ベトナムの流通に存在感を強めるタイの財閥

公開日: : 最終更新日:2015/01/14 タイの事情, ベトナムのニュース, ベトナムの事情

AD

11167065994_8888ceede2_z

日本からはイオンがホーチミンに進出し、欧米からはスターバックスやマクドナルド、韓国からはロッテが進出するなど、小売市場に外資系企業が続々と進出しておりますが、最近ベトナムの流通市場で存在感を出しているのがタイの企業です。

Thai billionaires seek to dominate Vietnam retail market

 

つい先日、ドイツのMetroグループから、ベトナムにおける卸売や不動産事業を、タイのBerli Jucker Group が8億7千9百万ドルで購入しましたことがニュースとなりましたが、同社は、日本のファミリーマートのパートナー企業から一部の店舗を譲り受け、改名してB’sマートという名前でベトナムでコンビニを展開しています。また、長い間ガラス瓶の製造をベトナムで行ってきた企業でもあります。

AD

 

タイで一番の資産であるCentral GroupはハノイでRobins shopping centre を今年開業しましたし、11月にはホーチミンでも店舗を展開するようです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

 

タイで2番目の資産家であるCP Groupは1990年からベトナムで事業を行っており、豚肉や卵、鶏肉で一定のシェアをもっています。

成長性が高く、人口も多いベトナムを狙っているのは、先進国だけではありません。力をつけてきた東南アジアの企業も虎視眈々と狙っています。

 

2015年の経済統合にむけて、ますますASEAN諸国の関係は深まりますが、土地勘もあり、地理的にも近い東南アジア諸国の企業は、日本企業の強力なライバルになるかもしれません。

アジアでの男女交際や友達作り、生活便利情報、旅行テクニック、ニュースなどアジアでのお役立ち情報が満載です。
このブログの目次へ

AD

関連記事

vincom

ベトナムの消費実態を知りたかったらビンコムセンターに行きましょう

日本の小売業がベトナムに進出するとしたら、実態調査のためにおそらくビンコムセンターには必ずい

記事を読む

Jpeg

ベトナム・ニャチャン、600円で行く4つの島を巡るクルージングツアー(昼食込)

2016年1月に、ベトナムのビーチリゾート、ニャチャンに旅行しました。 見どころが多いニャチャ

記事を読む

8716939657_a2ba01d366_z

ベトナムの部品メーカー、サムスンの基準を満たせず

韓国のサムスンは、そのスマートフォンの工場をベトナム北部の工業団地にもち、スマホを大量に生産

記事を読む

thai

タイ政府が日本に期待する技術協力

タイの副首相と日本のタイ大使が会談し、鉄道網の整備や技術協力について話し合われました。 Japan

記事を読む

15706640506_e88def50a9_z

12/31 バンコク 外国人との新たな出会いと花火を楽しむパーティー

2014年もまもなく終わろうとしていますが、今年はいかがでしたでしょうか。タイは政権が変わったことを

記事を読む

3477526678_7484c23b52_z

ASEAN諸国の航空便、ジャカルタ行の制限撤廃でベトナムからインドネシアが身近になる

今年のテトに行こうと思ったのですが、結局いけなかった国がインドネシアです。ボロブドゥール遺跡を見に行

記事を読む

5399205432_6d1fdc369c_z

海外、アジアで働いた場合に感じる為替リスク

アベノミクスで円安になり、多少、国内回帰の動きもあるようですが、依然として企業は海外進出をとめません

記事を読む

6688989961_3a74da45ed_z

ベトナムの牛肉は大半がオージービーフ

焼肉の話題をだしたついでといってはなんですが、ベトナムで食べられている牛肉はどこの国の牛肉か

記事を読む

intel

インテル 最新のCPU の生産量の8割をベトナムで生産

インテル ベトナムの責任者によると、最新CPUのHaswellの全世界生産量の80%を、

記事を読む

2359994572_4be660595e_z

ベトナムを有望な市場と考える日本の化粧品会社、ナリス化粧品

美人の多いベトナムですが、すっぴんのままという女の子も多い国でもあります。そんなベトナムを日本の化粧

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑