iPhone6詐欺商法のシンガポールは国際的な信頼を回復できるか?

AD

コピー商品の販売がまかりとおる東南アジアの中で、シンガポールは安全な買い物ができる国として、周辺諸国はもちろん、世界中から観光客や買い物客を集めています。

シンガポール政府も国民もそのことを承知しており、国策として、多くの観光地を作ったり、イベントを誘致したりして多くの観光客を集めています。そのため人気の観光地となり、ホテルの宿泊費用も高いのです。

私の住むベトナムでも、シンガポールは人気のある観光先であり、シンガポールで買い物をしたいというベトナム人は多くいます。

1ヶ月の平均給与が1000ドルもいかないベトナム人にとっては、シンガポールに行き買い物をするのは、だいたい1年くらい前から計画し、一生懸命お金をためてやっと実現できることなのです。

そのような典型的なベトナム人のカップル旅行客がシンガポールで、同国最大級の電気製品ショッピングモールというSim Lim Spuareで、iPhone6の詐欺商法にひっかかるという事件が起きました。

彼は、SimLimSquareにあるMobile Airという携帯電話のお店で、iPhone6を買ったら、書類にサインを求められ、サインをしたら、1年間の保証料名目で1500シンガポールドルを請求され、断ったらキャンセル料の名目で300シンガポールドルを取られてしまったのです。この金額は彼の2ヶ月分の給料にあたる金額です。
シンガポールでiPhone6を買う時は悪質な業者にご注意を

ひざまずいて泣き、返金を求めるベトナム人旅行客、かわいそうです。

これを見ていたシンガポール人が、この映像をとり、寄付を募るとまたたくまに寄付金があつまり、このベトナム人旅行客は無事にiPhone6を購入することができたそうです。もちろん善意で寄付をしたという人もいたでしょうが、シンガポールの悪評が広まることを恐れてという人もいたようです。

ところで、このニュース、ベトナムやシンガポールはもちろん、タイでも、マレーシアでも地元紙で報道されていますし、大手メディアのAFPやBBCでも報道されています。中国でも報道され、ベトナムや中国ではシンガポールで電気製品を買う時は注意するようにという警告まで出されているようです。日本ではどうだか知りません。
Chinese and Vietnamese tourists warned to be careful when buying electronics in Singapore

AD

これを受けて、シンガポールの担当相は、消費者保護を強めることについて検討をはじめる旨Facebook上で表明しています。
Manpower Minister says laws may be reviewed to better protect consumers

自国の国益になることについては、非常に行動がはやく、時には強権的な手段すらとるシンガポール政府ですから、おそらくすぐに対応がなされるのでしょう。

話しは若干かわりますが、シンガポールは不動産会社よりもREIT(不動産投資信託)の存在感が大きいです。シンガポールの名だたるショッピングモールは、だいたい、REITの投資物件として組み入れられています。REITの有名な会社ですと、CapitaMallTrustなどが有名です。セントーサ島にいくときに乗る電車の出発地にあるVivoCity。あれもREITが投資している物件です。

REITとは株式市場でお金を集めて、そのお金をショッピングモールやオフィスビルに投資し、投資家には家賃をもとにした分配金が配分される金融商品です。税制上の優遇があり、高い利回りが期待できる商品として人気のある商品です。

このSimLimSquareはREITが投資している物件だったのでしょうか。TripAdvisorでは恐ろしく評価が下がっており、他のテナントも商売あがったりとなり、出て行くテナントもいるでしょう。このショッピングモールを運営している不動産会社は家賃収入激減ということが予測されます。

SimLimSquareのWEBサイトを見ていると、2012年からまったく情報が更新されていません。日本でしたら今回のような事件があったら、なんらかのアナウンスがあると思うのですが。。

一時期シンガポールのREITに投資しようかと検討していたこともあるのですが、このような事件を見ていると、運営会社のテナント選定のスキルなども見なくてはなりません。

比較的簡単な投資対象と思っていたREITですが、このようなリスクもあるということを承知しておかなければならないということを気づかせてくれた事件でした。

アジアでの男女交際や友達作り、生活便利情報、旅行テクニック、ニュースなどアジアでのお役立ち情報が満載です。
このブログの目次へ

AD

関連記事

14791418627_3b4284975f_z

イスラム国(ISIS,ISIL)のテロリストが偽造パスポートを使って入国しているマレーシア

マレーシアはイスラム教国家の中では、先進国として知られ、イスラム教の国から多くの人がやってきます。

記事を読む

12217278683_67fcf195e9_z

日本から撤退するシティバンクで今後も海外のATMでお金をおろせるか?

海外で生活していると、どうしても日本の銀行預金からお金を引き出す場面というのがでてきます。 で

記事を読む

10466848505_35b5fd2725_z

インドネシアのATMでキャッシュカードやクレジットカードを使うのは危険か?

東南アジアでは、ATMからスキミングをするギャングがはびこっており、彼らは巧妙な手口で、キャッシュカ

記事を読む

13486998613_6bb0327f0d_z

シンガポール人が好きなスマートフォンを使ってする6つのこと

グーグルが最近行った調査によれば、シンガポールはスマートフォンの普及率が世界で最も高い国です。その普

記事を読む

malaytrain

シンガポールークアラルンプール間の高速鉄道の完成は遅れる可能性が高いと発表

マレーシアのクアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道は、2020年に完成する予定でしたが、マレー

記事を読む

2813279707_94c38a3ef2_z

シンガポールで、あまり知られていない罰金の対象となること

シンガポールでは、公道でタバコを吸っているのが見つかると罰金を取られることで有名ですが、その他にも案

記事を読む

Jpeg

マレーシアはイスラム国(ISIS)の標的となったか?

現在、久しぶりの旅行でマレーシアのジョホールバルにいます。モスクも見ましたし、インド系の人が多いこと

記事を読む

7639991772_db56d40637_z

タイ、バンコク、サイアムコマーシャル銀行(SCB)本社ビルで大火事

サイアムコマーシャルバンク、通称SCBは、王室系の銀行で、タイでは最も歴史のある名門銀行です。

記事を読む

4525066581_263034998f_z

インドネシア、ジャカルタの28歳日本人女性殺人事件、犯行の手口と防ぎ方

2015年9月7日に、インドネシアのジャカルタで28歳の日本人女性が、住んでいたアパートメントで殺害

記事を読む

2276678845_6dfe83bf26_z

インドネシア発エアアジア機QZ 8501消息不明、現地ニュースまとめ

2月の長期休暇のとき、インドネシアでもいこうかなと考えていて、飛行機でも探そうかと思っていたところに

記事を読む

PAGE TOP ↑