エボラ出血熱の疑いのあるアフリカ人2名がホーチミンの空港で見つかり隔離された

公開日: : 最終更新日:2015/01/14 アジアの病気・事故, 未分類

AD

13717624625_cd5f3df570_z

高熱を出しているナイジェリア人が、ナイジェリアを18日に出発したカタール航空でベトナムに8月19日に到着し、国境検査で見つかったそうです。
Vietnam isolates 2 Nigerian visitors from Ebola-hit area

 

飛行機の便名はカタール航空のQR961、席は25Bと26Dで、近くの席に座っていた乗客に、病院に検査を受けに来るよう呼びかけています。

2人はすぐに隔離され、 Ho Chi Minh City Tropical Diseases Hospital に隔離された状態で検査されている模様です。21日間、病院に隔離された状態で過ごしてもらい、検査やサンプルの採取がされます。

AD

21日の検査期間が設けられるのは、エボラ出血熱であれば21日以内に発症するため、21日経過しても何もなければエボラではないとされるからと医師は説明しています。

 

ベトナムの空港では、西アフリカ諸国からの入国者には健康状態について宣言させ、管理体制を強めています。

エボラ出血熱がWHOによって注意喚起されて以来、ベトナムの空港では厳重な警戒態勢がしかれ、いまのところ、エボラ出血熱の患者は見つかっていません。エボラの感染地であるナイジェリアをはじめとした西アフリカ諸国から33人が入国したそうですが、エボラに感染していなかったそうです。

 

アジアでの男女交際や友達作り、生活便利情報、旅行テクニック、ニュースなどアジアでのお役立ち情報が満載です。
このブログの目次へ

AD

関連記事

ebola-singapore

シンガポール、エボラ流行国市民の入国者に対し、入国前にビザ取得を義務付け

西アフリカで大流行しているエボラ出血熱は、アメリカやヨーロッパにも飛び火し、エボラに罹患した可能性の

記事を読む

5831470863_ccabfca989_z

2015年3月 マレーシアでデング熱とインフルエンザが流行中

2015年3月現在、マレーシアでインフルエンザとデング熱が流行しているそうです。 Dengue a

記事を読む

15528799956_0deebc925e_z

【エボラ・動画】かわいいベトナム系米国人看護士ニーナファムさん治療の様子

アメリカのテキサス州、ダラスでエボラ出血熱の患者、エリックダンカン氏の看護のときに、感染してしまった

記事を読む

6127240700_7b0212de32_z

エボラ出血熱の治療薬アビガン錠、2014年末に承認される見通し

世界中を震撼させているエボラ出血熱ですが、その薬が2014年末に承認される見通しと、富士フィルムが発

記事を読む

2588508233_dc9babf3fb_z

ソウルで襲われたアメリカ人韓国大使と襲った韓国人犯人はどんな人か

アメリカの韓国大使マークリッパート氏が韓国、ソウルで、暴漢に襲われるという事件が起きました。犯人はキ

記事を読む

2629206800_c59a57e683_z

東南アジアで最も糖尿病になりやすい国は?

東南アジア諸国で、もっとも糖尿病になりやすい国は、私が住んでいるベトナムだそうです。 Vietna

記事を読む

Jpeg

ベトナムの高い医療費、ホーチミンの風邪の診療費は7000円。海外で医療保険を請求

ベトナムのホーチミンで生活しだして1年とちょっと経過し、これまで特に大きな病気もせず来たのですが、あ

記事を読む

10189965115_3398d0b135_z

東南アジアのネズミが危険な理由、レプトスピラ症

ベトナムのホーチミンで生活していると、たまに道路をネズミが走っていたりします。日本ではお目にかからな

記事を読む

3483098291_8beaeffeda_z

香港でインフルエンザH3N2が大流行、患者が記録的な数に

香港では現在、インフルエンザが大流行しており、当局は対応するために医療スタッフを増員し、病院でのベッ

記事を読む

13411087135_e17292fbae_z

【エボラ】ベトナム系看護士ニーナファムさんが入院したアメリカのNIHとは。

アメリカのテキサス州の病院で、エボラ患者の看護をし、2次感染してしまったニーナファムさんは、アメリカ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑