ホーチミン観光案内 クチトンネル

公開日: : 最終更新日:2015/01/19 アジアの旅行、観光、交通

AD

私は臆病者なので、本来は戦場跡とか興味がないのですが、ベトナムを考えるうえでベトナム戦争のことは知っておく必要があります。
ベトナム人と会話をするときはまず、話題にはしませんが。。

ベトナム人の心象風景を考えるうえで、ホーチミンに住んでいれば、戦争博物館とクチトンネルのどちらかには行っておくべきでしょう。彼らも子供のときから、おそらく一度は行き、戦争の悲惨さを聞かされて育っているはずです。

日本から知人が来たので、クチトンネルに行くバスツアーに参加しました。私が参加したのはベトナムの新興宗教の総本山とこのクチトンネルを回るツアーで、朝から夕方までのツアー。お値段はひとり40万ドン(約2000円)でした。代理店で申し込んだのですが、申し込む場所によってはこれより高かったり、安かったりします。

クチトンネルは戦場の跡で、ベトナム人がアメリカ軍相手にゲリラ戦を展開したところです。そういうこともあってかどうかはわかりませんが、一緒にツアーに参加した人ではアメリカ人はいませんでした。

全体の地図です。
Jpeg

まず、記録映画を見て、それから説明を聞きます。
Jpeg

ブービートラップ。アメリカ軍はこれに苦しめられたとか
Jpeg

Jpeg

当時の様子を示す模型や戦車などが展示されています。
Jpeg

AD

Jpeg

Jpeg

Jpeg

銃も撃つことができる場所があります。ですので、時々銃声が聞こえます。うるさいです。
Jpeg

Jpeg

そしてこれが、このクチトンネルの目玉、実際にトンネルの中を進むことができます。四つん這いで進むことになりますが、中は非常に狭く、膝頭がいたくなります。一応チャレンジしましたが、もう一回やりたいとは思いません。体験したい方は汚れてもいいズボンで行きましょう。ジーンズは四つん這いで進むにはつっぱってつらいかもしれません。
Jpeg

私は1回行けばいいですが、ホーチミンに来たら行ってみるべき場所かもしれませんね。

アジアでの男女交際や友達作り、生活便利情報、旅行テクニック、ニュースなどアジアでのお役立ち情報が満載です。
このブログの目次へ

AD

関連記事

Jpeg

ホーチミン観光案内 カオダイ教総本山

日本から知人が来たので、カオダイ教総本山とクチトンネルがセットになったツアーに参加しました。

記事を読む

8984620526_f4f59a089e_z

べトジェットエアー、11/3からハノイーシェムリアップ便を開通、記念チケットを20ドルで販売

東南アジアを代表する世界遺産のアンコールワット。非常に人気のある観光スポットですが、ハノイからアンコ

記事を読む

5369310309_591bc83070_z

Uberが成功しないタイのタクシー事情

いつでもどこでもクルマを呼べて、決済はクレジットカードで事前にできるので、ぼったくられるようなトラブ

記事を読む

Jpeg

ホーチミンのイスラム教の聖地モスクに行き、トルコレストランでケバブを食べた

日本人の湯川さんと後藤健二さんがイスラム国の人質となって以来、にわかに注目を集めているイスラム教。

記事を読む

6072622964_02972bd6a8_z

インドネシアの火山ラウン山の噴火で、バリ島旅行者も大混乱

インドネシアのジャワ島の火山活動が噴火しており、そのため、空港が閉鎖され、多くの飛行機がキャンセルと

記事を読む

15430544801_5dd9e05937_z

日本、ベトナム人団体旅行客へのビザ要件緩和を開始

日本政府は、ベトナム人の団体旅行客に対するビザの要件緩和を開始しました。 Japan eases

記事を読む

Jpeg

香港のホテルは高いが。リーズナブルで立地がよい、清潔なモンコックのホテル

香港に旅行するときの悩みはホテルをどうするかということです。   九龍側には安

記事を読む

8556840178_ef67a1cc7f_z

ベトナムのLCC VietjetAir バンコクーホーチミン間を増便へ

まとまった休暇がとれそうなので、久しぶりにタイに旅行に行こうかと考えています。 そこで

記事を読む

403_1000550

イスラム教徒の旅行者が最も多い国は?非イスラム教の国ではシンガポールが旅行しやすい国としてムスリム旅行者に人気

シンガポールは最近行ってきましたが、物価やホテル代が高いとはいえ、交通網も整い、いろいろなアトラクシ

記事を読む

malaytrain

シンガポールークアラルンプール間の高速鉄道の完成は遅れる可能性が高いと発表

マレーシアのクアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道は、2020年に完成する予定でしたが、マレー

記事を読む

PAGE TOP ↑