ホーチミン観光案内 クチトンネル

公開日: : 最終更新日:2015/01/19 アジアの旅行、観光、交通

AD

私は臆病者なので、本来は戦場跡とか興味がないのですが、ベトナムを考えるうえでベトナム戦争のことは知っておく必要があります。
ベトナム人と会話をするときはまず、話題にはしませんが。。

ベトナム人の心象風景を考えるうえで、ホーチミンに住んでいれば、戦争博物館とクチトンネルのどちらかには行っておくべきでしょう。彼らも子供のときから、おそらく一度は行き、戦争の悲惨さを聞かされて育っているはずです。

日本から知人が来たので、クチトンネルに行くバスツアーに参加しました。私が参加したのはベトナムの新興宗教の総本山とこのクチトンネルを回るツアーで、朝から夕方までのツアー。お値段はひとり40万ドン(約2000円)でした。代理店で申し込んだのですが、申し込む場所によってはこれより高かったり、安かったりします。

クチトンネルは戦場の跡で、ベトナム人がアメリカ軍相手にゲリラ戦を展開したところです。そういうこともあってかどうかはわかりませんが、一緒にツアーに参加した人ではアメリカ人はいませんでした。

全体の地図です。
Jpeg

まず、記録映画を見て、それから説明を聞きます。
Jpeg

ブービートラップ。アメリカ軍はこれに苦しめられたとか
Jpeg

Jpeg

当時の様子を示す模型や戦車などが展示されています。
Jpeg

AD

Jpeg

Jpeg

Jpeg

銃も撃つことができる場所があります。ですので、時々銃声が聞こえます。うるさいです。
Jpeg

Jpeg

そしてこれが、このクチトンネルの目玉、実際にトンネルの中を進むことができます。四つん這いで進むことになりますが、中は非常に狭く、膝頭がいたくなります。一応チャレンジしましたが、もう一回やりたいとは思いません。体験したい方は汚れてもいいズボンで行きましょう。ジーンズは四つん這いで進むにはつっぱってつらいかもしれません。
Jpeg

私は1回行けばいいですが、ホーチミンに来たら行ってみるべき場所かもしれませんね。

アジアでの男女交際や友達作り、生活便利情報、旅行テクニック、ニュースなどアジアでのお役立ち情報が満載です。
このブログの目次へ

AD

関連記事

Jpeg

バリ島、インドネシア旅行で困ったこと、不便だったこと

インドネシアは東南アジアの中で、行ったことがない国のひとつだったので、ずっと行きたいと思っていたので

記事を読む

14942254545_2c7c5c8dc3_z

エコノミークラスが快適なエアラインのランキング

旅行に行くときはエコノミークラスしか使いませんが、最近はさらにLCCをもっぱら使うので、座席の快適さ

記事を読む

540710745_c4981843b0_z

ミャンマー旅行の魅力が半減。バガン遺跡のパゴダに登ることを禁止へ(一部除く)

東南アジア諸国にはいろいろと旅行に行ったのですが、まだ行っていない国で行くのが楽しみな国があります。

記事を読む

12890115583_1802653130_z

ホーチミンのバイク所有者に来年から道路税が徴収されるかも

  ホーチミン市の運輸局はホーチミン市政府に、バイクの利用者から道路税を徴収すること

記事を読む

2335306375_0c442736cc_z

マレーシアへの旅行者、帰りのチケットの所持を義務化へ

マレーシア政府は、マレーシアを訪問するすべての外国人に、帰りの航空券と滞在に必要なお金の所持を義務付

記事を読む

14166537494_179aa3948a_z

LCCのジェットスターがホーチミンーバンコク線を12月から開設。

明日から、タイに行こうかと思っていたのですが、高い飛行機に乗りたいとは思わないので、LCC頼

記事を読む

8556840178_ef67a1cc7f_z

ベトナムのLCC VietjetAir バンコクーホーチミン間を増便へ

まとまった休暇がとれそうなので、久しぶりにタイに旅行に行こうかと考えています。 そこで

記事を読む

3477526678_7484c23b52_z

ASEAN諸国の航空便、ジャカルタ行の制限撤廃でベトナムからインドネシアが身近になる

今年のテトに行こうと思ったのですが、結局いけなかった国がインドネシアです。ボロブドゥール遺跡を見に行

記事を読む

5238549192_d0e355f576_z

パリを安く観光する!パリ観光パスポート

世界の各都市を旅行するときに、観光費用を大幅に節約できる観光パスをシンガポール、ニューヨーク観光パス

記事を読む

localbus

ベトナム語がわからないのにホーチミンのローカルバスに乗ってみた

ホーチミン市で上のようなバスはよく見かけますが、よく利用するという人は少ないのではないでしょ

記事を読む

PAGE TOP ↑