シエラレオネ人逃走事件に見るタイのエボラ管理のずさんさ

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 アジアの病気・事故, タイの事情

AD

結局、エボラ出血熱ではないと発表されていますが、タイのバンコク、スワンナプーナム国際空港に到着時にエボラ出血熱の症状があると疑われた西アフリカのシエラレオネ人が、滞在先のホテルから逃走し、おそらく、バンコク都内に潜伏中です。
Man with suspected Ebola on the run

現在、警察と保険局が彼を探しています。

この男性は31歳のシエラレオネ人で、11月7日にシエラレオネからバンコクに到着しました。7人の友人たちと一緒でした。

保険局は、空港到着時に彼の健康状態をチェックし、エボラと疑われる症状があるとし、その後、保険局の担当局で詳細なチェックをした後に、シーロムのバンラックというところにある、Mode Sathorn Hotelに彼を連れていきました。これが11月15日のことです。

AD

彼と同行していた人たちは毎日、健康状態を報告していたのですが、この逃走した男は11月16日を最後に、ホテルに姿を見せず、携帯電話も切られている状況です。

警察はバンコクで旅行者の行きそうなところを探していますが、今も見つかっておりません。

結局、エボラではなかったので、その点は安心ですが、このニュースで浮き彫りになったのは、タイのエボラ管理のずさんさです。

タイでは、ウイルスの潜伏期間中は、エボラ出血熱か否かがわかるまで、病院などに隔離するという対応がとられていないのです。ベトナムではそうしています。

もしも、彼がエボラ出血熱に罹患していたら、ウイルスを町中にまき散らしながら逃走していたということになります。

アジアでの男女交際や友達作り、生活便利情報、旅行テクニック、ニュースなどアジアでのお役立ち情報が満載です。
このブログの目次へ

AD

関連記事

7059669507_7c03697387_z

タイ、チェンマイで大気汚染(ヘイズ)がひどい季節とは

タイは一定の条件を満たせば、50歳からリタイアメントビザがとれます。私は老後は日本には戻らず海外で生

記事を読む

malaysia

マレーシアは入国時のエボラ出血熱の管理が甘い

私の住むベトナムはエボラ出血熱への管理体制を厳しくしておりますが、マレーシアでは入国時のエボラ出血熱

記事を読む

11902053664_dae75b031a_z

タイ女性に騙されて、37歳日本人男性がバンコク、エカマイで自殺

11月2日の朝、日本人男性が、バンコクのエカマイの有名な日本食レストランSasaouレストランの近く

記事を読む

1237405727_6150546dd0_z

PM2.5の大気汚染で苦しむ韓国

日本では、中国から飛んでくるPM2.5、別名黄砂と呼ばれる粒子による大気汚染被害が報告されており、健

記事を読む

12492527603_3970a6d711_z

LCCは安いから危険なのか?エアアジア機QZ8501墜落原因調査報告をくわしく読んで

2014年12月に、インドネシアのスラバヤからシンガポールに向かっていたエアアジアQZ8501機の墜

記事を読む

15366388108_6c17664acb_z

ニーナファムさん、エボラ出血熱から回復!退院へ(インタビュー動画)

アメリカのテキサス州のダラスの病院で、エボラ出血熱に罹患したエリック・ダンカン氏を看護し、その過程で

記事を読む

8512345142_b90f2144ff_z

インドネシアとバリ島のマーズ(MERS)の状況

日本のお隣の韓国では、マーズ(MERS)が猛威を振るっており、学校が休みになったり、多くの死者が出た

記事を読む

2089753891_49b6e051a0_z

TPPのタイ経済への影響は?

TPPは、長期的に世界経済に大きな影響を及ぼしていくでしょう。世界のGDPの40%を占める経済圏だか

記事を読む

12643075864_68415d1516_z

タイでの2016年のヘイズ(HAZE)のレベルは1998年以来最悪の水準になると専門家が警告

インドネシアの焼畑農業が原因となっているヘイズ(HAZE)はインドネシアはもちろん、隣国のシンガポー

記事を読む

jihadist

インドネシアで新年のテロ計画が発覚。年末年始の海外旅行、東南アジア旅行はイスラム過激派のテロに警戒が必要

2015年もあと10ほどで終わります。年末年始期間はまとまった休みのとれる期間ですから、海外で過ごす

記事を読む

PAGE TOP ↑