディアが報じています。 Australian

記事を読む

Jpeg

ベトナムからシンガポールへ、タイガーエアで移動

ベトナムの長期休暇期間であるテト、中国の旧正月期間を利用して、ベトナムのホーチミンから、シンガポール

記事を読む

3466964543_5e44e81029_z

シンガポールの学校教育が優れている理由

東南アジアのビジネスの中心地はシンガポールだと思います。東南アジア地域の本社を設置している企業も多く

記事を読む

PAGE TOP ↑