エボラ出血熱の疑いのあるアフリカ人2名がホーチミンの空港で見つかり隔離された

公開日: : 最終更新日:2015/01/14 アジアの病気・事故, 未分類

AD

13717624625_cd5f3df570_z

高熱を出しているナイジェリア人が、ナイジェリアを18日に出発したカタール航空でベトナムに8月19日に到着し、国境検査で見つかったそうです。
Vietnam isolates 2 Nigerian visitors from Ebola-hit area

 

飛行機の便名はカタール航空のQR961、席は25Bと26Dで、近くの席に座っていた乗客に、病院に検査を受けに来るよう呼びかけています。

2人はすぐに隔離され、 Ho Chi Minh City Tropical Diseases Hospital に隔離された状態で検査されている模様です。21日間、病院に隔離された状態で過ごしてもらい、検査やサンプルの採取がされます。

AD

21日の検査期間が設けられるのは、エボラ出血熱であれば21日以内に発症するため、21日経過しても何もなければエボラではないとされるからと医師は説明しています。

 

ベトナムの空港では、西アフリカ諸国からの入国者には健康状態について宣言させ、管理体制を強めています。

エボラ出血熱がWHOによって注意喚起されて以来、ベトナムの空港では厳重な警戒態勢がしかれ、いまのところ、エボラ出血熱の患者は見つかっていません。エボラの感染地であるナイジェリアをはじめとした西アフリカ諸国から33人が入国したそうですが、エボラに感染していなかったそうです。

 

アジアでの男女交際や友達作り、生活便利情報、旅行テクニック、ニュースなどアジアでのお役立ち情報が満載です。
このブログの目次へ

AD

関連記事

12492527603_3970a6d711_z

LCCは安いから危険なのか?エアアジア機QZ8501墜落原因調査報告をくわしく読んで

2014年12月に、インドネシアのスラバヤからシンガポールに向かっていたエアアジアQZ8501機の墜

記事を読む

18362786_b8aec95a4c_z

エボラ流行国に派遣されていたフィリピン軍の、フィリピン帰国時の受け入れ態勢

フィリピンは、平和維持活動軍として、軍隊をエボラ流行国である西アフリカに派遣しておりましたが、このた

記事を読む

15708371341_befcac7d9e_z

WHO、エボラ収束を目指しアフリカで120の治療法を試すがまだ効果はなし

WHOは、エボラ出血熱の収束を目指して、120の治療法をエボラ出血熱の患者に試すことを開始したと発表

記事を読む

malaysia

マレーシアは入国時のエボラ出血熱の管理が甘い

私の住むベトナムはエボラ出血熱への管理体制を厳しくしておりますが、マレーシアでは入国時のエボラ出血熱

記事を読む

16441548932_12cae55e99_z

台湾トランスアジア航空機事故、生存者のとった行動

最近、本当にアジアで飛行機事故が多くて、旅行好きで2月中旬からベトナムからインドネシアに旅行に行く予

記事を読む

6127240700_7b0212de32_z

エボラ出血熱の治療薬アビガン錠、2014年末に承認される見通し

世界中を震撼させているエボラ出血熱ですが、その薬が2014年末に承認される見通しと、富士フィルムが発

記事を読む

5500882321_08d12d0afa_z

東南アジアではデング熱も大流行

エボラ出血熱が注目されるなかで、WHOはデング熱の流行についても警鐘をならしています。 Dengu

記事を読む

15366388108_6c17664acb_z

ニーナファムさん、エボラ出血熱から回復!退院へ(インタビュー動画)

アメリカのテキサス州のダラスの病院で、エボラ出血熱に罹患したエリック・ダンカン氏を看護し、その過程で

記事を読む

3196845146_f392dfec8f_z

インドネシアで行方不明のエアアジア機QZ8501に何が起きたのか

インドネシアのスラバヤ発シンガポール行きエアアジアQZ8501機が行方不明になってから1日が経過しま

記事を読む

9400427024_265c6dddce_z

若者の間にエイズが蔓延し、危機的状況のタイ

タイとベトナムを比較して、タイはなぜ観光地として人気があるのかと考えるときがあります。 ベトナ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑