ベトナムで医療保険に加入してみた

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 お金に関すること, アジア移住、生活の知恵, ベトナムの事情

AD

ベトナムで生活するうえで、病気になることはさることながら、怖いのはなんといっても交通事故です。バイクはゆっくり走っているのでぶつかっても死なないとは思うのですが、それでも月に1度程度はひやっとする体験をします。

こんな感じです。時間帯にもよりますが

これは、保険の担当者に聞いたのですが、ベトナムで事故や病気で入院すると、1日あたり最低でも3百万ドン(1万5千円)かかるそうです。これはベトナム人向けの病院なので、英語や日本語が通じる病院となると7百万ドン(3万5千円)から1千万ドン(5万円)かかるのではないかという説明でした。

 

そういうわけで、保険への加入はずっと考えていたのですが、伸び伸びとなっていたのですが、加入することができました。
何しろ、日本の国民健康保険にも入っていません。入っているのはアフラックの医療保険と国民共済のみです。

 

簡単なのは、ベトナムに来る前に日本で海外旅行保険に入ってくることなのでしょうが、保険料の値段が高すぎます。見積もりをとったことはありませんが、3か月で2万円の後半から3万円台の保険料ということは年間保険料は10万円から15万円くらいするのではないでしょうか。

 

私は、事故や病気にあったときの医療費が賄えればいいので、そのための医療保険を探していました。

保険は外国人にもわかりやすいところとして、HSBCとCITIBANKで販売されています。比較検討した結果、HSBCにしたことは下の記事で書きました。

ベトナムの海外旅行保険の保険料を節約するため、医療保険に加入する 

 

ネットで検討した結果、HSBCのMedical Care Insuranceにしたのですが、5種類あり、保障の低いのと保障が高いものとがあります。入院費の相場を聞いて決めようと思っていたのですが、3番目のExecutive Planに決定。なお、プランの種類と保険料はこの表をご覧ください。

 

保険は基本契約とオプションで構成されています。私のプランは、

・保険期間は1年

・保険金額は最大で6億5千万ドン(325万円程度)

・1日あたりの医療費、入院費について最大で9百万ドン(4万5千円)、最大1億8千万ドン(90万円)

・入院前後の治療費、年間で1千万ドン(5万円くらい)

・手術費用 1億8千万ドン(90万円)

・臓器移植などの外科手術費用2億7千万ドン(135万円)

・所得補償、1日あたり15万ドン(750円)

・退院後の看護費用 400万ドン(2万円)

・救急車の費用 1億8千万ドン(90万円)

・死亡保険 600万ドン(3万円)

 

です。オプションの保険は、いろいろ考えましたが、歯科治療の保険だけをつけることにしました。最初考えていたEmergency medical evacuation は、山で遭難したときなどのための保険なので、まず考えられないのでつけないことにしました。

 

これで、年間保険料は、665万5千ドン(約3万3千円)、内訳は基本保険料は300万5千ドン(1万5千円)で歯科治療特約が365万ドンです。

AD

 

保険の申し込みについて、必要なものはパスポートだけでした。レジデンシャルカードやワークパーミットなどいりません、極端なことをいえば、旅行者でも入れます。あとはお金です。健康診断もありませんし、診断書の提出も必要なし。
申込書への記入などは、担当者がやってくれますので、サインするだけです。下のようなカウンターで商品の説明をしてくれて、担当者がその場で記入してくれます。
DSCN0289

申込書のコピーです。裏面のほうで、健康状態などについて自己申告する欄があります。最近入院したことがあるかとか、家族で入院している人はいるか、といった内容の質問です。私は該当することがなかったのですが、英語の医療の専門用語がつかわれていますので、電子辞書があれば、持って行ったほうがいいかもしれません。


DSCN0302


DSCN0304

 

事故や病気で入院したとき、保険金を受け取る事務については、病院からレシートを受け取り、HSBCに保険契約証(Insurance card)を持っていくだけです。現金でも銀行振り込みでも対応してもらえます。HSBCはベトナムの保険会社バオベト保険の代理店として販売を代行しており実際はバオべト保険にもいかなければならないようですが、バオベト保険はHSBCの隣にありますので、保険金の受取事務も簡単です。

DSCN0291

サインも終わり、支払いが終わると、次のようなレシートがもらえ、後日指定した住所に保険証が送付されてきます。
DSCN0306

注意すべきは、ベトナムではどの保険もそうらしいのですが、保険料を払い終えても、保険開始時期は1か月後です。契約直後ではまだ保険が開始していませんので、もう1か月、無保険状態で過ごさなくてはなりません。

 

日本語が通じる病院自体がそれほど多くないので、入院するときは英語でのコミュニケーションは覚悟しています。英語のレシートをもらうことくらいできますし、保険金の受取もむずかしくなさそうなので、保険料が安い、ベトナムの医療保険に加入してみました。

ところで、老後に海外で生活するとなると、健康や医療事情、そしてその医療費をカバーするための医療保険についていろいろと検討しなくてはなりません。

私のように、40代ですと医療保険については海外で加入するという選択肢でも悩まなくていいですが、老後を海外に移住して海外生活を送ろうという方は、下の記事も参考になろうかと思います。
老後の海外移住生活を考えるときは保険見直しのタイミング

AD

関連記事

5918179167_3ea4a91c75_z

タイでしていいこと、してはならないこと

どの国にもタブーというものはあるものです。一見、何をやってもよさそうなタイですが、タイにもタブーはあ

記事を読む

6863953552_2a68647290_z

ベトナムで融資残高が増えない理由

景気がいいとはいえないベトナムですが、その理由のひとつに市中にお金が十分にいきわたっていない

記事を読む

Jpeg

ベトナム・ニャチャン、ビーチに近い3000円台の朝食付き3つ星ホテルレビュー

2016年1月に旅行したベトナムのビーチリゾート、ニャチャンで、一泊目に泊まったホテルが、ラミー ホ

記事を読む

vietnam

中国から撤退した日系企業の25%がベトナムに進出

中国の経済は不振がつづいていますが、この原因のひとつは、人件費の高騰や反日感情に嫌気がさした日本企業

記事を読む

2096691615_00f7237dfc_z

新興国ベトナムのネットビジネスのリーガルリスク

ベトナムのソーシャルメディアサイトHavil.comは、写真や動画の共有サイトで、面白い写真やイラス

記事を読む

7518553456_8e669a7a40_z

ベトナム人の5つの優れた国民性

ベトナムで暮らし始めて1年がたち、英会話カフェや英会話学校、会社の同僚とのつきあいの中で、ベトナム人

記事を読む

ベトナム外貨交換

ベトナムー外貨交換に関する規制緩和を検討

ベトナムでは、ドルや円をベトナムドンに交換することは簡単ですが、ベトナムドンを円

記事を読む

Untitled

ベトナム人の若者の就職事情。大卒の学歴でも5人にひとりが失業中

ベトナム人の大学生は、英語、そして日本語のような語学の習得に本当に熱心です。 なぜなら、ベトナ

記事を読む

14568031520_cc0471ecbb_z

タイ、パタヤのATMはスキミングが危険。安全にお金を持っていく方法

タイに行く人は、バンコクに行くついでにパタヤにも行くという人は多いのではないでしょうか。 タイ

記事を読む

5856708903_294549a95a_z

ベトナムで法人税の税率を引き下げ

日本でも法人税率の引き下げが検討されていますが、ベトナムではすでに2014年に25%から22

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑